【美肌菌】を育てよう!

みなさん、こんにちは。

今日の話題は、、、、

【美肌菌を育てよう!】

皮膚上に住んでいる「美肌菌」は1000種類もあり、1cm2あたり100万個以上の菌が住んでいると言われています。

その中でも、重要な菌をピックアップして解説していきたいと思います。

美肌を作る菌のバランス

皮膚上には「美肌菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があり、3種類がバランスを保って存在しています。このバランスが整った状態が「美肌」であり、「悪玉菌」や「日和見菌」を全部なくしてしまえばいい、というものではないんです。

それぞれの菌の働きを解説

美肌菌:表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は皮脂を食べてくれます。その時に皮脂をグリセリンと脂肪酸に分解します。グリセリンは肌にうるおいを与え、脂肪酸は肌のpHを弱酸性にしてくれる上、抗菌ペプチドとして働きます。美肌菌が多いと赤みが少なく水分量の高い皮膚になります。

悪玉菌:黄色ブドウ球菌

ブドウ球菌は、数が少ないと悪影響はそこまでありません。ブドウ球菌は傷を化膿させ肌を乾燥させる菌です。肌本来の弱酸性の状態を変化させ、弱アルカリ性の環境を作ります。

日和見菌:アクネ菌

アクネ菌は、肌が健康だと美肌菌を応援し、肌のバランスが崩れると悪玉菌の働きをします。ストレスで皮脂が増えるとアクネ菌のリパーゼ(酵素)が皮脂を分解し、遊離脂肪酸を分泌します。遊離脂肪酸は肌を刺激しニキビを発生させます。

上の3つの菌のバランスが取れている状態が美肌なのです。

美肌菌を増やすには

1.乾燥を止める:表皮ブドウ球菌はうるおいのある環境下で成長します。もっとも改めなくてはいけないのは「洗いすぎ」です。

東京女子医大の出来尾医師によると、「日々のスキンケアは、朝は水洗顔、夜のみ洗顔がベスト。実際、3日間、水洗顔した人の肌を調べたところ美肌菌が増えていた」とのことです。

水洗顔だと、肌表面についた汚れ、垢、汗は落ちても常在菌はほとんど残ります。皮膚の水分を守るバリア機能も壊れません。美肌菌も悪玉菌ものこるけれど、バランスが崩れていないので、肌の調子は狂わないのです。

洗顔剤を使用すると、界面活性剤が肌の常在菌をきれいに洗い流してしまいます。朝に洗顔料を使ったあと、夜に再度洗顔すると、せっかく復活した美肌菌がまた洗い流されてしまいます。一度流された菌が素に戻るには12時間かかると言われています。

2.日焼け止めを使う:外部からの刺激を減らすことが重要です。

3.ストレスを溜めない:睡眠不足などで肌の新陳代謝が乱れると、肌の常在菌のバランスが崩れ、肌荒れを起こします。特にストレスで皮脂が増えるとアクネ菌が暴れ出します。

美肌菌を育てるのに一番大切なのは「洗いすぎないこと!」。

朝は水かぬるま湯で洗顔し(ニキビの方は油っぽいところだけアミノ酸系の洗浄料を使ってみてください)、夜1度だけ洗顔剤(あるいはW洗顔のいらないクレンジング)を使いましょう。

あなたの肌に「赤みがあってカサカサしていれば」それは、美肌菌の少ない証拠です。洗いすぎをやめて美肌菌に復活してもらいましょう!

 

 

弱酸性ですっごく潤う化粧水はこちらです。美肌菌を育てちゃおう!

女性ホルモンと皮膚の関係

こんにちは。RITSUKOです。

今日は、、、

女性ホルモンと皮膚の関係について

1ヶ月を通してお肌は安定していますか?

私は今ちょうど口周りが肌荒れしています…😭

なんか、ゴワゴワしている、、、なんか乾燥している、、、なんかくすんでいる、、、

こういうときにスクラブしたりゴマージュしたり、焦って治そうとしてはいけません!

女性ホルモンと皮膚は深く関係しています。

一ヶ月の中で、皮膚はいろんな揺らぎ方をします。

それは、2種類の女性ホルモンによるものです。

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンがあります。

エストロゲンが増える時期(月経の終わり頃から排卵期まで)の皮膚の状態は?

