シミにおすすめ!ハイドロキノンは皮膚科で買う!

こんにちは、RITSUKOです。

今日の話題は、、、

シミにおすすめハイドロキノンは皮膚科で買う!

です。

ハイドロキノンって?

まずはハイドロキノンの簡単な説明から😄👍

ハイドロキノンは、皮膚の中で「メラニンを作る道を断つ」働きを持っています。

(超簡単になってしまった・・・)

メラニンを作ることが出来なくなる=美白になる、という流れです。ターンオーバーで皮膚は剥がれていくのでハイドロキノンを使っていれば「メラニンのない皮膚が上に上がってくる」という訳です。

ハイドロキノンの市販品と皮膚科処方との違いは?

2001年に規制緩和されて、ハイドロキノンも市販で買えるようになりました。しかし、市販のハイドロキノンの配合は2%までと決まっています。一方で皮膚科での処方は4〜5%が一般的でしょう。(アメリカでは10%ぐらいの超高濃度のものが一般に売られていたこともありましたが、今は4%以上は医薬品となっています)

やはりシミに効かせたいのであれば、4〜5%のハイドロキノンをゲットしたいところです。市販品は何パーセントか記載のないものも多いので、効く薬剤である以上、パーセンテージもはっきりしている方がいいと考えます。

美白剤としてはトップクラス(市販の美白薬の100倍以上と言われています)なので、肌に刺激を起こすこともあります。真面目な皮膚科、美容皮膚科では、まずパッチテストを行います。腕の内側に塗って赤くならないかをテストします。肌色のままなら、処方OK!赤くなれば、ハイドロキノンが向いていない皮膚なので、トラネキサム酸のクリームなどに進路変更しましょう。

ハイドロキノンを効果的に使うコツは?

うすーくうすーく塗ること。部分使いならば、1cm大のシミなら爪楊枝の先くらいの量で充分です。塗りすぎたり、「盛ったり」すると赤くなって、皮膚を刺激してしまうことになります。すると美白剤として効かせるどころか、皮膚炎を起こすだけになってしまいます。

市販品の中では(特にネット通販系)ハイドロキノンかぶれ(赤くなる)を「好転反応です」とか言って、塗り続けるようにすすめるところもありますが、単にかぶれているだけなので塗るのをストップしましょう。

ハイドロキノンの注意点は?

皮膚科、美容皮膚科で処方してもらうハイドロキノンは防腐剤が入っていないものが多いです。なので、、、

☝️冷蔵保存。

☝️3ヶ月で使い切る。

それと、、

☝️日焼け止めを併用する。

日焼けでメラニンができるのは、皮膚を守るため。ハイドロキノンでメラニンを作らせないようにしているので、日焼け止めできっちり皮膚を守ってあげる必要があります。

ハイドロキノンの買い方は?

近所の美容皮膚科に「ハイドロキノンを買いたいのですが」と電話してみましょう。診察で皮膚の様子を見てもらってハイドロキノンが向いているか診てもらい、大丈夫なら処方されます。市販品なら「ほいっ」と買えるのでラクですが、大切な自分の肌。一度は美容皮膚科に行ってみましょう。最初は緊張しますが、ふつうのクリニックと同じです。リラックス!

 

→顔全体の美白には、世界初の仕組みをもった、やさしいビタミンCのこちらをどうぞ♪

 

美白美容液、お目見え間近!


皆様、お久しぶりです。RITSUKOです。

新製品を開発していて、サボってました・・。ごめんなさい🙇

あと新しいブログ環境に慣れず、、、、。(言い訳)

さてさて。マルチエッセンスを超える美白美容液、開発成功‼️

APPS、最近ではVCエチルが、効果の高いビタミンCの代表です。

VCエチルが最近人気ですが、皮膚に刺激を起こしやすいのが問題でした。

今回美肌道が選んだ美白の主役は、

保湿効果もあって、皮膚に優しくかつ最強ブライトニングのビタミンC、VCーHGです。

VC-HGの特徴は3つ。

  1. 強力なメラニン抑制効果!
  2. もしメラニンができたとしても、皮膚上にメラニンを上がらせない←これ世界初!
  3. メラニンを消失させる!

