【好転反応?】アトピー【騙されないで】

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【好転反応?】アトピー【騙されないで】

全身に症状が出るとき、女性の顔に重い症状が出るときなど、本当に辛いものです。

アトピー性皮膚炎は治る?

アトピー性皮膚炎は免疫系が関与する「皮膚の性質」とも言えるもので、「治す」というよりは「症状が出ないように抑えながら付き合う」という姿勢が大切です。ステロイド薬を使うことが多いですが、正しく使えば恐れる薬ではありません。ステロイド薬を塗りたくない、という考えがなぜか広まっているのが、RITSUKOには不思議なのですが、どうもアトピービジネスのせいではないか、と考えています。

アトピーに近寄る「アトピービジネス」

気長に治療を受け続けることが大切なので、「即効性」を求めることはしないでほしいです。怪しいアトピービジネスは「すぐに効く」や「ステロイドは悪」と言ったセリフで近づいてきます。

アトピービジネスでよく使われるセリフが「好転反応」。

「好転反応」は一般的にこういうふうに使われます。

一時的に症状が悪くなるのは効果がある証拠

アトピーの治療でこういった反応を起こすことはありません。「好転反応」の言葉を使ったのは「業者」「販売員」「〜〜〜〜アトピー協会」などではありませんか?医療機関や製薬会社以外の助言に誘われてはいけません。健康食品会社などが「好転反応」と行った言葉を使うのは「薬事法違反」に当たります。

好転反応に医学的根拠はありません。

「体内の毒素を出す」も良く使われるセリフです。高額な健康食品のセールスに捕まらないように。

アトピー治療に役立つRITSUKOの知恵

RITSUKOが難治性のアトピー患者さんとともに治療を続けてきて有効だったものを記します。

皮膚科専門医の医師のもと、適切なステロイド外用、タクロリムス外用を続けること。かゆみを抑える内服薬も必要なら先生の指示に従ってください。

日常のケアとしては、保湿を心がけること。保湿にはヒルドイドが使われることが多いですが、最近、皮膚バリアを作ってくれるセラミドがヒルドイドよりも有用というデータも見たのでセラミドを足してみてください。RITSUKOが患者さんに勧めているものを挙げます。

ロゼット AKシリーズ

近くの皮膚科で扱っていればいいのですが・・・。

γリノレン酸の内服

γリノレン酸には抗炎症作用があります。アトピーの方は、「リノール酸」から「γリノレン酸」を作ることができないため、炎症性物質を作りやすいです。イギリスではアトピーの治療薬として扱われています。

γリノレン酸の外用

皮膚に直接塗ることで、炎症作用を抑えます。

こちらは宣伝ではなく、美肌道のシークレット・オイルを使っていただきたいです。γリノレン酸をこれでもか、と詰め込んだオイルです。

卵の生の「白身」を避ける。生クリームも。

卵の白身(生の場合)には、アビジンという成分が入っており、ビオチンの吸収を阻害します。ビオチンは皮膚形成を促進する成分(ビタミンH)です。卵かけご飯が大好きな方は食べるなら、白身を抜きましょう。半熟卵、加熱した卵の場合は、ビオチン阻害作用がなくなります。加熱すればOK。

ビオチンを摂取する。

↑↑↑以前ブログに書きました。

保険の皮膚科での治療に足してもらえれば嬉しいです。もちろん、どれも100%の効果を保証するものではありません。このうちどれかが、アトピーの方の肌に合うものがあれば幸いです。アトピービジネスに騙されないで、うまく皮膚をコントロールしていきましょう!

【必要】40代【油分】

今日の話題は、、、

【必要】40代【油分】

 

40代になると、肌がうるおい不足のサインを出してきます。

肌荒れ、カサカサする、チリチリ痒い、キメが粗い・・・・。

これらは水分不足だと思って、化粧水を今までよりも多く使っている方が多いと思います。さて、乾燥の正体は「水分」でしょうか。

乾燥するのは油分不足なんです。

実は乾燥を引き起こすのは「水分不足」ではなく「油分不足」なのです。

水分はすぐに蒸発するので、それを閉じ込めるクリームが必要になります。40代を超えたら、なるべく「こってりめ」のクリームを選びましょう。油性の美容成分が入っていることも重要ですが、まずは「保湿」。最低限必要なのはセラミド。セラミドが入っていて、こってりしていれば、まず合格!です。お風呂上がりに塗って、寝る前にもう一度塗りましょう。「スリーピングパック」として働きます。

クリーム選びのコツ

先ほども書いたように「こってりめ」を選ぶのがコツ。夜塗って朝に乾燥しないことよりも、「朝塗って夜まで乾かない」のを選びましょう。朝〜夜はメイク、外気、エアコン、で、寝ているときよりも過酷な環境です。その過酷な環境から守ってくれるかどうかを見極めてください。

じゃあ、水分はどうするの?