エストロゲンは繊維芽細胞に作用して、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの水分保持にかかわる物質を増やしてくれます。皮膚の厚みを増しうるおいを保持するのです。

一方、色素については濃くなる方へ働きかけます。妊娠中はエストロゲン分泌が盛んなので、乳輪や脇が黒ずんできます。シミを作りやすくなり、肝斑が出現したり、悪化します。

エストロゲン期では皮膚は潤っても、メラニンは増える・・・。

プロゲステロンの多い時期(排卵日から月経が始まるまで)までの皮膚の状態は?

プロゲステロンは月経前に多く分泌されます。プロゲステロンは皮脂腺に働きかけ、皮脂の分泌を促します。すると皮脂の分泌が亢進し、毛穴に詰まりやすくなるためニキビが悪化します。

メラニン産生はいったんおさまるので、肝斑などはこの時期にいったん薄く感じる人が多いようです。

プロゲステロン期に、ニキビは増えて、メラニンは多少薄くなる。

 

では月経中はどうなるかと言うと、じんましん、湿疹、赤味、が出やすくなるのです。月経疹と呼ばれたりしています。

女性ホルモンで、皮膚はかなり揺らぐんですね;;

女性ホルモンの揺らぎに対応しよう。

エストロゲン時期・・・

徹底した美白対策!日焼けしないように特に気をつけましょう。シミが濃くなった!と思ってゴマージュしたりしてもシミは消えません。逆に、ゴマージュの刺激で皮膚が傷み、紫外線の影響を受けメラニンが増えてしまいます。肝斑のある方はトラネキサム酸の内服を始めましょう。トラネキサム酸の内服は、エストロゲン期だけでなく、毎日3ヶ月くらい飲み続ける必要があります。

プロゲステロン時期・・・

皮脂対策時期!ビタミンCの多く入った化粧水がベストです。こちらも焦ってスクラブ、ゴマージュに走るのは避けましょう。また、美容皮膚科でピーリングしている方は、この時期に合わせるといいでしょう。

女性ホルモンで揺らぐ肌・・・。うまく乗り切っていきましょう。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

化粧品ジプシーをやめよう

皆さま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

化粧品ジプシーをやめよう。

アイシャドウなどの色物ではなくて、基礎化粧品のお話です。

次々に化粧品を変えることを「化粧品ジプシー」と呼びます。

化粧品にはエンターテイメントの一面もあり、CMで見たり、雑誌で新製品の特集などを読んだりするとワクワクしますよね。新しい商品が出たらつい買っちゃったりするのも分かります。基礎化粧品で今の流行りは「ヒト幹細胞」系でしょうか。ついこの前は「EGF」、一昔前なら「カタツムリエキス配合」とか。「フラーレン」という成分も一時話題になりました。

スキンケアのジプシーを続けると・・・

今の肌の調子が良いなら、他の化粧品に乗り換える必要はありません。自分に「合っている」という化粧品に出会えたら、そのまま使い続けましょう。浮気はダメですよ。新製品が出ても我慢。自分に合っている化粧品がすでに判明しているのだから…。新しい化粧品に変える必要はありません。ジプシーを続けるとせっかく安定している肌を揺らがせてしまうことになります。

選ぶべき基礎化粧品とは・・・

「自分に合った保湿力」の、化粧水とクリームです。

いろんな機能はまず横に置いて、「保湿」に的を絞って選びましょう。

朝塗って、夜までカサつかないこと。夜塗って朝まで保湿できていることより、過酷な状況(メイクしたり、冷房、暖房、外気など)を耐え抜く保湿力が大事です。クリームが朝に少しべたつくようならティッシュオフしてOK。

そこへ、オプションとして、美白美容液やシワ改善クリームを足せばよいと考えます。(オプションジプシーならOKですね。オプションとは言え、肌荒れしないか慎重にチェックしてください。)

 

あくまで基本は「保湿」。いったん見つかった「保湿シリーズ」に飽きてはいけません。

 

自分に合う保湿力化粧品を探すときにストップしてほしいことがあります。それは、コットン使用、スクラブ、ゴマージュ、マッサージ(コロコロマッサージ棒も含む)、酵素洗顔(粉タイプの洗顔料)、シートパックなどです。これらをしていると、延々と保湿をしても肌力が無くなっていく一方なので、自分に合った保湿剤探しができなくなります。これも読んでみてください♪

大切なのは継続すること

保湿クリームは少しべたつくくらいがベストです。必ず、朝塗って夜まで乾燥しないものを選ぶこと。肌に合う化粧水、クリームが見つかったら使い続けましょう。継続した安定保湿が美肌の基本です。

 

→美肌道ベーシック、もっちりします♪

肝斑って消えるの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

肝斑って消えるの?肝斑って何?

