ケミカルピーリング総まとめ!

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【ケミカルピーリング総まとめ!】です。

最近はケミカルピーリングの種類も増え、それぞれのピーリングの役割もかなり異なるものが出て来ました。ここでは、ケミカルピーリング(=薬剤によるもの)についてまとめていきたいと思います。クリスタルピーリングのように、微細な粉を吹き付けて角質を剥がす、物理的ピーリングは省きます。

それぞれのピーリングの特徴を見ていきましょう。どの深さまでピーリングできるのか、この表を見つつ読んでいってくださいね。

サリチル酸(35%)+エタノールピーリング

深さ:表皮基底層まで。

効果:ニキビ、シミ、シワ

サリチル酸(BHA)は脂溶性なので、皮脂に近い性質を持ちます。なので毛穴の治療によく使われます。しかし、エタノールに溶かしたこのピーリングでは、サリチル酸が皮脂腺から血中に移行し、中毒の可能性がありました。(1996年頃Kligman先生開発)サリチル酸をワセリンに溶かしたものも、ワセリンに溶けきれなかった分が中毒の可能性を持っていました。

サリチル酸(30%)+マクロゴールピーリング

深さ:角層まで

効能:ニキビ、皮膚テクスチャーの改善

サリチル酸をマクロゴールに溶かしきることで、サリチル酸中毒を起こさず、安全にピーリングができるようになりました。1999年に上田説子先生により開発されました。安全なピーリングは可能ですが「深さは角層まで」とかなり表面に限られたピーリングになります。ニキビは毛穴が塞がってしまい皮脂を排泄できなくなることで発生しますが、サリチル酸(BHA)は脂溶性なので、ニキビに効果をがあります。角層を均一に溶解するため、皮膚のテクスチャーも整い、キメの細かな肌になれます。

グリコール酸(20~70%)ピーリング

深さ:グリコール酸の濃度やpHにより異なります。pHは0.5~2とかなりの酸性です。

効能:20~30%で角層まで。軽度のニキビ、皮膚のテクスチャー改善

50~70%で表皮基底層まで。シミ、中等度以上のニキビ、真皮層を厚くする作用

1984年にVan Scott先生により考案されました。

グリコール酸は、角質同士の結合を緩め、バラバラにします。グリコール酸はAHAの一つですが、乳酸もAHAに含まれます。グリコール酸は分子量が小さく(76ダルトン)、乳酸は分子量が90と大きいため、乳酸の方が効果はマイルドです。乳酸ピーリング(10〜30%)では、NMF(角質内の成分)の元となるフィラグリン(一種のタンパク質)は増加し、角質水分量が上がります。乳酸ピーリングは保湿機能も持ったしっとりするピーリングです。

グリコール酸は、市販の化粧品や、エステで使われることもありますが、濃度は3〜3.5%と規定されています。それを下回ると(より酸性に傾くと)劇物扱いになり、毒物・劇物取締法に抵触します(2016年通達)。

また、グリコール酸入りと書かれている洗顔料は、アルカリ性であることが多く、ピーリング効果はありません。

TCA(トリクロロ酢酸)ピーリング(通称ブルーピール)(15%~30%)

深さ:15% 表皮基底層まで

30%: 真皮乳頭層 まで

効能:ニキビ、シミ、シワ(30%ではタルミの改善にも)

ブルーピールと呼ばれていたのは、医師が「どこまで塗ったか分かるように」と色を付けたためです。

TCAピールで、皮膚は「腐食」します。10日間かさぶたになり、色素沈着は必ず起こります。ただ、1回の治療効果が長く続きます。最近では、顔全体に塗ることはせず、ニキビ跡の凹みに綿棒でピンポイントに塗っているクリニックが多いです。

PRX-T33(マッサージピール)(コラーゲンピール)(TCA33%)

深さ:真皮深層

効能:繊維芽細胞の活性化(=皮膚にコラーゲンを増やしハリを生む)毛穴、シワ、ニキビ跡

2016年イタリアのロザンナ先生により10年かけて開発されました。TCA33%に低濃度(0.15%)過酸化水素水が添加されています。フロスティングさせず(表皮を剥がさず)真皮深層まで届きます。このピーリングは角層を剥がす目的ではなく、真皮深層まで刺激なく到達させ、繊維芽細胞を活性化させます。コウジ酸が配合されていますが、美白目的ではなく、マッサージで塗り込むときにこすることで起こってしまう「炎症後色素沈着」を防ぐためです。

