【1日レモン5個分】ビタミンCの働き

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【1日レモン5個分】ビタミンCの働き

まず、なぜビタミンC摂取が必要なのかを見ていきましょう。

ビタミンCの働き

ビタミンCはヒトの体内では生成されません。犬や猫では体内で合成できるのですが、ヒトと猿では自力でビタミンCを合成できないのです。なので私たちは食物からビタミンCを摂取する必要があります。それでは、なぜビタミンCが身体に必要なのでしょうか。

コラーゲンを生成する

コラーゲンを作り出すときにビタミンCのサポートが必要になります。コラーゲンはヒトの身体の30%を占めており、皮膚、血管、軟骨に存在しています。コラーゲンが不足すると、肌の弾力、キメが失われてしまいます。血管ももろくなり、骨粗鬆症にもつながります。

体内の抗酸化作用

私たちは空気中の酸素を取り入れて生きていますが、そのうちの数パーセントが
活性酸素」 に変化します。活性酸素はDNAやタンパク質を傷つけ、細胞の機能を低下させてしまいます。ビタミンCは、この活性酸素を無害化する「抗酸化作用」を持っています。紫外線による皮膚のダメージを回復させてくれるのも、ビタミンCの抗酸化作用のおかげなのです。

鉄の吸収を促進させる

鉄は主に赤血球を作る材料になるミネラルです。鉄には2種類ありヘム鉄と、非ヘム鉄があります。ビタミンCと鉄を一緒に摂取すると鉄の吸収が促進されます。

鉄についてのブログはこちら

ビタミンCの必要摂取量は?

15才以上でのビタミンC摂取量の目安は1日100gです。

清涼飲料水の表示に「レモン100個分」等の表現をよく見かけます。

ビタミンCの含有量を表現するのに「レモン○個分」が使われていると、他の商品と比べるときにラクですよね。では、実際、レモン1個にビタミンCはどれだけ含まれるのでしょうか。

レモン1個でビタミンC20mg

15才以上でのビタミンC摂取量の目安は1日100mgです。そうするとレモン5個分にあたります。レモン5個分・・・。

実際の話、、、1日にレモン5個はきびしい・・・・。レモンはビタミンC含有量の目安として「「○個分」と表現するのに使われてはいますが、実際にはレモンよりビタミンC量の多い食物はいっぱいあります。

他の食べ物でビタミンCを摂取するには

では、1日に必要なビタミンC100mgを簡単に取れる食物(主に野菜と果物)を挙げていきます。

キウイ 2個

みかん4個

いちご中粒10個

柿1個

生キャベツ2〜3枚

ゆでブロッコリー 1株

赤ピーマン1〜2個

緑ピーマン2〜3個

どうでしょうか。レモン5個、と聞くとギョッとしますが、キャベツ2〜3枚ならサラダでするっと摂取できそうです。

ビタミンCはストレスや喫煙などで大きく減少します。多めにとっても水溶性のビタミンなので、余分は尿で排泄されます。必要量よりも多めに摂るのをおすすめします。

ソラレンの危険性?

柑橘類、あるいは一部の野菜には「ソラレン」という物質が含まれています。日焼けやシミの原因になるので、夜食べるのがお勧め、とされている記事をよく見ます。

しかし、日焼けの原因になるためには、恐ろしいほどの大量摂取が必要です。大半の柑橘類、野菜では、日焼けの原因になるほどのソラレンは含まれていないので、意識しすぎる必要はありません。

駒沢女子大学の西山一朗先生によると、グレープフルーツ(約450g〜、1個は約500g)、グレープフルーツジュース(1リットル〜)、パセリ(約260g〜パセリをこの量食べるのは難しいですよね・・・)には気を付けましょう、とのこと。

それ以外のフルーツ、野菜に含まれるソラレンは、ほぼ無視できる量だとのこと。(柑橘類では、ソラレンは果皮に含まれています。可食部にはほぼ含まれていません)

なので、朝フルーツを食べても大丈夫です!