肝斑とは?

.肝斑とは女性ホルモンが活発なときにできる、うっすらしたシミのことを言います。両目の目尻付近に三日月型に出る方や、頬全体に出る方もおられます。「点々」「ポツポツ」「形が丸い」のは肝斑ではありません。日光性のシミでることが多いです。

.その他、慢性炎症(激しいお手入れ)でも肝斑様のシミができます。

多くの方は、上に書いた2種類(女性ホルモンによるもの、慢性炎症によるもの)を合併しておられます。

肝斑って自分で治せるの?

正しいお手入れで1年間、肝斑をかなり薄くできます。

お手入れの効果が出るのを急ぐ方が多いようです。

ゴマージュやスクラブ、酵素洗顔など、お手入れを行ってすぐに「つるつる」「さらさら」なお肌を手に入れたいと思って折られる方、手を挙げて🖐

皮膚のターンオーバーは4週間。何かお手入れを変えてプラスの効果が出てくるのに、最低4週間かかります。

即効性のあるお手入れは、お肌を傷めることが多いと思ってください。

トランシーノ+火傷ケアで、肝斑はかなり消えるんですよ。

トラネキサム酸の市販薬「トランシーノ」を薬局で買って、必ず1年間続けましょう。(高脂血症、ヘビースモーカー、女性ホルモン薬内服中の方は服用できません・・・)サボったらダメ‼️絶対‼️

火傷ケアはRITSUKOがいつも患者さんに言うのですが、「肝斑を火傷だと思ってお手入れしてね」という技です。

1.火傷にはスクラブしない。

2.火傷をコットンでパッティングしない。

3.火傷には酵素洗顔はしない。

4.火傷にはマッサージしない。

5.火傷には美顔器を当てない。

6.火傷には・・・・

次々と思い浮かびますね。

肝斑は、傷ついている、傷つきやすい場所なので、一切の刺激を避けましょう。火傷だと思って「びくびく」とお手入れしていると3ヶ月でかなり薄くなるのを実感していただけると思います。

そして1年経つと全体的にワントーン上がり、肝斑と正常皮膚との境目も分からなくなっていると思います。そこでトランシーノを内服する量を減らしたり、と今後の対策を考えましょう。

正しいお手入れを続けて居ると、1年後には肝斑はかなり薄くなります。

 

多くの方は、肝斑が薄くなっても、日光性のシミやADMというアザが今度は気になってきます。複数の種類のシミを持っておられる方も多いですが、クリニックでは一番最初に肝斑を治療します。

 

肝斑は自力で治せます。でも1年かかっちゃいます。

クリニックで治療すると3ヶ月くらいでキレイになれます。

あなたは自力派ですか?クリニック派ですか?

 

→肝斑対策に、隠れ炎症をケア。美肌の底力!

→肝斑対策にも。つやつや皮膚をゲット。超濃厚なターンオーバークリーム。

化粧水って、本当はいらない?意味ないの?

こんにちは。RITSUKOです。

過激な題でお騒がせします・・・。

化粧水っていらないの?意味ないの?

毎日、お風呂上り、朝の洗顔後に使っている化粧水。それが「いらない」なんて言われたらびっくりしますよね。

実は、化粧水、いらないことも、意味ないことも多いんです。

化粧水を長時間パッティングしたり、コットンで何度も肌に滑らしたり「大量に水分を入れ込む」というのが一般的な化粧水の使い方かな、と思います。

そしてしばらく放置すると乾いてしまう系。

こういう「蒸発系」の化粧水なら不要です。

結局、肌から全部逃げてしまっているわけですから。

いらない化粧水、必要な化粧水の見分け方は?

「蒸発度合い」によって、その化粧水が「いる」か、「いらないか」、を判断しましょう。

上でも書いたように、何回もパッティングしたり、何度もハンドプッシュして「肌に入れる」必要のある化粧水は「いりません」!蒸発を繰り返しているだけですから。

下に書くような「ペタペタ感」「なかなか塗り終わらない」系の化粧水に変えるか、直接乳液へ進んじゃってもいいと思います。(乳液は20%くらいが油分、残りは水分です)

いらないのは「水分を与える化粧水」、いるのは「水分を逃がさないようにする化粧水」

水分を保持してくれるのは、角質から水分が逃げないようにする成分(ヒアルロン酸、リピジュアなど)、角質同士をつなぎとめる細胞間脂質(ぺリセア、セラミドなど)と油分です。