PRX-TS33を塗り込んで、皮膚がピンとしたら浸透の合図です。「ピン」の感触が見えたところでマッサージするのを中止します。TCAと過酸化水素が真皮に浸透するときに、水分が発生します。「ピン」とした感覚は「即効性」ではなく、浸透の合図だったのです。コラーゲンは施術から1〜3ヶ月かけて増えてきます。「ピン」「つやつや」は本来の効果ではありません。

パクり疑惑・・・同じくイタリアで「PQレボリューション」(モノクロロ酢酸、成長因子、コウジ酸)、同じくイタリアで、「ミラノリピール」(TCA35%、サリチル酸、ビタミンC、、アミノ酸、水酸化ナトリウム)が次々と発売されています。何だこの争いは?ボディ用をリリースしているのはミラノリピールで、TCA50%で手の甲、肘、膝の「年齢」を剥くことができます。ボディのミラノリピール、けっこう剥けます。

リバースピール

深さ:真皮深層

効能:肝斑、くすみ、繊維芽細胞の活性化(=皮膚にコラーゲンを増やしハリを生む)毛穴、シワ

肝斑向けに開発されたピーリング剤です。PRX-T33に、2剤、3剤を加えたものであり、PRX-T33を塗布したあと、表皮深層に高濃度乳酸(78%)、表皮にサリチル酸、グリコール酸を、重ねづけします。

ウーバーピール

深さ:表皮浅層

効能:毛穴、にきび、くすみ

ダーマペン専用に開発されたピーリング剤です。マンデル酸(25%)、乳酸(5%)、コウジ酸(2%)、ピルビン酸(2%)、レゾルシノール5%、ヒアルロン酸5%、アルブチン5%、銅ペプチド、ナイアシンアミド、とオールインワンに含有されています。

レチノールピール(=イエローピール)スペイン製

深さ: 真皮深層(ダーマペンで深さは変更可能)

効能:シワ、くすみ、ハリ、毛穴、美白、繊維芽細胞の活性化(=皮膚にコラーゲンを増やしハリを生む

レチノール誘導体(ナノカプセル化)(=ビタミンA)、亜鉛(→抗酸化から守る)。ゼオスキンもビタミンA製剤ですが、レチノールピールは剥けるのが1週間なので、ゼオスキンに挫折した方にはおすすめです。毎日塗るゼオスキンよりも効果はマイルドなので6回は剥きたいところです、このピーリングはビタミンA製剤ですが、痛み、赤みはほぼありません。また、クリニックでは塗布のみで、患者さんが4〜6時間後に家で洗っていただく必要があります。

エンドピール

深さ:筋肉、あるいは皮下

効能:たるみ

スイスのアランテネンバイム先生の開発です。ピールと書いてありますが、注射です。ピーナッツオイルとフェノールで作られていて、痔の治療薬と似ています・・・。(痔の治療薬はアーモンドオイルとフェノールで作られた薬剤です・・・痔の部分に注射して腐食させて消失させます)。顔に注射することで、タンパク質を凝固させ、繊維化を起こさせます。凝固は15分後から始まります。フェイスラインがすぐにキュッと上がります。

 

ここから下は、詳細が分かりませんが、記載のみしておきます。

ミルクピール(=パーティーピール)フランス製

乳酸、サリチル酸、グリコール酸の合剤です。ダウンタイムが少ないために、パーティー直前でもできる、と言われています。

ミックスピール 日本製(デルファーマ)

乳酸、グリコール酸、サリチル酸、の合計が55%です。ミルクピールに似ていますね。

 

「大切なのは、薬剤の種類ではなく深さである」と東京大学の吉村先生は言っておられましたが、今や、PRX-T33、レチノールピールなど、深さだけではなく、薬剤の違いによって効果も異なってきています。薬剤の種類で仕上がりも異なってきますので、ご自身に合ったピーリングが見つかることを祈ります♪

 

ピーリング石鹸って効くの?

みなさま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ピーリング石鹸って効くの?