水分は皮膚からすぐに蒸発します。化粧水選びとして、「角質層にしみこむ系」と「皮膚表面に膜を張る系」のどちらかを選ぶとしたら・・・。「皮膚表面に膜を張る系」をおすすめします。もちろん、角質内部に栄養(アミノ酸など)を与えるのも大切です。でも、どちらかを選ぶなら、ヒアルロン酸、リピジュア、コラーゲン、などの「皮膚表面に膜を張る系」をおすすめします。(ヒアルロン酸、リピジュア、コラーゲンは皮膚に浸透しません。皮膚の表面で水分を保持してくれる役割を持っています)。とにかく皮膚を「乾かさない」のが大切なんです。

シートパックは不要です

シートパックは、結局、肌の水分をシート側に奪われしまうので、行わない方がいいでしょう。クリニックにくる患者さんの肌を見て「シートパックしていませんか」とすぐに分かるときがあります。ショワショワとして皮膚に元気がないように見えるのです。

乳液は必要?

乳液は「水分+油分」で出来ています。化粧水で水分を、クリームでたっぷり油分を与えていれば、乳液は不要です。

化粧水とクリームの塗り方

まずは化粧水。

化粧水を片手に10円玉〜500円玉大を載せます。それを両手にさっと取り、顔に乗せていきます。「スタンプ塗り」でOK。入れ込むように両手で数分間押さえ込んでも意味はありません。何度も何度も重ね塗りしても無意味です。何度も化粧水が入っていくのだとしたら「浮腫む」はずだと思いませんか?「お風呂から出てきたら全身浮腫んでいる」ということはないように、皮膚の水分含有量には限界があるのです。

 

そしてクリーム。

 

化粧水を塗り終わったら、まだお肌がしっとりしているうちにクリームを重ねましょう。(美容液を使っている方はクリームの前にどうぞ♪)

クリームの塗り方も「スタンプ塗り」。両手にとって手のひらに広げたら、「両頬」「額+顎」にスタンプのように「置いて」行きましょう。ぐりぐり塗り込む必要はありません。「ぐりぐり塗り」は皮膚を傷ませ、たるみを呼び込んでしまいます。

こってりめクリーム、朝のメイク前にはティッシュで軽くおさえて上げるとお化粧乗りに影響が出ないです。

水分重視の美容法が多いですが、クリーム重視で行きましょう。寝る前に「スリーピングパック」としてクリームを塗る方がシートパックより断然おすすめです。(ただ、枕にはタオルを巻いてください・・・)

 

アミノ酸、ヒアルロン酸、リピジュア、そして保湿の切り札「ペリセア」入りの化粧水はこちら♪

2年間かかった開発で、乾燥から肌をがっちり守り、花粉皮膚炎を起こりにくくするクリームはこちら♪

どちらも自信作です!

アラフォーおすすめファンデーション

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

アラフォーおすすめファンデーション

アラフォーにおすすめなのはパウダーファンデーションです。

クリーム、リキッド、クッションなど、液状になっていると防腐剤や乳化剤が多くなります。パウダーファンデーションだとそういった心配がないので、おすすめしやすいです。

ここから先は、RITSUKOのお気に入りファンデの話になってしまいますが・・・。

気に入っているのは「乾燥しない」「崩れない」「ふわマット」なこれ👇です。雑誌で1位取ってました!(何の雑誌か忘れた・・・)仕上がった瞬間、運命の出会いかと思いました!安い!今までのゲランは何だったんだ!

→無印のUVパウダーファンデーション。1190円!

SPF30、UVA+++で、リゾート以外の普段使いなら充分OK!

ディオール、シャネル、ゲラン、MACなどをジプシーしての決断です‼️

これを下地なし、ブラシでトントンふわふわと乗せます。下地で荒れる人が多いので、顔に塗る物はなるべく少ない方がいいですよ。

 

そもそも「下地」とは何?

