オキシトシンは美肌ホルモン?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

オキシトシンは美肌ホルモン?

最近の研究で、オキシトシンというホルモンと肌との関係が明らかになってきました。

オキシトシンって何?

オキシトシンは、お母さんが赤ちゃんを産み育てる時に多く分泌されるホルモンです。オキシトシンが子宮を収縮させて出産へと導きます。そして赤ちゃんが乳首を吸うことでオキシトシンが分泌され、母乳が出ます。

今までは、オキシトシンというと「母乳を出すためのホルモン」=「愛情ホルモン」との認識でした。

赤ちゃん側にとっては、脳が最も発達する生後1年間にオキシトシンの影響を受けます。オキシトシンはスキンシップを始めて10分ほどで赤ちゃん側にも分泌されます。多くのオキシトシンを出すようになった赤ちゃんは、将来、他人との人間関係が豊かになると言われています。スキンシップを多くすることで、お母さん側にも赤ちゃん側にも幸福感を与えてくれるホルモンです。

もちろん、お父さんにもオキシトシンは分泌されます。触れあうことで自分にも相手にもオキシトシンは分泌されます。

オキシトシンとストレスの関係

オキシトシンには抗ストレス作用があります。

オキシトシンを投与すると他人に対する信頼感を増加させることが分かりました。

自閉スペクトラムの患者さんやうつ病の患者さんに、オキシトシンを投与すると、前頭前野に働きかけ、症状が改善することも明らかになっています。

ストレスを感じた時に分泌される「コルチゾール」の作用を「オキシトシン」が抑えてくれるのです。オキシトシンが増えると、ストレスホルモンが働かないようになります。

オキシトシンを増やすには

嬉しい、楽しい、気持ちいい時にも、オキシトシンは分泌されます。お母さんや赤ちゃんだけに関係するホルモンではありません。

オキシトシンを増やすには、、、

家族、友人、ペットとのスキンシップ、おしゃべりをする、頭をなでられる、親切な行動をする、腹式呼吸をする、新しいことにチャレンジする、朝日を浴びる、恋愛ドラマや小説を読む、等があります。(足立区 梅田診療所より)

嬉しい、楽しい、気持ちいい、そんな体験がオキシトシンを分泌させ、ストレスに強い精神を育んでいくのです。

オキシトシンと肌の関係

ストレスホルモン「コルチゾール」は老化を促進させるホルモンでもあります。コルチゾールが増えると、肌も老化することが分かっています。

オキシトシンはコルチゾールの働きを抑制することで、表皮細胞と真皮細胞を活性化させます。そこから生み出されるIGFが幹細胞を活発にさせるのです。

スキンケアを行っているとき、マッサージを受けているとき、エステを受けているとき、そういった肌に関係するリラクゼーションによっても、オキシトシンの分泌は増加します。肌に対する「気持ちいいこと」が肌を「美しく保ってくれる」のです。

エステを行うときに使われる天然精油の匂いによっても、オキシトシンが増加することが明らかにされました。ローズ、バイオレット、オレンジフラワー等の香りを嗅いで5分後にオキシトシンは約2倍に増加していたのです。

(ふわふわしたものをゆっくり撫でるだけでもオキシトシンは分泌されます。ライナスの毛布もそうだったのかな?)

オキシトシンが多いと、肌の老化が防げる、肌の質感が上がります。嬉しいこと、気持ちいいこと、楽しいことを日常生活にもっと組み込んで、美肌も呼び込みましょう!

(参照:ノエビアさん、花王さん、メナードさん)

 

化粧品ジプシーをやめよう

皆さま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

化粧品ジプシーをやめよう。

アイシャドウなどの色物ではなくて、基礎化粧品のお話です。

次々に化粧品を変えることを「化粧品ジプシー」と呼びます。

化粧品にはエンターテイメントの一面もあり、CMで見たり、雑誌で新製品の特集などを読んだりするとワクワクしますよね。新しい商品が出たらつい買っちゃったりするのも分かります。基礎化粧品で今の流行りは「ヒト幹細胞」系でしょうか。ついこの前は「EGF」、一昔前なら「カタツムリエキス配合」とか。「フラーレン」という成分も一時話題になりました。

スキンケアのジプシーを続けると・・・

今の肌の調子が良いなら、他の化粧品に乗り換える必要はありません。自分に「合っている」という化粧品に出会えたら、そのまま使い続けましょう。浮気はダメですよ。新製品が出ても我慢。自分に合っている化粧品がすでに判明しているのだから…。新しい化粧品に変える必要はありません。ジプシーを続けるとせっかく安定している肌を揺らがせてしまうことになります。