夏はビタミンCをいっぱい摂って、抗酸化に努めましょう。

 

ビタミンCたっぷりの美容液ならこちら♪

 

【UVA】紫外線対策【UVB】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【UVA】紫外線対策【UVB】

紫外線には3種類

UVA、UVB、UVCの3つです。

この中でUVCはオゾン層に吸収されて地表には届かないので、UVA、UVBについて整理していきましょう。

UVA

紫外線のうち99%がこのUVAです。今までは「SPF」重視で紫外線対策をしていたと思うのですが、それは「UVB」対策だったのです。そしてどちらが肌に悪さをするか、というと「UVA」の方なんですね。

UVAは、冬でも朝でも夕方でも曇りでも、強さはそんなに変わりません。なので対策をするには1年中、そして夕方、天候にも気を抜くことができません。

UVAは真皮という皮膚の奥深いところまで届く紫外線です。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などといった皮膚の弾力を作ってくれている繊維芽細胞を傷めつけてしまいます。弾力を失った皮膚はシワ、たるみといった老化がどんどん進んでしまうのです。また、日焼け後に皮膚を黒くさせます。「光老化」と呼ばれている「シミ、シワ、たるみ」はこのUVAの仕業なのです。

UVB

UVBは冬や朝、夕には少し減ります。しかし、曇りの日でも80%、雨の日でも20%は降り注いでいます。季節としては3月から9月までUVBの強い時期です。もっとも強いのは7月です。

UVBはUVAと異なり、表皮という皮膚の浅い部分に影響を与える紫外線です。日焼けしたときに赤くなるのがUVBの仕業で、その後メラニン色素を作り出し、色素沈着を起こし肌が黒くなります。

UVAもUVBも皮膚癌の原因になりえます。

UVAとUVBの防ぎ方

日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めを選ぶときには、UVBを防ぐSPF値と、UVAを防ぐPA値を確かめましょう。また、UVBは窓を通り抜けられませんが、UVAは窓を通り抜けて部屋の中にも入り込んできます。

生活紫外線を防ぐにはSPF30、PA+++程度で大丈夫です。汗をかいたら塗り直しましょう。

山や海に行くときには、SPF50+、PA++++などの高い値のものがオススメです。

飲む日焼け止めにはほとんど効果はありません。アメリカ皮膚科学会では、飲む日焼け止めには警告を出しています(2018年5月)。

そうそう、日焼けサロンでは「UVA」が使われているので、行かないで!!

サングラスを付けるのも有効です。紫外線の強いときに「素目」で過ごしていると、「紫外線が強いぞ、メラニンを作って皮膚を守れ」という指令が脳から出ます。サングラスで目を守ると、同時に皮膚も日焼けから守ってくれるのです。

日焼け止めの成分について

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線を跳ね返すことで日焼け止め効果を発揮します。酸化亜鉛、酸化チタンが主に使用され、この2つを合わせて使われることが多いです。まれにですが、酸化亜鉛で金属アレルギーを起こされる方がおられます。その場合、酸化チタンのみで作られている日焼け止めを使いましょう。

酸化亜鉛や酸化チタンをナノレベルまで小さくした日焼け止めについては、日本化粧品工業連合会において「安全である」と表明されています。

酸化亜鉛の特徴・・・透明感があり白浮きしにくいです。酸化亜鉛はコーティングされていることが多いですが、肌に合わない方もおられるようです。

酸化チタン・・・安全性が高く、99%でアレルギーが起こりにくいとされています。白浮きしやすいのがデメリットです。

また、アレルギーを最小限にするように、酸化亜鉛や酸化チタンをコーティングしてある製品もあります。全成分表示に、水酸化アルミニウム、シリカ、などが表示されていれば、コーティングされていることが分かります。

酸化セリウム・・・肌にやさしく、安全性の高い新規成分です。高額であることもあって、配合されている製品はまだ少ないようです。

現在は紫外線散乱剤だけを使ってSPF40PA+++レベルの日焼け止めも開発可能になってきています。

紫外線吸収剤(ケミカル)

紫外線吸収剤は紫外線を熱エネルギーに変化させることで紫外線を吸収し放出します。熱エネルギーに変化する時、皮膚の水分を蒸発させてしまい、肌が荒れることがあります。また紫外線を吸収するときに、不安定な分解物質へと変化し、その物質が肌への刺激となることがあります。

紫外線吸収剤のメリットとしては白浮きがなく、塗り広げやすいという点と、紫外線カット効果が高い、という点があります。また、紫外線吸収剤でも90%以上の人でかぶれないというデータもあります。アトピーの方や子供ではノンケミカルのものを塗布するほうが安全ですが、大人の方では紫外線吸収剤をことさら避ける必要はないと考えられます。

紫外線吸収剤の成分としては主にこういったものがあります。

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン

うーん、、、、覚えられません・・・・。「紫外線吸収剤不使用」と記載のある日焼け止め以外は「紫外線吸収剤入り」だと判断するしかなさそうです。

アメリカでは、珊瑚の白化に影響があるのではないか、という論争があり、紫外線吸収剤をなるべく使用せず、紫外線散乱剤中心の日焼け止めが中心になっていくという動きがあります。

