【肌悩み】40代【まずはシミ】

みなさま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【肌悩み】40代【まずはシミ】

40代肌悩みを各項目ごとに知恵を絞って回答します。

シミ、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワ。

実際、患者さんからもこの順番でのご相談が多いです。今日はお悩みナンバーワンの「シミ」について、です。

美容クリニックでしか対応できないシミもありますが、なるべくホームケアで戦えるよう、回答をご用意しました。

まずはシミの見分け方、対処策から見ていきましょう。(たるみ編など、続編書きます)

シミを見極める。

そばかす:幼少時に出現し、家族にもそばかすの人がいる場合が多いです。薄茶色で黄色っぽい、極小さな色素斑です。鼻を横断していることが多いです。色白さんでキメは細かく、乾燥肌になりやすいです。

 

 

肝斑:顔の両側にほぼ同じ形で現れます。肝斑は「はっきりここだ!」と分からず、周囲との境界が不明瞭です。「くりっ」としたシミではなく、うすぼんやりくすんで見えるのが肝斑の特徴。肝斑は、額の中央、フェイスライン、下まぶたに出来ることはほとんどありません。軽度な方は眼の周囲に三日月型で現れます。重度の方は額の外側、鼻下、頬上半分にできることもあります。軽症でも重症でも、下まぶたには絶対できないので(言い切った!)下まぶたと境界線があることを確かめてください。

 

 

 

日光性色素斑:「くりっ」とした形でできるシミです。大きさ、形はさまざま。

 

 

ADM:同じ大きさのつぶつぶした色素斑です。そばかす(黄色っぽい)とは違って、紫っぽい、黒っぽい色をしています。下まぶたにも現れます。

 

それぞれのシミの対処法

そばかすまず日光を徹底的に避けること。そして、薬局でハイチオールCを購入しましょう。ハイチオールCは6週間後から効果が出てくるので、途中であきらめないで飲み続けましょう!全部一発で消したいなら美容クリニックで「フォトフェイシャル」を照射するといいでしょう。フォトフェイシャルの後もハイチオールC内服を忘れずに。フォトフェイシャルを照射しても再発は多いです・・・。

 

肝斑:まずお手入れの見直しが一番です。コットン使用、パッティング、スクラブ、ゴマージュ、シートパック、マッサージ、コロコロ美顔ローラー、すべて肝斑(というかすべての女性)には厳禁です。肝斑が発症している皮膚は「ふわー」っと触ること。強いお手入れをすればするほど悪化します。そして薬局でトランシーノ(トラネキサム酸)を買いましょう。2ヶ月で効果が現れるので、止めずに飲み続けましょう(飲んだり飲まなかったり、とか、昼の分飲み忘れた、とかはダメですよ)。早く消したいのであれば、クリニックで、サリチル酸マクロゴールピーリングか、レーザートーニングを受けてもよいでしょう(レーザートーニングは最初こまめに受けなければいけないこと、値段が高いことが欠点です)。再発しやすいのでトランシーノを飲みましょう。

 

日光性色素斑:これはレーザー!レーザー照射して1週間後にはかさぶたが剥がれてピンクの肌が。レーザー照射したら徹底的に日光を避けること。レーザー照射部はやさしく扱うこと。照射ついでにハイドロキノンという美白の塗り薬を購入してもよいでしょう。照射部にハイドロキノンを塗ってあげてください。

 

ADM:これもレーザー一択!表皮のシミではなく、真皮に色素斑があるので、角質の上から何を塗っても効きません。表皮ではなく真皮を狙って、レーザー照射してもらいましょう。3〜6ヶ月おきに計3回程度照射します。再発はありません!

 

そして、上に書いたシミが複合して現れていることも。肝斑+ADMなど。肝斑+日光性色素斑など。そういう場合は、仕方が無い・・・美容クリニックで対処してもらいましょう。

 

今日は、シミの見極め方、対処法についてまとめました。クリニックでしかできない対処法も記載してすみません。だって、ADMに○シミン塗っても効かないもん・・・・。

 

次回からは、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワについてまとめていきます。

 

皮膚と女性ホルモンの関係

こんにちは。RITSUKOです。

今日は、、、

女性ホルモンと皮膚の関係について

1ヶ月を通してお肌は安定していますか?

私は今ちょうど口周りが肌荒れしています…😭

なんか、ゴワゴワしている、、、なんか乾燥している、、、なんかくすんでいる、、、

こういうときにスクラブしたりゴマージュしたり、焦って治そうとしてはいけません!

皮膚と女性ホルモンは深く関係しています。

一ヶ月の中で、皮膚はいろんな揺らぎ方をします。

それは、2種類の女性ホルモンによるものです。

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンがあります。

エストロゲンが増える時期(月経の終わり頃から排卵期まで)の皮膚の状態は?

