【自然を壊す】スクラブ洗顔料

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【自然を壊す】スクラブ洗顔料

プラスチック製品が海を汚染するということが一般にも知られるようになりました。日本では最近、レジ袋からマイバッグへ移行するようになりましたね。

プラスチック、と聞けば、レジ袋やペットボトルが思いつきます。これらが破砕され、小さなプラスチック「マイクロプラスチック」(マイクロビーズとも呼ばれます)へと砕けていきます。

 

実はスクラブの小さな「つぶつぶ」もプラスチックであることが多いのです。

この「つぶつぶ」は「マイクロプラスチック」でできており、レジ袋やペットボトルより「困りもの」なんです。

マイクロプラスチックは特に悪者?

洗顔料などに含まれている直径5mm以下の「極小プラスチック」は排水処理施設では小さすぎるため処理できず、そのまま海へ流れ込んでしまうのです。

マイクロプラスチックは海でどうなるの?

マイクロプラスチックは化学的に汚染物質を吸収する性質があります。それを摂取した魚に汚染が濃縮され、結局はその魚を摂取する鳥、そして私たち人間にも食物連鎖で汚染が及ぶのです。

アメリカでは2015年に「マイクロビーズ除去海域法」が成立しています。日本は対応が遅れており、企業に「自主的な対応」を要請しているレベルです。

マイクロプラスチック、各メーカーの取り組み

さすが、大手化粧品会社の対応は早い!

コーセー 2014年にマイクロビーズを廃止。

花王 2016年に廃止。

マンダム 2017年に廃止。

資生堂 2018年に廃止。

ポーラ 2018年に廃止。

スクラブ、やめよう。

日本ではマイクロプラスチックに関しては「自主的な対応」を求めているだけなので、もしかするとまだ配合している会社も存在している可能性があります。

スクラブ、ゴマージュ自体、肌を傷つけるので、私は「スクラブ反対派」。その上、海洋汚染を促進してしまうなら、スクラブのいいところ、ってないです。マイクロプラスチックを廃止したメーカーでは「自然に分解される安全なマイクロビーズ」を開発して「スクラブ」自体は継続して売られていますが、もう要らんやん、スクラブ、ゴマージュ!

顔に刺激を与えないこと。

美肌への近道は「顔に何もしないこと」です。火傷に触るようなイメージで肌には「そっ」と触れてくださいね。火傷の肌にスクラブなんてありえませんよー。マッサージすること、コットン使用なども、火傷の肌には使いませんよね。そう「火傷」のイメージで肌に触りましょう。

 

化粧品ジプシーと皮膚科医の責任

こんにちは。RITSUKOです。

化粧品って楽しいですよね。
私も一時期、塗り心地や香りを優先して、
いろんなコスメを渡り歩いていたことがありました。

若いときは、化粧品ジプシーをしていても、
お肌自体の力が強いので荒れたりすることもありませんでした。

顔に塗ってマッサージすると、消しゴムのカスみたいにポロポロ「何か」が取れるもの。(取れた気になるだけですが)

週に一回はスクラブしたり、ピーリング石鹸を使ったり。

何かお肌に手をかけてあげると、その分キレイになると思っていました。

でも、年齢を重ねると、すぐ肌が赤くなったり、
乾燥がなかなか治らなくなったり・・・😱

そのたびに、また次の化粧品へと渡り歩いていました。

今、思うと、綱渡り・・・😣

塗り心地や香りの良さで、一時的に癒されることはあっても、
お肌がそのことでどんどん美しくなることはありません。

消しゴムのカスみたいにポロポロ取れるのは、アカではなく、
化粧品の成分自体がそういうふうに設計されているだけ。
取れているのは、塗ったクリーム自体と大切な角質層です。

スクラブではお肌に小さな傷を増やしていくだけ。

ピーリング石鹸はピーリング成分(AHA)は入っていても、
石鹸自体がアルカリ性だとピーリングはできません。
(ピーリングは酸性でこそ、初めて効果を持つのです)

私は美容医療の学術本だけでなく、一般の美容本も目を通すようにしています。

すると・・・・。

「オイル流行の次は、ジェルが熱い!」という見出しが目に入り、ぬおぉぉぉ!と絶叫してしまいました。

なんでオイルの時代が終わるんだーーー!