ビタミンD不足にならないために

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えたり、骨の健康を保つのに働いています。日光に当たることで90%を体内で作ることができます。1日に必要なビタミンDを作るには1日20分程度の紫外線(UVB)に当たることが必要だと言われています。日焼けを徹底的に避けている方は、ビタミンDのサプリメントを摂るのもよいでしょう。

 

以上、紫外線対策、日焼け止めについて整理しました。お役に立てば幸いです。

肌タイプを色で診断

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

肌タイプを色から診断する。

です。

 

フィッツパトリック分類を使います。

もともとは皮膚ガンになりやすいかどうかのために作られた指標です。ハーバード大学で作られました。

肌色の明るさによる分類ですが、スキンケアにも直結してくるので自分の肌タイプを知っておきましょう♪

Ⅰ〜Ⅵまであるのですが、日本人だとⅡ、Ⅲ、Ⅳあたりが当てはまります。

 

フィッツパトリック分類

Ⅱ 容易に日焼けし赤くなる。黒くなりにくい。(色白さんや、そばかす肌さん)

Ⅲ 適度に日焼けし赤くなり、いつも黒くなる。

Ⅳ 日焼けしても赤くなりにくく、すぐ黒くなる。(RITSUKOはこれだ・・・色黒さん・・・)

 

肌タイプによる対策

Ⅱの人は日光による皮膚のダメージが大きいので、日焼けを徹底的に避けるようにしましょう。焼けても赤くなってすぐ肌色に戻るのですが、皮膚の奥まで届くUVAによってシワが目立ちやすい肌になります。年齢を重ねると、色は白くてキレイでも、皮膚全体がショワショワした感じになりやすいです。

日焼け止めは、SPF値は30程度でもOKです(黒くならないので)。UVA重視で購入することをオススメします。美容皮膚科での治療だとフォトフェイシャルが向いています。乾燥肌の方がほとんどなので、しっかり肌に油分を補ってあげてくださいね。化粧品ではビタミンA主体のものがいいでしょう。ビタミンAはシワをできにくくしてくれます。

 

Ⅲ、Ⅳの人はメラニンが作られやすく、炎症性色素沈着(肌が傷むと薄茶色になる)を起こしやすい肌です。シミができやすく、乾燥肌、混合肌、脂性肌、とさまざま。SPFは必ず高い数値のものを購入しましょう。Ⅲ、Ⅳの方はⅡの方より皮膚は少し厚いことが多いです。きちんとお手入れしていれば、皮膚のショワショワ感は起こしにくいです。化粧品はシミ対策に最適な、ビタミンC、Eの含まれているものがよいでしょう。

(*目尻、眉間などのしわは表情シワです。これらのシワは肌タイプとは関係ないです。皮膚テクスチャーのシワ感について書いています。)

皮膚の悩みが多いのはⅢ、Ⅳの肌タイプです。

Ⅱの方と比べて、肌の悩みが多いです。シミ、乾燥、混合肌、脂性肌。美容皮膚科でも、複数の治療が必要になることが多く、きれいな肌を取り戻すまで時間がかかります。

 

・乾燥肌の方・・・Ⅱの人より肌は厚めとは言え、乾燥を放置することでシワができはじめます。シートパックは止め(←最終的には皮膚を乾燥させます)、しっかりと油分を補ってください。

・混合肌の方・・・まずは乾燥対策から行いましょう。パッティング、コットン使用、マッサージ、シートパックなどはストップして肌にやさしく接しましょう。しっかりと油分を与えてあげてください。

美肌の鉄則をぜひお読みいただきたい肌タイプの方と言えます。

・脂性肌の方・・・活性酸素を抑えて皮脂の酸化をストップさせたいです。サプリメントではαリポ酸が酸化防止剤として非常に向いていると思います。化粧品は乳液程度がよいでしょう。

 

以上、肌タイプ別、お手入れ方法についてでした♪

美肌の鉄則、読んでください♪

サングラス=美白作用あり!

