美容オイルの種類と働き

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、

各美容オイルの働き

美容オイルって一昔前にはまったく見向きもされなかった分野ですが、最近は様々なオイルが出てきて「オイル美容」の特集がされるほど。今回はそれぞれのオイルの違いを知って、お肌に合う物を選んでいただければと思います。

美容オイルの選び方

お肌に合った美容オイルを探しましょう。ある人の肌にはOKでも自分にとってはNG…ということも。

オリーブオイル、椿油

美容オイルを選ぶに当たって、一番にチェックするのは「オレイン酸の配合量」です。オレイン酸は「アクネ菌のエサ」になってしまうので、ニキビ肌の方には避けていただきたいオイルです。美容オイルの中でオレイン酸が多いのは「オリーブオイル」です。オレイン酸が80%とかなり高率に含まれて居るので、「たまにニキビができる」という方も避けた方がいいでしょう。オリーブオイルの含まれたクレンジングでもニキビが発生しやすくなるので注意です。椿油もオレイン酸85%なので避けた方がいいでしょう。椿油は髪にはいいと言われていますが、お肌につけるのは避けた方が良さそうです。オレイン酸が少ないオイルとしては、ホホバ油があります。ホホバ油のオレイン酸は18%なので、「ニキビ+乾燥肌」の方は試してみてはいかがでしょうか。

アルガンオイル

アンチエイジングにはアルガンオイルが向いています。アルガンオイルにはビタミンEが大量に含まれています。オリーブオイルの4〜6倍含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が非常に高く、美白、免疫機能のアップに働きかけます。ビタミンEはビタミンCと相性がよく、美肌への相乗効果があるので、ビタミンC配合の化粧品を一緒に使うとよいでしょう。

スクワラン

鮫の肝油から採れるオイルですが、最近は米ぬか油、サトウキビからも作られるようになりました。スクワランはサラサラとして使いやすいオイルです。そのため、いろんな化粧品にも配合されていることが多いです。スクワランには特徴的な効果があります。「ヴィークル効果」と呼ばれる効果で、他の成分を一緒に肌にへ入れ込む効果を持っているのです。なので、スクワランオイルを塗ったあと、美容液などを塗ると一緒に肌の奥へ入れ込んでくれるんです。

カクテルオイル

様々なオイルをカクテルしてある美容オイルです。単体オイルでは肌に影響が強すぎた方はカクテルオイルを試してみてもよいと思います。アルビオンさん、コヨリさんガカクテルオイルですね。カクテルオイルの懸念点は、結局美容成分が薄まってしまっていないか、という点です。

 

以上、主な美容オイルを挙げて、特徴などを説明しました。みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

ガンマリノレン酸のカクテルオイルはこちら。濃厚であることは保証します。アトピー、乾燥肌、美白、アンチエイジング。マルチに働くオイルです。洗顔後すぐに使ってください。

 

 

化粧品ジプシーと皮膚科医の責任

こんにちは。RITSUKOです。

化粧品って楽しいですよね。
私も一時期、塗り心地や香りを優先して、
いろんなコスメを渡り歩いていたことがありました。

若いときは、化粧品ジプシーをしていても、
お肌自体の力が強いので荒れたりすることもありませんでした。

顔に塗ってマッサージすると、消しゴムのカスみたいにポロポロ「何か」が取れるもの。(取れた気になるだけですが)

週に一回はスクラブしたり、ピーリング石鹸を使ったり。

何かお肌に手をかけてあげると、その分キレイになると思っていました。

でも、年齢を重ねると、すぐ肌が赤くなったり、
乾燥がなかなか治らなくなったり・・・😱

そのたびに、また次の化粧品へと渡り歩いていました。

今、思うと、綱渡り・・・😣

塗り心地や香りの良さで、一時的に癒されることはあっても、
お肌がそのことでどんどん美しくなることはありません。

消しゴムのカスみたいにポロポロ取れるのは、アカではなく、
化粧品の成分自体がそういうふうに設計されているだけ。
取れているのは、塗ったクリーム自体と大切な角質層です。

スクラブではお肌に小さな傷を増やしていくだけ。

ピーリング石鹸はピーリング成分(AHA)は入っていても、
石鹸自体がアルカリ性だとピーリングはできません。
(ピーリングは酸性でこそ、初めて効果を持つのです)

私は美容医療の学術本だけでなく、一般の美容本も目を通すようにしています。

すると・・・・。

「オイル流行の次は、ジェルが熱い!」という見出しが目に入り、ぬおぉぉぉ!と絶叫してしまいました。

なんでオイルの時代が終わるんだーーー!