コスメにはいろんな流行が次々訪れますが、
真実はひとつです。

化粧品成分は脂溶性のものがもっとも浸透性がよいのです。
水性の成分は浸透しにくいのです。

そこには「ジェルには美容成分を配合しやすい」と書いてありましたが、配合しやすいのと浸透しやすいのは別。

最先端と言われる美容の記事にもそんな間違ったことが書いてあります。

化粧品については、もっともっと皮膚科医が学び、
皮膚科医からの情報発信も必要だと思いました。

そのブランドの特長とその方のお肌が合っているのか。
皮膚科医は医療のプロではあっても、一般の化粧品を知らなさすぎます。

私にも知らないコスメがまだまだあります。
できるだけ多くのコスメを知って、
素晴らしい新製品はみなさんに広めたいし、
間違ったスキンケアにつながるものは止めて、美しい肌になってほしい。

これからも勉強を続けて、情報を発信していきますね👍

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

 

肌断食・・・

こんにちは。

肌断食という言葉に遭遇して調べてみました・・・。

結論は・・・
そんなことしなくていいです。

肌断食としてよく見るのはこんな方法かしら。

1.洗顔剤を使わずぬるま湯だけで洗顔。
2.そのあと何も塗らない。(乾燥するときはワセリンだけ塗る)

3.最低30日間くらい続ける。あるいはずっと続ける。

上の方法は、正しいときもあります。

皮膚が何かにアレルギーを起こしているときとか、
美容医療の治療(ピーリングとかレーザーとか)をしたあとには正しいと思います。

要するに「刺激を与えるな」ってことですからね。

でも、普段は皮膚が傷むようなケアをしておいて、
1ヶ月間肌断食でリセット、という考え方は間違っているような気がします。

寝ている間に、皮膚は自分で良質な皮脂を分泌します。
朝ぬるま湯だけで洗顔すると、その皮脂を落としすぎないことになるので、皮膚は潤うんです。

肌断食で皮膚がきれいになった、という人は、
肌断食をするのが向いてるのではなくて、
皮脂を落としすぎずに潤いの膜を保てたからだと思います。

赤味が出ていたり、ニキビがある人で、
「肌断食をしたら皮膚が治ったよー」という人は、
肌断食をしたあと、いつものスキンケアをひとつずつ変えていきましょう。
何を塗ったら赤くなるのか、何をしたらニキビができるのか。
ファンデを使うとニキビができるなら、ファンデを変えてみたり、
洗顔すれば赤くなるなら、もっとやさしい洗顔剤をさがしたり。

原因を解明しないで肌断食を繰り返しても、長期的にみると、皮膚はどんどん傷んでいってしまいますよ。



何も塗らないのが正しいのではなくて、
「顔にあまりさわらない」というのが正しいだけ。

一般的に日本女性のスキンケアは激しすぎるのです。
クレンジングのあとダブル洗顔。
あるいはスクラブ、ゴマージュ、自宅ピーリング、マッサージ。
タオル蒸し。冷水パッティング、コットンパッティング。
自分の手のひらでパッティング。美容ローラーでぐりぐり。

化粧品は手触りや香りもうっとりするものが多いし、
瓶などのデザインもかわいいし、
いろんな美容法がテレビなどで紹介されるし、
エンターテインメントのひとつになっていますよね。

でもそれに参加しすぎて、お肌が悲鳴を上げていませんか?

顔の皮膚にはあまりさわらず、
汚れを必死に落とさず、適当に洗顔し、
必要な成分を与える。
これだけで皮膚はきれいになります。

なので、肌断食みたいに、全く何も塗らない(たまにワセリン)といったオーバーなことを行うのはあまり意味がありません。老化で失われていく成分は正しく肌に補いましょう。

いろんな美容法に手を出した方ほど、
「きれいな皮膚になりたいのですが・・・」と言って、
美容皮膚科に駆け込んでこられます。

みなさんおちついて、冷静に。

規則正しい食事と同じと考えましょう。

家では、栄養のある食材をまんべんなく摂取し、
たまにレストランで豪勢なお料理をいただくのと同じように、
家では、正しい洗顔とお肌に合う化粧品を毎日塗り、
たまに、美容皮膚科で(エステじゃないですよ)ケアしてもらう