角層(一番表層の死んだ細胞)が、きっちり並んでくれているか、で、美しい肌かどうかがきまります。死んだ細胞に働きかけるのが化粧水です(なんかオカルトちっくになってきた・・・)。死んだ細胞の水分を保ち、死んだ細胞同士を崩れないようにくっつけて並べる。これが化粧水の役割です。角質の死体を生きているように見せかける訳ですね(なんか、例えが非常によろしくない気が・・・)

「水分を逃さないようにする化粧水」の見分け方。

500円玉大を手に取って、すすっと塗る。うーむ、なかなか浸透しない・・・。ぺたぺた感が続くぞ・・・。これが水分を逃さない化粧水です。

 

→美肌道のモイスチャーリキッドは、すすっと塗ると、ぺたぺたします。まず角質同士の間を整理して(←ネオソリューアクリオ)、その道にペリセアを通して角質どうしをくっつけます。角質の中にアミノ酸を入れてふっくらさせます。そして、ヒアルロン酸、リピジュアが角質の上へ留まります。3層保湿です。そして、化粧水とは言いながら「水性+油性」どっちの働きも持っているので、余計に乾きにくいです。乾きにくい=待ち時間が長い!のですが、そこは効果に免じてお許しください。これは安い割に、なかなかいい化粧水ですよ。これは「いる」化粧水!(笑)

やっぱりビタミンACE♪

こんにちは。RITSUKOです。

          今、新しい化粧品開発にとりかかっており上機嫌ですーーー。

 

スキンケアでお肌に与えたいものはやっぱり・・・・

色むらをなくすには、まずビタミンC。メラニンの茶黒を抑制してくれます。

赤みを減少させてくれるのはビタミンE。また、ビタミンEはビタミンCを助けてくれるのでC+Eは素晴らしい組み合わせ。

テクスチャーを良くしてくれるのはビタミンAです。

小じわを減らし、つやつやの肌にしてくれます。

 

 

南アフリカの皮膚科医デスモンド先生が、昔から言っておられることです☺️☺️

(デスモンド先生、大好き〜〜。先生の講演を聞いてから、日本人向けの美肌コスメ作るぞ!って決心したんです)

 

まず乾燥を完全にストップさせてから、ビタミンをたっぷり与えてあげましょう。幹細胞コスメ、、、などに飛びついちゃダメですよっ。

 

 

→ビタミンACEたっぷりの美肌道コスメはこちら♪

 

現在開発中の新製品・・・

こんにちは。RITSUKOです👩

美肌道、新たな製品を開発中です~~。

超敏感肌、超乾燥肌用のオイルミルクです🙌

皮膚とまったく同じ構造の層を肌に一枚重ねる処方です。

今のお肌が傷んでいるなら、それを回復させるために
1ヶ月以上かかってしまいます。

今開発中の(もう1年以上かかっていますが・・・)オイルミルクは、
綺麗な肌を上から一枚かぶせてしまおう、という発想です。

その肌成分をなんと50%も配合。

その肌成分をかぶせた上で、その奥では新しいきれいな皮膚を生み出すための
成分もたっぷり。

美肌道の柱である成分ガンマリノレン酸、
お肌の炎症を止めるグリチルリチン酸ジカリウム、
AHP(皮膚のコラーゲンを増やし、やわらかいふっくら弾力肌を作る成分)
(アトピーに効果があることも報告されています)をたっぷり、

肌の免疫力を上げるアルギニンも配合しました。

マイナス肌をプラス肌に押し上げるオイルミルクです。

ゼロからプラス、ではなくて、
マイナスから一気にプラスへ。
ひとっ飛びのオイルミルクです。

ふつうの乳液、クリームが塗った時だけの保湿であるのに比べ、
塗ってから72時間も保湿効果が持続します。
もちろん、乳化剤不使用、防腐剤不使用、鉱物由来原料不使用、無香料。

その他には未来型美白のミルクも開発中です。
夏にまにあわなかった・・・・。
この来年の夏には間に合うかなぁ・・・。

とにかく妥協をしないのでできあがる時期は未定です😰

まずは、お肌を重ねるオイルミルクは
来年頭には出せそうです。

なるべくお求めやすいお値段にすべく、
工場さんには鬼のように交渉しています笑
(いつも無理を聞いてもらっています、ありがとうざいます)
(この場を借りて・・・・)

みなさん、楽しみにしていてくださいね!