ドラッグストアや、雑貨屋さんのコスメコーナーでよく見かけます。かなり売れ行きがよいようです。美容皮膚科で行うレベルでなくとも、家でピーリングが出来るとうれしいですよね。でも・・・・

 

残念ながら、ピーリング石鹸にはピーリング効果はありません。

下で解説していきます。

ピーリングとは

角質を薄く物理的に削り取るのが、「ダイヤモンドピール」や「クリスタルピール」です。ヘッドが皮膚を吸引しながら皮膚を削っていきます。

もう一つは「ケミカルピーリング」です。グリコール酸やサリチル酸、乳酸を用いて、角質をゆるめたり溶かしたりします。仕上がりはつるっとなるので、美容皮膚科で人気のメニューです。ニキビ、肌のざらつき、シミに効果があります。

クリニックでのピーリングとは

クリニックでは、サリチル酸だと濃度30%のものを使います。現在は「サリチル酸マクロゴール」が一般的です。一昔前の「サリチル酸エタノール」は痛み、赤み、炎症が強く出過ぎるのが問題点でした。また、サリチル酸マクロゴールを院内で作っているところもありますが「ケイセイ」社のサリチル酸マクロゴールが一番効果が高いので、そこのところ、チェックが必要です。

クリニックでは、グリコール酸の濃度は10〜50%、時には70%のものを使います。グリコール酸の効き目は濃度だけでなく、どの程度酸性か(pH値の小さい方が酸性、数値の大きい方がアルカリ性。7が中性です)によっても変わってきます。クリニックで使うグリコール酸だとpH1〜2程度です。かなり酸性でないと効果がありません。濃度とpHがポイントなんです。

市販のピーリング石鹸とは

サリチル酸の化粧品配合濃度の上限は、0.2%が上限です。クリニックでの30%とかなり差がありますね。

近くのドラッグストアでグリコール酸入りの石鹸を買ってきました。pH試験紙を使って調べてみました。リボンの端の色で判定します。緑がかっているので、pHは7〜8、ということが分かります。

中性から少しアルカリ性寄りですね。グリコール酸は3.6%以下でないと「劇物扱い」で配合できません。こちらもクリニックでの濃度とかなりの差があります。

 

市販のピーリング石鹸の「つるっ」と感は?

石鹸で顔を洗うと「ギシギシ」感があると思います。それは石鹸と水道水中のミネラルが反応した「石鹸カス」です。この「ギシギシ感」を取り除くために、主に、EDTA-2A、EDTA〜がつくもの、あるいはエチドロン酸が配合されています。すると「ギシギシ」せず「つるっ」と洗い上がるのです。決してピーリング成分のせいではないのです。

また、市販のピーリング石鹸に「グリコール酸濃度◎◎%」と書いていないことも、怪しい点です。グリコール酸のピーリングは濃度が大切なんですから・・・。

まとめ

市販のピーリング石鹸はの「つるっと」感は、決してピーリングされているからではありません。「泡を数分間顔に乗せて放置」なども無意味です。普通の石鹸以上の効果はありません。

 

誠実過ぎて濃度が濃くなりすぎたコスメはこちら

化粧品ジプシーと皮膚科医の責任

こんにちは。RITSUKOです。

化粧品って楽しいですよね。
私も一時期、塗り心地や香りを優先して、
いろんなコスメを渡り歩いていたことがありました。

若いときは、化粧品ジプシーをしていても、
お肌自体の力が強いので荒れたりすることもありませんでした。

顔に塗ってマッサージすると、消しゴムのカスみたいにポロポロ「何か」が取れるもの。(取れた気になるだけですが)

週に一回はスクラブしたり、ピーリング石鹸を使ったり。

何かお肌に手をかけてあげると、その分キレイになると思っていました。

でも、年齢を重ねると、すぐ肌が赤くなったり、
乾燥がなかなか治らなくなったり・・・😱

そのたびに、また次の化粧品へと渡り歩いていました。

今、思うと、綱渡り・・・😣

塗り心地や香りの良さで、一時的に癒されることはあっても、
お肌がそのことでどんどん美しくなることはありません。

消しゴムのカスみたいにポロポロ取れるのは、アカではなく、
化粧品の成分自体がそういうふうに設計されているだけ。
取れているのは、塗ったクリーム自体と大切な角質層です。

スクラブではお肌に小さな傷を増やしていくだけ。

ピーリング石鹸はピーリング成分(AHA)は入っていても、
石鹸自体がアルカリ性だとピーリングはできません。
(ピーリングは酸性でこそ、初めて効果を持つのです)

私は美容医療の学術本だけでなく、一般の美容本も目を通すようにしています。

すると・・・・。

「オイル流行の次は、ジェルが熱い!」という見出しが目に入り、ぬおぉぉぉ!と絶叫してしまいました。

なんでオイルの時代が終わるんだーーー!