こんにちは。

紫外線が強くなってきたので、私の興味がUVカットに傾いております(笑)

今日は、サングラスに美白作用があるというお話です。

皮膚の他に紫外線が直撃するのは

紫外線が目にあたると、角膜炎(日焼けで目が赤くなる)、ゆくゆくは白内障などを起こしてしまいます。

目を目のために守るのはもちろんですが、
実は目を守ると皮膚を守ることにもなるんです。

つよい紫外線を見ると、皮膚に紫外線があたらなくても皮膚は日焼けするんです。

目から紫外線が入る→紫外線が強いと脳が感じる
→脳から皮膚を守れという信号が出る→メラニンが作られる
→皮膚が黒くなる。

ですので、サングラスをかけて目に紫外線が入らないようにすれば、日焼けも防げるんです。

サングラスは、フレームの大きいタイプがおすすめです。

全方向の日焼け防止を、全力で応援します(笑)

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

ヨーロッパのUVA基準、PPDについて

前回に引き続き、PA++++についてです。

白人の多いヨーロッパでは、いかにUVAを防ぐかが重要です。
アジア人よりも皮膚がいたみやすく、
シワやたるみ、シミなどのトラブルを起こしやすいのです。

そんなヨーロッパでは、UVAを防ぐ効果は「PPD」で表示されています。

日本での表示、PAとの関係をお示ししますと・・・

PA+ PPD2~3
PA++ PPD4~7
PA+++ PPD8~

ヨーロッパの日焼け止めだと、PPD30というのもあるんですよ。

ですから、日本で今まで最高とされていたPA+++では、
PPD8なんだか、PPD30なんだかわからなかったのです。

そこへ登場したPA++++。

PA++++はPPD16以上の製品につく表示です。
今までのPA+++との差は、なんと2倍以上。

日本の製品の場合、2013年1月から表示可能となっていますので、
この夏はPA++++をチェックしてみてください。

私は今までの日本のPA+++は、弱かったと思っています。
PA+++とPA++++は明らかに違うと思います。

今まで、最高値の日焼け止めを使っても、なんだか皮膚の調子が悪かった人は、ぜひPA++++を試してみてください。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

新しい「表示」→PA++++に注目です。

こんにちは。

夏を感じさせる紫外線になってきましたね。

みなさん、紫外線カット力を示すための、
SPFPAという表示をご存知だと思います。

その、PA表示が新しくなったことをご存知でしょうか。

今までの知識だと・・・・

SPF50が最高、それを超える力を持った製品にはSPF50+と表示。
および、PA+++が最高、でした。

2013年1月1日から、
PAに関するMAX表示が、PA++++と4つになっています。

UV-Bは、皮膚の浅いところをいためる紫外線。
これには、SPFという表示が使われます。

UV-Aは、皮膚の深いところをいためる紫外線。
これには、PAという表示が使われます。

紫外線による日焼けというと、
黒くなったりシミができたり・・・と、
色味の変化だけを考えがちなのですが、
実は、「シワ」「たるみ」も紫外線のせいなんです😰

日焼けで赤くなるのは、UV-B。
日焼けで黒くなり、シワができ、たるみができるのが、UV-A。

そうなると、SPFだけを注目していてもダメだということが分かります!

肌を若々しく保つためには、UV-Aを防ぐ力、
PA++++の製品を探しましょう。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

洗顔方法まちがいさがし(その8)

CMでの洗顔風景😡

Oh No!😡
今日もまた、洗顔剤をそこへ塗りつけたか!!

TVCMでは女優さんが、洗顔剤の泡をほっぺたへちょんちょん、と乗っけていますね。
「ほっぺたに泡」は、見た目はかわいいですけど。

あなたが洗顔するとき、
一番先に触れ、一番多くこすり、そして紫外線が一番ねらっている場所、
それが、そこ、「頬」です!😎😎


顔写真を撮ってもらうとき、一番フラッシュ光が集まる場所、
と言ったらわかってもらえるでしょうか。

「頬骨」と言って、目尻の下あたりに、骨のでっぱった部分があります。

そこは、顔のなかでもっとも傷んでいる部位😱なのです。

先ほども言ったように、まるでフラッシュの光を集めるがごとく、
紫外線が「頬骨」に集中します。

その上、毎日のお手入れで無意識に「頬骨」をこすります。

その部分のお肌は、常にいらぬ刺激を与えられ、
慢性炎症の状態になっています。
炎症を起こした部分はシミになっていきます。

シミ治療に関して私がもっとも尊敬する、
葛西形成外科の葛西健一郎先生は、
その部分にできたシミを「頬骨部肝斑」と呼んでおられます。

いつも通りの洗顔をして、鏡をのぞいてみてください。
頬骨の部分だけ赤くなっていませんか?
そして、そのあとつける化粧水などがシミて痛かったことはありませんか?

頬骨の部分だけシミて、その他の部位は何ともないのに・・・、
なんて、身に覚えのある人は「頬骨部肝斑」の仲間入りです。

そんなありがたくない仲間から脱出するのは簡単です。

洗顔時、および化粧品を使うときに、
「頬骨部」は、より特別に「そーっとそーっと」触れることです。
触れる回数も一番少なくすること。
炎症をしずめてあげれば、数ヶ月で色味は引いてくると思います。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