エストロゲンは繊維芽細胞に作用して、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの水分保持にかかわる物質を増やしてくれます。皮膚の厚みを増しうるおいを保持するのです。

一方、色素については濃くなる方へ働きかけます。妊娠中はエストロゲン分泌が盛んなので、乳輪や脇が黒ずんできます。シミを作りやすくなり、肝斑が出現したり、悪化します。

エストロゲン期では皮膚は潤っても、メラニンは増える・・・。

プロゲステロンの多い時期(排卵日から月経が始まるまで)までの皮膚の状態は?

プロゲステロンは月経前に多く分泌されます。プロゲステロンは皮脂腺に働きかけ、皮脂の分泌を促します。すると皮脂の分泌が亢進し、毛穴に詰まりやすくなるためニキビが悪化します。

メラニン産生はいったんおさまるので、肝斑などはこの時期にいったん薄く感じる人が多いようです。

プロゲステロン期に、ニキビは増えて、メラニンは多少薄くなる。

 

では月経中はどうなるかと言うと、じんましん、湿疹、赤味、が出やすくなるのです。月経疹と呼ばれたりしています。

女性ホルモンで、皮膚はかなり揺らぐんですね;;

皮膚に対する女性ホルモン対策!

エストロゲン時期・・・

徹底した美白対策!日焼けしないように特に気をつけましょう。シミが濃くなった!と思ってゴマージュしたりしてもシミは消えません。逆に、ゴマージュの刺激でメラニンが増えるので逆効果です。肝斑のある方はトラネキサム酸の内服を始めましょう。トラネキサム酸の内服は、エストロゲン期だけでなく、毎日3ヶ月くらい飲み続ける必要があります。

プロゲステロン時期・・・

皮脂対策時期!ビタミンCの多く入った化粧水がベストです。こちらも焦ってスクラブ、ゴマージュに走るのは避けましょう。また、美容皮膚科でピーリングしている方は、この時期に合わせるといいでしょう。

揺らぐ女性の肌・・・。うまく乗り切っていきましょう。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

肝斑って消えるの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

肝斑って消えるの?肝斑って何?

肝斑とは?

.肝斑とは女性ホルモンが活発なときにできる、うっすらしたシミのことを言います。両目の目尻付近に三日月型に出る方や、頬全体に出る方もおられます。「点々」「ポツポツ」「形が丸い」のは肝斑ではありません。日光性のシミでることが多いです。

.その他、慢性炎症(激しいお手入れ)でも肝斑様のシミができます。

多くの方は、上に書いた2種類(女性ホルモンによるもの、慢性炎症によるもの)を合併しておられます。

肝斑って自分で治せるの?

正しいお手入れで1年間、肝斑をかなり薄くできます。

お手入れの効果が出るのを急ぐ方が多いようです。

ゴマージュやスクラブ、酵素洗顔など、お手入れを行ってすぐに「つるつる」「さらさら」なお肌を手に入れたいと思って折られる方、手を挙げて🖐

皮膚のターンオーバーは4週間。何かお手入れを変えてプラスの効果が出てくるのに、最低4週間かかります。

即効性のあるお手入れは、お肌を傷めることが多いと思ってください。

トランシーノ+火傷ケアで、肝斑はかなり消えるんですよ。

トラネキサム酸の市販薬「トランシーノ」を薬局で買って、必ず1年間続けましょう。(高脂血症、ヘビースモーカー、女性ホルモン薬内服中の方は服用できません・・・)サボったらダメ‼️絶対‼️

火傷ケアはRITSUKOがいつも患者さんに言うのですが、「肝斑を火傷だと思ってお手入れしてね」という技です。

1.火傷にはスクラブしない。

2.火傷をコットンでパッティングしない。

3.火傷には酵素洗顔はしない。

4.火傷にはマッサージしない。

5.火傷には美顔器を当てない。

6.火傷には・・・・

次々と思い浮かびますね。

肝斑は、傷ついている、傷つきやすい場所なので、一切の刺激を避けましょう。火傷だと思って「びくびく」とお手入れしていると3ヶ月でかなり薄くなるのを実感していただけると思います。

そして1年経つと全体的にワントーン上がり、肝斑と正常皮膚との境目も分からなくなっていると思います。そこでトランシーノを内服する量を減らしたり、と今後の対策を考えましょう。

正しいお手入れを続けて居ると、1年後には肝斑はかなり薄くなります。

 

多くの方は、肝斑が薄くなっても、日光性のシミやADMというアザが今度は気になってきます。複数の種類のシミを持っておられる方も多いですが、クリニックでは一番最初に肝斑を治療します。

 

肝斑は自力で治せます。でも1年かかっちゃいます。

クリニックで治療すると3ヶ月くらいでキレイになれます。

あなたは自力派ですか?クリニック派ですか?