コスメにはいろんな流行が次々訪れますが、
真実はひとつです。

化粧品成分は脂溶性のものがもっとも浸透性がよいのです。
水性の成分は浸透しにくいのです。

そこには「ジェルには美容成分を配合しやすい」と書いてありましたが、配合しやすいのと浸透しやすいのは別。

最先端と言われる美容の記事にもそんな間違ったことが書いてあります。

化粧品については、もっともっと皮膚科医が学び、
皮膚科医からの情報発信も必要だと思いました。

そのブランドの特長とその方のお肌が合っているのか。
皮膚科医は医療のプロではあっても、一般の化粧品を知らなさすぎます。

私にも知らないコスメがまだまだあります。
できるだけ多くのコスメを知って、
素晴らしい新製品はみなさんに広めたいし、
間違ったスキンケアにつながるものは止めて、美しい肌になってほしい。

これからも勉強を続けて、情報を発信していきますね👍

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

 

大人の美肌

大人の美肌とは何でしょうか❓

1.しっとりしていること❤
2.均一なツヤがあること。

ではないか、と思います。

若い人の肌は・・・

1.パンとしたハリがある。

これには負けますよねぇ・・・😔

しかし、

2.お肌の均一感は少ない人が多い。

若い人の肌は脂性に傾きがち。
そして、まちがった流行のスキンケアで肌バランスを崩しがちです。

そこで❗

大人の美肌作りの秘訣とは・・・

家庭では・・・

1.スキンケアのときには、絶対こすらない❗
洗いすぎない❗
2.マッサージをしない❗
3.美顔器を使うから
きれいになるのではなく、
美顔器(導入用)を使うときの
「薬剤(=成分)」が重要である。

クリニックでは・・・

4.いきつけの美容皮膚科クリニックを持ち、
自分の肌に必要なものを見極めてもらう。

比較的安価で効果を感じる美肌医療として、
サリチル酸マクロゴールピーリングをおすすめします❤

ダウンタイムがないのでいつでも行えるのもうれしいところ。
続けているうちに、くすみがとれ、肌質が均一になります。
化粧乗りのよい、しっとりもちもち肌になれますよ㊗

RITSUKOは、
サリチル酸マクロゴールピーリングを
かれこれ5年続けています。

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

肝斑のお手入れ

みなさん、肝斑についてはお悩みのようです😔

肝斑を治すには医療の力が必要です。
単なる「美白スキンケア」では、残念ながら治りません。

まず、トラネキサム酸の内服。
そして、トラネキサム酸の塗り薬。

上の二つは基本です👂

トラネキサム酸での治療を軸に、ケミカルピーリングを加える。

これもかなり有効ですが、
化粧品に入っている「AHA」「グリコール酸」レベルではダメのようです。
なぜなら、一般化粧品のAHAは「濃度は低くPhは高い」から。
化粧品というものはマイルドに作ってあるものなので、
市販レベルで何の刺激もなく使える「ピーリング系」のコスメは、
まったく役不足と言えるでしょう😥

病院でやってもらえる、サリチル酸マクロゴールのピーリングがベストです🏣
(赤くもならないし、肌のハガレもほとんどありませんから)

しかし。

病院に通うだけでは肝斑は治りません。

スキンケアがまちがっていれば、月に1回病院で治療しても、
残りの29日間が足を引っ張ってしまいます。

おうちでのお手入れ・・・・

洗顔も化粧品でのお手入れも、やさしく、ふわふわと。

絶対にこすったり、パッティングしたり、
コットンを使ったり、マッサージしたり、
エステに通ったりしてはいけません!!
オイルクレンジングも厳禁です!!💨

ミルク系かジェル系のやさしいクレンジング剤でなでるように化粧を落とし、
弱酸性の泡で出る洗顔料で、これまたなでるように洗顔。

少々の汚れは残っていてもいい!!
ぐらいのやさしさで洗ってください。

(だいたい、肝斑の人は汚れを落とそうとしてこすりすぎるために、
どんどん肝斑を悪化させていることが多いのです)