選ぶべき基礎化粧品とは・・・

「自分に合った保湿力」の、化粧水とクリームです。

いろんな機能はまず横に置いて、「保湿」に的を絞って選びましょう。

朝塗って、夜までカサつかないこと。夜塗って朝まで保湿できていることより、過酷な状況(メイクしたり、冷房、暖房、外気など)を耐え抜く保湿力が大事です。クリームが朝に少しべたつくようならティッシュオフしてOK。

そこへ、オプションとして、美白美容液やシワ改善クリームを足せばよいと考えます。(オプションジプシーならOKですね。オプションとは言え、肌荒れしないか慎重にチェックしてください。)

 

あくまで基本は「保湿」。いったん見つかった「保湿シリーズ」に飽きてはいけません。

 

自分に合う保湿力化粧品を探すときにストップしてほしいことがあります。それは、コットン使用、スクラブ、ゴマージュ、マッサージ(コロコロマッサージ棒も含む)、酵素洗顔(粉タイプの洗顔料)、シートパックなどです。これらをしていると、延々と保湿をしても肌力が無くなっていく一方なので、自分に合った保湿剤探しができなくなります。これも読んでみてください♪

大切なのは継続すること

保湿クリームは少しべたつくくらいがベストです。必ず、朝塗って夜まで乾燥しないものを選ぶこと。肌に合う化粧水、クリームが見つかったら使い続けましょう。継続した安定保湿が美肌の基本です。

 

→美肌道ベーシック、もっちりします♪

化粧水って、本当はいらない?意味ないの?

こんにちは。RITSUKOです。

過激な題でお騒がせします・・・。

化粧水っていらないの?意味ないの?

毎日、お風呂上り、朝の洗顔後に使っている化粧水。それが「いらない」なんて言われたらびっくりしますよね。

実は、化粧水、いらないことも、意味ないことも多いんです。

化粧水を長時間パッティングしたり、コットンで何度も肌に滑らしたり「大量に水分を入れ込む」というのが一般的な化粧水の使い方かな、と思います。

そしてしばらく放置すると乾いてしまう系。

こういう「蒸発系」の化粧水なら不要です。

結局、肌から全部逃げてしまっているわけですから。

いらない化粧水、必要な化粧水の見分け方は?

「蒸発度合い」によって、その化粧水が「いる」か、「いらないか」、を判断しましょう。

上でも書いたように、何回もパッティングしたり、何度もハンドプッシュして「肌に入れる」必要のある化粧水は「いりません」!蒸発を繰り返しているだけですから。

下に書くような「ペタペタ感」「なかなか塗り終わらない」系の化粧水に変えるか、直接乳液へ進んじゃってもいいと思います。(乳液は20%くらいが油分、残りは水分です)

いらないのは「水分を与える化粧水」、いるのは「水分を逃がさないようにする化粧水」

水分を保持してくれるのは、角質から水分が逃げないようにする成分(ヒアルロン酸、リピジュアなど)、角質同士をつなぎとめる細胞間脂質(ぺリセア、セラミドなど)と油分です。

角層(一番表層の死んだ細胞)が、きっちり並んでくれているか、で、美しい肌かどうかがきまります。死んだ細胞に働きかけるのが化粧水です(なんかオカルトちっくになってきた・・・)。死んだ細胞の水分を保ち、死んだ細胞同士を崩れないようにくっつけて並べる。これが化粧水の役割です。角質の死体を生きているように見せかける訳ですね(なんか、例えが非常によろしくない気が・・・)

「水分を逃さないようにする化粧水」の見分け方。

500円玉大を手に取って、すすっと塗る。うーむ、なかなか浸透しない・・・。ぺたぺた感が続くぞ・・・。これが水分を逃さない化粧水です。

 

→美肌道のモイスチャーリキッドは、すすっと塗ると、ぺたぺたします。まず角質同士の間を整理して(←ネオソリューアクリオ)、その道にペリセアを通して角質どうしをくっつけます。角質の中にアミノ酸を入れてふっくらさせます。そして、ヒアルロン酸、リピジュアが角質の上へ留まります。3層保湿です。そして、化粧水とは言いながら「水性+油性」どっちの働きも持っているので、余計に乾きにくいです。乾きにくい=待ち時間が長い!のですが、そこは効果に免じてお許しください。これは安い割に、なかなかいい化粧水ですよ。これは「いる」化粧水!(笑)

やっぱりビタミンACE♪

こんにちは。RITSUKOです。

          今、新しい化粧品開発にとりかかっており上機嫌ですーーー。

 

スキンケアでお肌に与えたいものはやっぱり・・・・

色むらをなくすには、まずビタミンC。メラニンの茶黒を抑制してくれます。

赤みを減少させてくれるのはビタミンE。また、ビタミンEはビタミンCを助けてくれるのでC+Eは素晴らしい組み合わせ。

テクスチャーを良くしてくれるのはビタミンAです。

小じわを減らし、つやつやの肌にしてくれます。

 

 

南アフリカの皮膚科医デスモンド先生が、昔から言っておられることです☺️☺️

(デスモンド先生、大好き〜〜。先生の講演を聞いてから、日本人向けの美肌コスメ作るぞ!って決心したんです)

 

まず乾燥を完全にストップさせてから、ビタミンをたっぷり与えてあげましょう。幹細胞コスメ、、、などに飛びついちゃダメですよっ。

 

 

→ビタミンACEたっぷりの美肌道コスメはこちら♪

 

保湿には夜のベタベタ主義!