 

→肝斑対策に、隠れ炎症をケア。美肌の底力!

→肝斑対策にも。つやつや皮膚をゲット。超濃厚なターンオーバークリーム。

肝斑の方のお手入れ

こんにちは。RITSUKOです。

最近、肝斑の方を見かけることが多くなりました。

中でも、濃い肝斑と薄い肝斑の方に分かれるのですが…

薄い肝斑の方は、トラネキサム酸を服用してもらったり、
ごく数回のレーザートーニングでほとんど肝斑は消えます。
そして、日光のシミなどを合併していることは少ないです。

濃い肝斑の方(頬の下の方は薄くて、目の下が特に濃い)は、
なぜか都会に多い!!!

よくよくお話を聞いてみると、スキンケアの方法が激しかったり、
次々に美容機器を試してみたり、小顔矯正など、
エステや他の美容のお店を試されています。

どうも、ご自身でお肌を傷つけてしまっておられる…

都会だと、美容のお店もいっぱい、
雑誌やTVで情報をみかけたらすぐ試せるし、
すぐに買えてしまいます。

すると、女性ホルモンの不均衡などでうっすらできていた肝斑、
(皮膚が弱くなっている部分)をさらに傷めてしまうのです。

なぜ気付いたかというと、
指先のあたる場所(頬骨のあたり)の色が濃いのです。
気になるから、よけいにそこへ美白クリームを熱心に塗りこんだり。
また、顔全体をマッサージ(マッサージ自体NGですが)するときにも、
指先は、顔の下より上の方に当たります。
そして、右利きの人は右の頬の方が肝斑の色が濃い!😭

いつもスキンケアしてみているようにやってみてください、
と聞いてみて、やはりそうか、と謎が解けました。

パッティングもやっぱり自然と肝斑のところを叩いてしまっている…(パッティングもNGです)

ということで、美容に熱心な方ほど濃い肝斑に悩んでしまう、という結果になっていたのでした。
また、肝斑部にはかなり細かな傷がついているので、日光のシミもできやすくなるんです。

コスメを塗るときは手のひらで広げて「置く」ように塗ってもらうようにお願いしたら、
1ヶ月後には、お肌が改善されていましたよ。

濃い「傷ついた肝斑」をお持ちの方は、お手入れ時に指先は肌から浮かすこと。
手のひらだけで「ほわほわ」とスキンケアしてみてください。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

肝斑のお手入れ

みなさん、肝斑についてはお悩みのようです😔

肝斑を治すには医療の力が必要です。
単なる「美白スキンケア」では、残念ながら治りません。

まず、トラネキサム酸の内服。
そして、トラネキサム酸の塗り薬。

上の二つは基本です👂

トラネキサム酸での治療を軸に、ケミカルピーリングを加える。

これもかなり有効ですが、
化粧品に入っている「AHA」「グリコール酸」レベルではダメのようです。
なぜなら、一般化粧品のAHAは「濃度は低くPhは高い」から。
化粧品というものはマイルドに作ってあるものなので、
市販レベルで何の刺激もなく使える「ピーリング系」のコスメは、
まったく役不足と言えるでしょう😥

病院でやってもらえる、サリチル酸マクロゴールのピーリングがベストです🏣
(赤くもならないし、肌のハガレもほとんどありませんから)

しかし。

病院に通うだけでは肝斑は治りません。

スキンケアがまちがっていれば、月に1回病院で治療しても、
残りの29日間が足を引っ張ってしまいます。

おうちでのお手入れ・・・・

洗顔も化粧品でのお手入れも、やさしく、ふわふわと。

絶対にこすったり、パッティングしたり、
コットンを使ったり、マッサージしたり、
エステに通ったりしてはいけません!!
オイルクレンジングも厳禁です!!💨

ミルク系かジェル系のやさしいクレンジング剤でなでるように化粧を落とし、
弱酸性の泡で出る洗顔料で、これまたなでるように洗顔。

少々の汚れは残っていてもいい!!
ぐらいのやさしさで洗ってください。

(だいたい、肝斑の人は汚れを落とそうとしてこすりすぎるために、
どんどん肝斑を悪化させていることが多いのです)

化粧水は弱酸性。
手のひらを押し当てるようにそうっと化粧水をつけます。
その後のクリーム類も「塗り込ん」ではいけません!
ふわーっとなでればOK👍

お手入れは、やりすぎてはダメ!です。
お肌を触りすぎては肝斑は治りませんよ。

ちなみに、トランシーノは本当に効きますから、
トランシーノが効かないと思っている人は、お手入れ方法を「やさしくふんわりそーっとそーっと」
に変更してみてくださいね👏

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

トランシーノは効くのか?