ファンデーションの前に塗るものを「下地」と呼んでいますが、何の役割をするのか考えてみました。

・保湿強化

・崩れにくくする

・UVカット効果

・色調補正(赤ら顔さん、黄みの強い方)

・光を与える(パール入りとか)

必要な「下地」は色調補正のみ。

保湿強化や、崩れにくくするなら、スキンケアをきちんとすれば下地なしでOK。UVカットは普段はファンデのUVカットでOK。リゾートでは日焼け止め下地が必要ですね。パール感を与えるなら、ファンデの上からパールのお粉を乗せます。下地荒れしている方が本当に多いんです。

アラフォー肌の美しさはスキンケアで決まる。

乾燥をしっかり止めることが大切

水分と油分のバランスが大切です。素肌がキレイだと透明感が出ます。朝からも、しっかりクリームまで塗って軽くティッシュオフ。そこへパウダーファンデをブラシでトントンと乗せていきます。

アラフォーや、オーバーフォーティーで「ガッツリ塗りすぎマット」「濡れたようなツヤ」の肌を作ると悲しい結果になりがちです😭😭

仕事上、ずっとマスクをしているので、今まではマスク下ドロドロだったのですが、今ではマスクの下でも崩れにくいです。

化粧が崩れにくくなる効果もあるエッセンシャルクリームテイジンさんのタオルハンカチのおかげだと思っています。

 

ぜひぜひお試しを。

 

肌タイプを色で診断

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

肌タイプを色から診断する。

です。

 

フィッツパトリック分類を使います。

もともとは皮膚ガンになりやすいかどうかのために作られた指標です。ハーバード大学で作られました。

肌色の明るさによる分類ですが、スキンケアにも直結してくるので自分の肌タイプを知っておきましょう♪

Ⅰ〜Ⅵまであるのですが、日本人だとⅡ、Ⅲ、Ⅳあたりが当てはまります。

 

フィッツパトリック分類

Ⅱ 容易に日焼けし赤くなる。黒くなりにくい。(色白さんや、そばかす肌さん)

Ⅲ 適度に日焼けし赤くなり、いつも黒くなる。

Ⅳ 日焼けしても赤くなりにくく、すぐ黒くなる。(RITSUKOはこれだ・・・色黒さん・・・)

 

肌タイプによる対策

Ⅱの人は日光による皮膚のダメージが大きいので、日焼けを徹底的に避けるようにしましょう。焼けても赤くなってすぐ肌色に戻るのですが、皮膚の奥まで届くUVAによってシワが目立ちやすい肌になります。年齢を重ねると、色は白くてキレイでも、皮膚全体がショワショワした感じになりやすいです。

日焼け止めは、SPF値は30程度でもOKです(黒くならないので)。UVA重視で購入することをオススメします。美容皮膚科での治療だとフォトフェイシャルが向いています。乾燥肌の方がほとんどなので、しっかり肌に油分を補ってあげてくださいね。化粧品ではビタミンA主体のものがいいでしょう。ビタミンAはシワをできにくくしてくれます。

 

Ⅲ、Ⅳの人はメラニンが作られやすく、炎症性色素沈着(肌が傷むと薄茶色になる)を起こしやすい肌です。シミができやすく、乾燥肌、混合肌、脂性肌、とさまざま。SPFは必ず高い数値のものを購入しましょう。Ⅲ、Ⅳの方はⅡの方より皮膚は少し厚いことが多いです。きちんとお手入れしていれば、皮膚のショワショワ感は起こしにくいです。化粧品はシミ対策に最適な、ビタミンC、Eの含まれているものがよいでしょう。

(*目尻、眉間などのしわは表情シワです。これらのシワは肌タイプとは関係ないです。皮膚テクスチャーのシワ感について書いています。)

皮膚の悩みが多いのはⅢ、Ⅳの肌タイプです。

Ⅱの方と比べて、肌の悩みが多いです。シミ、乾燥、混合肌、脂性肌。美容皮膚科でも、複数の治療が必要になることが多く、きれいな肌を取り戻すまで時間がかかります。

 

・乾燥肌の方・・・Ⅱの人より肌は厚めとは言え、乾燥を放置することでシワができはじめます。シートパックは止め(←最終的には皮膚を乾燥させます)、しっかりと油分を補ってください。

・混合肌の方・・・まずは乾燥対策から行いましょう。パッティング、コットン使用、マッサージ、シートパックなどはストップして肌にやさしく接しましょう。しっかりと油分を与えてあげてください。

美肌の鉄則をぜひお読みいただきたい肌タイプの方と言えます。

・脂性肌の方・・・活性酸素を抑えて皮脂の酸化をストップさせたいです。サプリメントではαリポ酸が酸化防止剤として非常に向いていると思います。化粧品は乳液程度がよいでしょう。

 

以上、肌タイプ別、お手入れ方法についてでした♪

美肌の鉄則、読んでください♪

美容液とは?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

美容液とは?

