【肌悩み】40代【まずはシミ】

みなさま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【肌悩み】40代【まずはシミ】

40代肌悩みを各項目ごとに知恵を絞って回答します。

シミ、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワ。

実際、患者さんからもこの順番でのご相談が多いです。今日はお悩みナンバーワンの「シミ」について、です。

美容クリニックでしか対応できないシミもありますが、なるべくホームケアで戦えるよう、回答をご用意しました。

まずはシミの見分け方、対処策から見ていきましょう。(たるみ編など、続編書きます)

シミを見極める。

そばかす:幼少時に出現し、家族にもそばかすの人がいる場合が多いです。薄茶色で黄色っぽい、極小さな色素斑です。鼻を横断していることが多いです。色白さんでキメは細かく、乾燥肌になりやすいです。

 

 

肝斑:顔の両側にほぼ同じ形で現れます。肝斑は「はっきりここだ!」と分からず、周囲との境界が不明瞭です。「くりっ」としたシミではなく、うすぼんやりくすんで見えるのが肝斑の特徴。肝斑は、額の中央、フェイスライン、下まぶたに出来ることはほとんどありません。軽度な方は眼の周囲に三日月型で現れます。重度の方は額の外側、鼻下、頬上半分にできることもあります。軽症でも重症でも、下まぶたには絶対できないので(言い切った!)下まぶたと境界線があることを確かめてください。

 

 

 

日光性色素斑:「くりっ」とした形でできるシミです。大きさ、形はさまざま。

 

 

ADM:同じ大きさのつぶつぶした色素斑です。そばかす(黄色っぽい)とは違って、紫っぽい、黒っぽい色をしています。下まぶたにも現れます。

 

それぞれのシミの対処法

そばかすまず日光を徹底的に避けること。そして、薬局でハイチオールCを購入しましょう。ハイチオールCは6週間後から効果が出てくるので、途中であきらめないで飲み続けましょう!全部一発で消したいなら美容クリニックで「フォトフェイシャル」を照射するといいでしょう。フォトフェイシャルの後もハイチオールC内服を忘れずに。フォトフェイシャルを照射しても再発は多いです・・・。

 

肝斑:まずお手入れの見直しが一番です。コットン使用、パッティング、スクラブ、ゴマージュ、シートパック、マッサージ、コロコロ美顔ローラー、すべて肝斑(というかすべての女性)には厳禁です。肝斑が発症している皮膚は「ふわー」っと触ること。強いお手入れをすればするほど悪化します。そして薬局でトランシーノ(トラネキサム酸)を買いましょう。2ヶ月で効果が現れるので、止めずに飲み続けましょう(飲んだり飲まなかったり、とか、昼の分飲み忘れた、とかはダメですよ)。早く消したいのであれば、クリニックで、サリチル酸マクロゴールピーリングか、レーザートーニングを受けてもよいでしょう(レーザートーニングは最初こまめに受けなければいけないこと、値段が高いことが欠点です)。再発しやすいのでトランシーノを飲みましょう。

 

日光性色素斑:これはレーザー!レーザー照射して1週間後にはかさぶたが剥がれてピンクの肌が。レーザー照射したら徹底的に日光を避けること。レーザー照射部はやさしく扱うこと。照射ついでにハイドロキノンという美白の塗り薬を購入してもよいでしょう。照射部にハイドロキノンを塗ってあげてください。

 

ADM:これもレーザー一択!表皮のシミではなく、真皮に色素斑があるので、角質の上から何を塗っても効きません。表皮ではなく真皮を狙って、レーザー照射してもらいましょう。3〜6ヶ月おきに計3回程度照射します。再発はありません!

 

そして、上に書いたシミが複合して現れていることも。肝斑+ADMなど。肝斑+日光性色素斑など。そういう場合は、仕方が無い・・・美容クリニックで対処してもらいましょう。

 

今日は、シミの見極め方、対処法についてまとめました。クリニックでしかできない対処法も記載してすみません。だって、ADMに○シミン塗っても効かないもん・・・・。

 

次回からは、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワについてまとめていきます。

 

シミにおすすめ!ハイドロキノンは皮膚科で買う!

こんにちは、RITSUKOです。

今日の話題は、、、

シミにおすすめハイドロキノンは皮膚科で買う!

です。

ハイドロキノンって?

まずはハイドロキノンの簡単な説明から😄👍

ハイドロキノンは、皮膚の中で「メラニンを作る道を断つ」働きを持っています。

(超簡単になってしまった・・・)

メラニンを作ることが出来なくなる=美白になる、という流れです。ターンオーバーで皮膚は剥がれていくのでハイドロキノンを使っていれば「メラニンのない皮膚が上に上がってくる」という訳です。

ハイドロキノンの市販品と皮膚科処方との違いは?

2001年に規制緩和されて、ハイドロキノンも市販で買えるようになりました。しかし、市販のハイドロキノンの配合は2%までと決まっています。一方で皮膚科での処方は4〜5%が一般的でしょう。(アメリカでは10%ぐらいの超高濃度のものが一般に売られていたこともありましたが、今は4%以上は医薬品となっています)

やはりシミに効かせたいのであれば、4〜5%のハイドロキノンをゲットしたいところです。市販品は何パーセントか記載のないものも多いので、効く薬剤である以上、パーセンテージもはっきりしている方がいいと考えます。

美白剤としてはトップクラス(市販の美白薬の100倍以上と言われています)なので、肌に刺激を起こすこともあります。真面目な皮膚科、美容皮膚科では、まずパッチテストを行います。腕の内側に塗って赤くならないかをテストします。肌色のままなら、処方OK!赤くなれば、ハイドロキノンが向いていない皮膚なので、トラネキサム酸のクリームなどに進路変更しましょう。

ハイドロキノンを効果的に使うコツは?

うすーくうすーく塗ること。部分使いならば、1cm大のシミなら爪楊枝の先くらいの量で充分です。塗りすぎたり、「盛ったり」すると赤くなって、皮膚を刺激してしまうことになります。すると美白剤として効かせるどころか、皮膚炎を起こすだけになってしまいます。

市販品の中では(特にネット通販系)ハイドロキノンかぶれ(赤くなる)を「好転反応です」とか言って、塗り続けるようにすすめるところもありますが、単にかぶれているだけなので塗るのをストップしましょう。

ハイドロキノンの注意点は?

皮膚科、美容皮膚科で処方してもらうハイドロキノンは防腐剤が入っていないものが多いです。なので、、、

☝️冷蔵保存。

☝️3ヶ月で使い切る。

それと、、

☝️日焼け止めを併用する。

日焼けでメラニンができるのは、皮膚を守るため。ハイドロキノンでメラニンを作らせないようにしているので、日焼け止めできっちり皮膚を守ってあげる必要があります。

ハイドロキノンの買い方は?

近所の美容皮膚科に「ハイドロキノンを買いたいのですが」と電話してみましょう。診察で皮膚の様子を見てもらってハイドロキノンが向いているか診てもらい、大丈夫なら処方されます。市販品なら「ほいっ」と買えるのでラクですが、大切な自分の肌。一度は美容皮膚科に行ってみましょう。最初は緊張しますが、ふつうのクリニックと同じです。リラックス!

 

→顔全体の美白には、世界初の仕組みをもった、やさしいビタミンCのこちらをどうぞ♪