肝斑に効果があるトラネキサム酸内服👂
今までは病院でしか処方してもらえませんでしたが、
今は「トランシーノ」という名前で一般販売され、
薬局で購入することが可能になりました👏

しかし、効果がいまいちわからないと言って中途でやめたり、
飲んだり飲まなかったりと、いいかげんに内服する人が多い様子😔

私は「トランシーノ」が発売されると知ったとき、
病院に来る患者さんが減るかも・・・と
思ったのですが、逆に増えました。

「トランシーノを飲んでいるのですが、
シミが減っているのかどうだかわからないんです」

「トランシーノを飲んでいるのですが、
薬局で2ヶ月以上飲まないように、と言われました」

「トランシーノは肝斑にいいとのことですが、
私のこのシミが肝斑かどうかがわからないんです」

とのことです。

まず、肝斑は診断が難しいシミです。
目の下の頬骨部分にぼんやりと広がるシミと言われていますが、
鼻下に出ることもあれば、フェイスラインに出ることも。
また、こめかみから髪の生え際あたり、眉上に出ることも。
皮膚科医でも診断に悩むことがある肝斑を、一般の方に自己診断しろ、、、と言うのは難しすぎる!

次に、肝斑を内服で治療しようとすると、
最低でも一ヵ月半かかります。

そして、病院で内服治療する場合、1年以上内服を続けてもらうことが多いです。
しかし、トランシーノの注意事項欄には「2ヶ月以上は飲まないでください」と書かれてあります。
自己診断のもとトランシーノをずーっと飲み続けることはリスクがあるかもしれない、ということです。
医師の診察・指導のもとでなら、飲み続けられるわけです。

ほかに、肝斑の色自体が「薄ぼんやりとした茶色」
なので、シミが本当に薄くなってきているかどうか
自分でもとらえにくい、という点があります。

病院では特殊なシミ測定器を用いて色素値を計りますから👀
客観的にシミが薄くなっていくことがわかります。

ちなみに、トランシーノはトラネキサム酸の含有量としては
一日換算で750mgですから治療用としては十分だと思います。

「効くはず!」なのですよ。本当は😆

クリニックでの肝斑治療では、皮膚科の先生により処方量は異なります。
一日500mg~1500mgの範囲でいろいろですね。
私は一日1000mgを処方しています。
そのほかにもいろんな薬剤やビタミン剤も一緒に処方します。
塗り薬も一緒に。
これが、美容皮膚科医の腕の見せ所ですね💕

 

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

洗顔方法まちがいさがし(その8)

CMでの洗顔風景😡

Oh No!😡
今日もまた、洗顔剤をそこへ塗りつけたか!!

TVCMでは女優さんが、洗顔剤の泡をほっぺたへちょんちょん、と乗っけていますね。
「ほっぺたに泡」は、見た目はかわいいですけど。

あなたが洗顔するとき、
一番先に触れ、一番多くこすり、そして紫外線が一番ねらっている場所、
それが、そこ、「頬」です!😎😎


顔写真を撮ってもらうとき、一番フラッシュ光が集まる場所、
と言ったらわかってもらえるでしょうか。

「頬骨」と言って、目尻の下あたりに、骨のでっぱった部分があります。

そこは、顔のなかでもっとも傷んでいる部位😱なのです。

先ほども言ったように、まるでフラッシュの光を集めるがごとく、
紫外線が「頬骨」に集中します。

その上、毎日のお手入れで無意識に「頬骨」をこすります。

その部分のお肌は、常にいらぬ刺激を与えられ、
慢性炎症の状態になっています。
炎症を起こした部分はシミになっていきます。

シミ治療に関して私がもっとも尊敬する、
葛西形成外科の葛西健一郎先生は、
その部分にできたシミを「頬骨部肝斑」と呼んでおられます。

いつも通りの洗顔をして、鏡をのぞいてみてください。
頬骨の部分だけ赤くなっていませんか?
そして、そのあとつける化粧水などがシミて痛かったことはありませんか?

頬骨の部分だけシミて、その他の部位は何ともないのに・・・、
なんて、身に覚えのある人は「頬骨部肝斑」の仲間入りです。

そんなありがたくない仲間から脱出するのは簡単です。

洗顔時、および化粧品を使うときに、
「頬骨部」は、より特別に「そーっとそーっと」触れることです。
触れる回数も一番少なくすること。
炎症をしずめてあげれば、数ヶ月で色味は引いてくると思います。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