コスメにはいろんな流行が次々訪れますが、
真実はひとつです。

化粧品成分は脂溶性のものがもっとも浸透性がよいのです。
水性の成分は浸透しにくいのです。

そこには「ジェルには美容成分を配合しやすい」と書いてありましたが、配合しやすいのと浸透しやすいのは別。

最先端と言われる美容の記事にもそんな間違ったことが書いてあります。

化粧品については、もっともっと皮膚科医が学び、
皮膚科医からの情報発信も必要だと思いました。

そのブランドの特長とその方のお肌が合っているのか。
皮膚科医は医療のプロではあっても、一般の化粧品を知らなさすぎます。

私にも知らないコスメがまだまだあります。
できるだけ多くのコスメを知って、
素晴らしい新製品はみなさんに広めたいし、
間違ったスキンケアにつながるものは止めて、美しい肌になってほしい。

これからも勉強を続けて、情報を発信していきますね👍

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

 

最新オイルをお試しあれ!

みなさま、ごぶさたしています!
すみません!!

オイルやクリーム、ボディミストの最終仕上げでバタバタしておりました。

さて、9/27より新発売になったオイルのご紹介です。

今まで美肌道では、主に最新の医学的成分を使用した化粧品をリリースしてきました。

天然植物の原料は、とにかく品質がよいこと、論文などで効果の裏付けのあるものに限り使ってきました。

今までの美肌道のオイルは、ムコール油、モルティエレラ油など、
バイオテクノロジーのものだけを使用してきました。

しかし、それでは、γリノレン酸の含有量に限界があります。

もちろん、ムコール油やモルティエレラ油をやまほど使えばいいのですが、そうなるとお値段が途方も無いことになり、
みなさんに気軽に使っていただきにくくなってしまいます…。

ずっと、植物のオイルでいいものはないか探していましたが、
なかなか見つからず…。

有名な月見草油は、それほどγリノレン酸量が多くないし…。

ずっと探していたところ、フランスの有機栽培のボラージ油に
ようやくたどり着きました。

植物原料を入れるなら、どこの土地でどのように栽培されているか、信頼できるところで精製されているか、が非常に重要になります。

(そんなことは、成分表には書かれていないので、
消費者はひたすら化粧品会社の良心やポリシーを信じるしかないのです)

私自身美肌道の愛用者なので、そこはとても重要でした。

今回、美肌道で採用したのは、フランスで有機栽培され、
日本の工場で精製されているボラージ油です。

精製に特殊な方法を使っているので、ボラージ油特有の匂いがほとんどありません。

また、品質も安定しており、安心して配合することができました。

かなりたっぷり配合していますので、
効果は倍以上です。

これから乾燥の季節に入りますが、このオイルで乗り切りましょうね!

自分の肌とみなさんの肌を守るために、
これからも美肌道は進化し続けます!!!

 

→美容オイルの草分け的存在、美肌道はこちら♪

 

新オイルの発売間近です。

美肌道luxe(リュクス)をお待たせ中ですが・・・。

その前にオイルの新バージョンができあがりました。

今までの主成分モルティエレラ油に、
さらにボラージ油をプラスしました。
(モルティエレラ油は減らさずに、さらにボラージ油を足しました)

効果は2倍になったと思います。

ボラージ油は、植物のオイルの中では最高濃度のγリノレン酸を含有しています。

モルティエレラ油=微生物発酵(バイオ技術)
ボラージ油=植物抽出(天然素材)
の組み合わせです。

医者として治療するときも、
西洋医学と漢方をうまく組み合わせて治療するように、
化粧品分野も、最先端科学とオーガニックの要素を組み合わせることで
最強になると考えました。

美容皮膚科派さんも、オーガニック派さんも、
試してほしいです。

ただし、ボラージ油は匂いがよくないので、
天然のレモンティーツリーオイルで香りをつけました。

もちろん、防腐剤は不使用。

保管も常温で大丈夫です。

効果が高く、安全で、かつ気軽に使える配合にこだわりました。

もうすぐ発売です。

量は同じ20mlです。
お値段は11000円です。

オイルを改良しています

みなさん、こんにちは。

美肌道のRITSUKOです。

現在、シークレットオイルの改良をおこなっています。
濃度を上げて、もっと効果の高いものを提供するつもりです❗

当初は9月末に仕上がる予定だったのですが、
10月初旬にずれこんでしまいました・・・。

すみません・・・。

ちょっと黄色味が濃くなるかもしれませんがご安心ください。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