化粧水は弱酸性。
手のひらを押し当てるようにそうっと化粧水をつけます。
その後のクリーム類も「塗り込ん」ではいけません!
ふわーっとなでればOK👍

お手入れは、やりすぎてはダメ!です。
お肌を触りすぎては肝斑は治りませんよ。

ちなみに、トランシーノは本当に効きますから、
トランシーノが効かないと思っている人は、お手入れ方法を「やさしくふんわりそーっとそーっと」
に変更してみてくださいね👏

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

にきびの原因4つ

にきびの原因は、皮膚に3つ、体内に1つあります😔😔

にきびは必ず毛穴にできます。

1 皮膚にある角質
にきび肌の方は「異常角化」と言って、角質が毛穴をふさぐような性質のお肌です。
この不要な角質を取り去り、毛穴をきちんと開けてあげることが大切です。
(もちろん、必要な角質まで取り去ってはだめですよ)

2 皮脂腺
にきび肌では、異常角化により毛穴がふさがれているので、
皮脂はたまっていく一方なのです。

3 アクネ菌
アクネ菌の好物は「油」です。
たまりにたまった皮脂腺、大好物です。
それと、アクネ菌には「嫌気性」という性質があり、空気を嫌います。
異常角化で毛穴がふさがれていると、空気に触れない環境となり、アクネ菌大喜び!

4 男性ホルモン

これが体の内側にある、にきびの原因です。
女性も男性ホルモンを持っています。
特に月経前ではホルモンバランスが狂いやすく、
男性ホルモン優位となって「生理前にきび」ができるのです

皮膚科で行うケミカルピーリングでは、
上記3つの「皮膚にある原因」が取り除けます。
異常角化を取り去り、皮脂を除去し、アクネ菌を殺菌できます⭕️

男性ホルモンを抑制するには、低容量ピルの一種が効果的です⭕️

また、睡眠不足、暴飲暴食🍺、人間関係のストレス😭などは、
交感神経優位となり、男性ホルモンの分泌を促します。
リラックスした生活が重要なことがわかります⭕️

 

→女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

洗顔方法まちがいさがし(その4)

「スクラブ」「ゴマージュ」は?👀

患者さんが私のクリニックで施術を受ける前には、
3枚もの問診票を書かされます(笑)😅。
その多さを見て、帰ろうとする人もおられるくらい・・・(涙)

その中に「3日以内にスクラブ洗顔・ゴマージュをしましたか?」
という質問があります。
そこに○を付けた患者さんは施術を受けてもらえません😖

なぜかというと、
お肌に細かな傷ができている可能性があるからです。

そういうお肌にピーリング薬剤を塗布すると
深く入りすぎてしまい、
美肌になるどころか逆効果になってしまうことがあるからです。

「汚れを物理的にはぎ取る」
「スクラブやゴマージュをやったあとはツルツルになれる」
「おうちでエステ気分」という感覚で、

まだまだ人気のスクラブ・ゴマージュですが、
お肌に微細な傷をつけることになりますから私は反対です 👿👿

クリニックでも、「故意に肌を傷つける施術」があります。
また機会があればご紹介したいのですが、
メソローラーといって、
細かな針のついたローラーを転がして肌に穴を開けたり、
フラクショナル・レーザーで穴を開けたり・・・。

しかし、それらは医学的な処置であり、
清潔に肌を消毒した上、
傷の範囲はコントロールされ、
なおかつ傷の深さが一定です🏥

お願いですから、
ご家庭のスキンケアでお肌をいじめないでください‼️

私は美容皮膚科専門の医師として
ずっと患者さんの肌を見るうちに、
ついに肌の声が聞こえるようなりました。
クリニックでは毎日、
「ぎゃー」「びぇぇぇぇ」と肌の絶叫が途絶えることがありません‼️

「それは先生、幻聴や」と横でナースにつっこまれました、がーん)

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