これでオールOKです。

30代に突入した方には、朝はぬるま湯だけの洗顔をおすすめします。

美容ローラーでぐりぐり、からも早く撤退したほうがキレイになれますよー。👂

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

肝斑のお手入れ

みなさん、肝斑についてはお悩みのようです😔

肝斑を治すには医療の力が必要です。
単なる「美白スキンケア」では、残念ながら治りません。

まず、トラネキサム酸の内服。
そして、トラネキサム酸の塗り薬。

上の二つは基本です👂

トラネキサム酸での治療を軸に、ケミカルピーリングを加える。

これもかなり有効ですが、
化粧品に入っている「AHA」「グリコール酸」レベルではダメのようです。
なぜなら、一般化粧品のAHAは「濃度は低くPhは高い」から。
化粧品というものはマイルドに作ってあるものなので、
市販レベルで何の刺激もなく使える「ピーリング系」のコスメは、
まったく役不足と言えるでしょう😥

病院でやってもらえる、サリチル酸マクロゴールのピーリングがベストです🏣
(赤くもならないし、肌のハガレもほとんどありませんから)

しかし。

病院に通うだけでは肝斑は治りません。

スキンケアがまちがっていれば、月に1回病院で治療しても、
残りの29日間が足を引っ張ってしまいます。

おうちでのお手入れ・・・・

洗顔も化粧品でのお手入れも、やさしく、ふわふわと。

絶対にこすったり、パッティングしたり、
コットンを使ったり、マッサージしたり、
エステに通ったりしてはいけません!!
オイルクレンジングも厳禁です!!💨

ミルク系かジェル系のやさしいクレンジング剤でなでるように化粧を落とし、
弱酸性の泡で出る洗顔料で、これまたなでるように洗顔。

少々の汚れは残っていてもいい!!
ぐらいのやさしさで洗ってください。

(だいたい、肝斑の人は汚れを落とそうとしてこすりすぎるために、
どんどん肝斑を悪化させていることが多いのです)

化粧水は弱酸性。
手のひらを押し当てるようにそうっと化粧水をつけます。
その後のクリーム類も「塗り込ん」ではいけません!
ふわーっとなでればOK👍

お手入れは、やりすぎてはダメ!です。
お肌を触りすぎては肝斑は治りませんよ。

ちなみに、トランシーノは本当に効きますから、
トランシーノが効かないと思っている人は、お手入れ方法を「やさしくふんわりそーっとそーっと」
に変更してみてくださいね👏

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

洗顔方法まちがいさがし(その4)

「スクラブ」「ゴマージュ」は?👀

患者さんが私のクリニックで施術を受ける前には、
3枚もの問診票を書かされます(笑)😅。
その多さを見て、帰ろうとする人もおられるくらい・・・(涙)

その中に「3日以内にスクラブ洗顔・ゴマージュをしましたか?」
という質問があります。
そこに○を付けた患者さんは施術を受けてもらえません😖

なぜかというと、
お肌に細かな傷ができている可能性があるからです。

そういうお肌にピーリング薬剤を塗布すると
深く入りすぎてしまい、
美肌になるどころか逆効果になってしまうことがあるからです。

「汚れを物理的にはぎ取る」
「スクラブやゴマージュをやったあとはツルツルになれる」
「おうちでエステ気分」という感覚で、

まだまだ人気のスクラブ・ゴマージュですが、
お肌に微細な傷をつけることになりますから私は反対です 👿👿

クリニックでも、「故意に肌を傷つける施術」があります。
また機会があればご紹介したいのですが、
メソローラーといって、
細かな針のついたローラーを転がして肌に穴を開けたり、
フラクショナル・レーザーで穴を開けたり・・・。

しかし、それらは医学的な処置であり、
清潔に肌を消毒した上、
傷の範囲はコントロールされ、
なおかつ傷の深さが一定です🏥

お願いですから、
ご家庭のスキンケアでお肌をいじめないでください‼️

私は美容皮膚科専門の医師として
ずっと患者さんの肌を見るうちに、
ついに肌の声が聞こえるようなりました。
クリニックでは毎日、
「ぎゃー」「びぇぇぇぇ」と肌の絶叫が途絶えることがありません‼️

「それは先生、幻聴や」と横でナースにつっこまれました、がーん)

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