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

乳液洗顔♪

みなさん、お久しぶりです。

ブログは書くことをクセにしないとダメ!絶対!ですね😱
これからはどんどん書くぞ!
なぜ特小小文字で宣言…..😑

蒸し暑くなってきて、朝のぬるま湯洗顔ではベタベタが残る方
いい洗顔方法を見つけました!📖

夜のうちに出る皮脂は、とっても良質の油分なので、
(化粧品ブランドは、人間の皮脂に近いものを頑張って開発しているくらいですから)
朝のぬるま湯洗顔で、ほどよくしっとりさが残る方はそのままでいいと思います😃

でも、鼻周りだけ、あるいはお顔全体に、
ぬるま湯だけではベタベタ感が残る時は…..🔍

洗顔料ではなく、乳液を使ってみてください。

乳液というものには、水と油を混ぜるために少量の界面活性剤が含まれています。

そこをうまく利用して、乳液の油分と余分な皮脂をなじませ、水で洗い流すわけです。
すると、ベタベタ感はありません!
しっとり適度なうるおいが残ります。

洗顔剤で洗ったような、ピキピキッとしたツッパリ感もないので、
その後のお手入れを慌ててすることもありません。
また、お肌に残ったら困る、と思ってすすぎに時間をかける必要もありません。

適当に乳液をなじませて、ぬるま湯でするっと洗っておしまい。

特にベタベタ感が気になる方は、夏だけ乳液洗顔をおすすめします。
私は、鼻周りだけ乳液で洗っています。

もちろん洗顔用に使う乳液は、800円くらいのものでOKですからね‼
3000円台の乳液で洗ったりしないでくださいよ?。
(お財布がかわいそう….)( ; _ ; )

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

化粧品ジプシーと皮膚科医の責任

こんにちは。RITSUKOです。

化粧品って楽しいですよね。
私も一時期、塗り心地や香りを優先して、
いろんなコスメを渡り歩いていたことがありました。

若いときは、化粧品ジプシーをしていても、
お肌自体の力が強いので荒れたりすることもありませんでした。

顔に塗ってマッサージすると、消しゴムのカスみたいにポロポロ「何か」が取れるもの。(取れた気になるだけですが)

週に一回はスクラブしたり、ピーリング石鹸を使ったり。

何かお肌に手をかけてあげると、その分キレイになると思っていました。

でも、年齢を重ねると、すぐ肌が赤くなったり、
乾燥がなかなか治らなくなったり・・・😱

そのたびに、また次の化粧品へと渡り歩いていました。

今、思うと、綱渡り・・・😣

塗り心地や香りの良さで、一時的に癒されることはあっても、
お肌がそのことでどんどん美しくなることはありません。

消しゴムのカスみたいにポロポロ取れるのは、アカではなく、
化粧品の成分自体がそういうふうに設計されているだけ。
取れているのは、塗ったクリーム自体と大切な角質層です。

スクラブではお肌に小さな傷を増やしていくだけ。

ピーリング石鹸はピーリング成分(AHA)は入っていても、
石鹸自体がアルカリ性だとピーリングはできません。
(ピーリングは酸性でこそ、初めて効果を持つのです)

私は美容医療の学術本だけでなく、一般の美容本も目を通すようにしています。

すると・・・・。

「オイル流行の次は、ジェルが熱い!」という見出しが目に入り、ぬおぉぉぉ!と絶叫してしまいました。

なんでオイルの時代が終わるんだーーー!

コスメにはいろんな流行が次々訪れますが、
真実はひとつです。

化粧品成分は脂溶性のものがもっとも浸透性がよいのです。
水性の成分は浸透しにくいのです。

そこには「ジェルには美容成分を配合しやすい」と書いてありましたが、配合しやすいのと浸透しやすいのは別。

最先端と言われる美容の記事にもそんな間違ったことが書いてあります。

化粧品については、もっともっと皮膚科医が学び、
皮膚科医からの情報発信も必要だと思いました。

そのブランドの特長とその方のお肌が合っているのか。
皮膚科医は医療のプロではあっても、一般の化粧品を知らなさすぎます。

私にも知らないコスメがまだまだあります。
できるだけ多くのコスメを知って、
素晴らしい新製品はみなさんに広めたいし、
間違ったスキンケアにつながるものは止めて、美しい肌になってほしい。

これからも勉強を続けて、情報を発信していきますね👍

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