皆様、こんにちは。RITSUKOです。

 

コロナで大変な状況ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私はもともと家にいるのが好きで、毎日ビーカーでコスメを試作しています。

最近は毛穴とシワが消える謎のゼリーを作って、うぉぉぉ!と一人感動していました。

 

さて、今日は、保湿を極めるお話、です。

 

健康なお肌は「水性+油性」のバランスが整っています。

(いいなー、健康肌の方・・・。うらやましー 🙁 )

 

 

美肌道では(コッソリ)、新商品のデビュー間近なんです。

作るのに2年もかかった・・・。 😯 😯 

 

作ったのは、化粧水とクリームです。

化粧水もクリームも、健康肌の「水性+油性」に成分を調整しましたが、ちょっと油性寄りです。

美肌の敵は「乾燥」なので、乾燥をガッツリ止める成分てんこ盛りにしました。

 

化粧水でもっちりさせた後(最初はサラサラ、その後もっちり)、ガッツリ保湿クリームを、これでもか!と言うくらい塗っております。

もちろん1回塗りでは、いい感じの「もちもち」具合です。

 

それを数回塗って「ベタベタ」にしちゃいます。

 

夜はガッツリベタベタさせても、朝はもっちりいい具合。(枕にタオル巻いています)

朝もたっぷり塗って、メイク前にちょっとティッシュオフしてファンデーションを塗っています。

 

とにかく「乾燥は老化肌に直結」します。

 

美肌道のNewコスメ、特に、乾燥肌さん、楽しみにしておいてください!

もちろん、あっさりめに塗ってもらってOKです。

 

私はとにかくベタベタ主義!

 

私と一緒にベタベタしましょう(笑)

 

→新ブランド「エッセンシャルクリーム」で乾燥をストップ。

 

アラフォーからの美しさ

本日は、アラフォーからの美しさについて、です❤

私の友人で、女からみてもほれぼれする人💕が数名いて、
その人を想定して書いております。
(決して自分ではないところが悲しい💦とほほ)

1。物腰の優雅さ、柔らかさ

年齢を経ないと出ない優雅さ😌というものがあります。
若いときには自然に「きびきびきゃぴきゃぴ」動いてしまいますが、
そうした魅力とは別に、ゆっくりした(トロいのとは違います)
上品な動きにはオーラが出ます。

2。余裕
自分の芯を持った女性(仕事、趣味、思想でもなんでも)は
  緊張感があってきれいです。
その緊張感が大人の女性の「余裕感」を生みます👏

3。美肌
これ、けっこう重要だと思います👂
若い女性のぴちぴちした肌はうらやましいですが、
きちんとケアされた肌、
上質のコスメを使ったメイクは大人の魅力を上げてくれますし、
決して若い女性に負けませんよ。
パン!と張った肌でなくても、ふんわりした肌は大人の特権です❗

4。美しさとかわいらしさ
相手を威圧するような「デキる感」ではなく、
何でも包み込むような寛容さが大人の魅力ではないかと思います。
また、そういう包容力をもった笑顔は、
圧倒される美しさではなく、
かわいらしさ
を生みます。
若くてかわいいのは当たり前。

大人の女性が「かわいい」というのがミソでございます。


5。自分に似合う服と小物を研究する。

アラフォーでもまだまだ若いときの体型を保っておられる方も
多いですが、
実は少しずつ体型は確実に変化😔しています。
若い女性の着るブランド服が「まだ着られる」としても、
  動いたときにできる布のシワの形は、
明らかに美しくない年齢を感じさせます。

特に、背中を曲げたときに横に走る服のシワは悲しいです。
自分の体が美しく見える、自分専用の服を見つけましょう。
また、小物もセンスの見せどころ。
よくある、ブランドではなく(これは威圧感になってしまいます)、
どこのものかわからないけど目を引くものを
ちょこちょこっと身につけるのがおすすめです。
ゴテゴテはだめ~😅

以上が、私の友人女性の姿です。
いつ見てもホレボレします❤

次回は、私がお手伝いできる「大人の美肌作り」について
ご紹介します。

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