これなら黒くなりようがないですよね。

このVC-HGを使ってブライトニング美容液を作りました。

材料メーカーさんに「えっ、そんな濃度で…」と、

絶句させた高濃度です。

まだまだ開発の段階なので、お目見えはもう少し先です。

少々お待ちくださいませ!

 

 

→新・美白美容液完成しました!しっとり保湿美白です♪

医薬部外品の『美白』化粧品って効くの?

こんにちは。

ついついブログをサボってしまうMAD美容皮膚科医、RITSUKOです。

 

今日は「医薬部外品」とそれ以外の「化粧品」の違いを明らかにしてみましょう。

 

皆さんは「医薬部外品」の方が「化粧品」より効く!と思っておられませんか?

なんとなく医薬部外品のほうが効きそう・・・。

そんなイメージかな、と思います。

でも、それは「イメージ」だけ!

 

 

医薬部外品には、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、

一定の濃度で配合されています。薬事法に定められている決まりです。

 

この一定の濃度、というのがクセモノです。

 

たとえば美白成分の代表、ビタミンC。

「医薬部外品」の場合、配合上限は3%。

化粧品の場合は、20%も可能。自由なんです。

どっちが効くでしょう?

 

でもパッケージに「美白」と記載できるのは医薬部外品のみ。

矛盾していますよね・・・。

 

医薬部外品・・・「美白」とパッケージに書ける。

化粧品・・・パッケージに「美白」という記載は不可。

 

医薬部外品はパッケージに「美白」と書ける!だけなんです。

 

私はコスメを選ぶとき、医薬部外品は避けています。

「医薬部外品」=「法律は守っているけど、効かないぜ」と読めてしまうのです・・・。

ただ、化粧品の方は「自由」なので、効かないのから効くのまで様々。

 

一番賢明なのは、「化粧品」の中から「効果のある成分」をたっぷり配合してあるものを使うこと。

 

決して「医薬部外品」が「一般化粧品」より優れているわけではありませんので、そこのところ、ご注意を!!

 

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

HERSに掲載されました!

本日発売のHERS美肌道が掲載されました!

賀来千香子さんの表紙です。
帰宅直後のやつれた私がバックに写っております…笑
そして人差し指もケガしてますね…😱
そして歯列矯正したのに出っ歯のままですね…😮

HERSのうしろから4ページ目、載っております!
いつかは前から4ページ目にいつか載るようにするぞーーーー!

「実力派セルフケアアイテム」

この2品目を近日中にキャンペーンしますね☺

楽しみにお待ち下さい!!!👏

 

HERSに載ったよ

コーヒーで美白!?

こんにちは。RITSUKOです。

タイトルを読んで、すぐコーヒーでパックした方!💆
やめてください!
 そんな人はいませんよね・・・

今年7月に、コーヒーを飲むと美白作用が強くなる!という論文が発表されました。

International journal of dermatology 2014年7月号です。

コーヒー1杯に含まれるポリフェノールの量が、
赤ワインと同等というところまでは知っていました。

しかし日本人で赤ワインからポリフェノールを摂取する人は、2%のみ。
50%弱の日本人はコーヒーからポリフェノールを摂取しています。

今回の論文では、日本人女性を対象に、
「コーヒーのポリフェノールでも抗酸化作用はあるのか!?
コーヒーを飲んでシミが減ったりするのか!?」を調べたものです。

すると、コーヒーを多く摂取した女性では、紫外線によるシミのスコアが低くなるという結果が。

ポリフェノール摂取、1日の目安は1500mgと言われています。
1杯のコーヒーには約300mgのポリフェノールが含まれているので、
1日4~5杯で、ほとんどをカバーできますね。

ポリフェノールはビタミンCと同じく、2?3時間で体内から排出されてしまうので、こまめにとりましょう。☕

私は以前からコーヒー派でしたが、これでいっそうコーヒー大好きになりました!👏
くれぐれも飲み過ぎて胃を傷めないでくださいね・・👀

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