美容液とはスキンケアの中で「スペシャルケア」の位置づけです。

保湿ケアをベーシックケアとすると、それに「足して」「さらに成りたい肌へと押し上げてくれるアイテム」です。

美容液にはどんな種類があるの?

美容液には、美白用、ニキビ用、Tゾーン用、保湿強化用、などさまざま。

足したいものを足してOK!もちろん複数使いもOK!です。

複数の美容液を重ねる順番は?

一般的には「水性」に近い方から塗っていきます。色で言えば「透明なもの」→「不透明なもの」、とろみで言えば「シャバシャバ系」→「とろみ系」です。

美容液って必要なの?

実は・・・・必ず使わなければいけないものではありません。

例えば、化粧水もクリームも美白系でそろえているなら、美白美容液を抜いてもいいでしょう。夏だけ美白美容液を使ってもいいですね。保湿系でそろえているなら、乾燥している期間だけ「保湿美容液」を足してあげればいいと思います。美容液には高額なものが多いです。高額であるなら、濃度や原料も特別であってほしいですよね。

美容液は、「薬味」だと思ってください!自分で選んで入れる。入れてもいいし入れなくてもいい。たっぷりいろんな種類を入れてもいい!

 

応用の利くスペシャルケア、自分の肌状態や理想に向けて、自由に組み立ててみてください♪

 

 

→高濃度美白+保湿の美容液。ミルキージェルなので、化粧水の後、クリームの前につけてください♪

 

マスク肌荒れカサカサ対策(保湿編)

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

マスク肌荒れカサカサ対策

です。

先日は夏の肌荒れ「ぶつぶつ」対策について書きましたが、本日はマスク下の肌荒れ「かさかさ」について対策を説明します。

暑くて汗でドロドロ、そこへエアコンで乾燥。口元はマスクに密閉されてメイクは崩れ、かつマスクとの接触でガサガサ。

特にマスク下のドロドロを放置すると肌荒れが進んでしまうので、ドロドロ放置はダメ‼️絶対‼️

1日2回はマスク下の肌をケア。キレイに整えるコツをお伝えします。

マスク下にガーゼを一枚。

暑いのですが、マスク下にガーゼを一枚はさむと肌荒れしにくいです。マスクの生地がガサガサこすれるのが、肌荒れの原因に。特にマスクの当たる上辺がこすれて「マスク肝斑」を発症することも。(RITSUKOはマスク肝斑になりました…)マスクの上方に一枚ガーゼの膜を挟み込んであげましょう。あるいは高機能型のなめらかな生地のマスクだとガーゼは不要です。

乳液を持ち歩くこと。

マスク下の酸化した皮脂を放置すると肌荒れカサカサは進行します。化粧崩れを直すために、水分のスプレーをかける人がいますが、効果は逆。新たに皮膚の水分を奪って蒸発するのでカサカサは加速します。

必要なのは「水分+油分」両方を与えること。

口周り全部に(メイクの上から)ぐりぐりと乳液を塗っちゃいます。塗っているファンデと馴染む様に塗り込んじゃいます。リキッドファンデを再生しているような感じです。軽くティッシュオフして、その上からお粉かパウダーファンデをふわふわ乗せます。

私は美白乳液を口周りにぐりぐり塗って、ティッシュオフ。パウダーファンデをふわふわと乗せます。乳液かクリームかはお好きな方を♪

お化粧を全部落として、最初からメイクし直さなくても、乳液でかなり再生するのでぜひお試しを。

ティッシュオフだけでは取り切れない酸化した皮脂を、乳液でほぐしてからティッシュオフ。

これを1日2回ほど行うと、マスク下の肌荒れは軽くなっていきます。

家に帰ったら、炎症を抑えるクリームを塗ってお肌を癒やしてあげましょう。

 

→美白乳液でお化粧直し。小瓶に入れて持ち歩いています。

 

SABORU大人気ありがとうございます。

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

いやはや、SABORUオールインワンゲル、ご愛用者が多く、開発者としては嬉しい限りです。

今の時期には、オールインワンゲルとして。私は超乾燥肌なので下地として使っています。美肌道のスタッフもSABORU好き。まだまだ若いスタッフなので朝はSABORU1つで済ませているようです。Nちゃん、Tちゃん、Aちゃん。

それと、クリニックの机に置いてハンドクリームにもしています。シワが伸びてキレイに見えるんです。

アンチエイジング組のスタッフは、オイル、リュクスクリームを愛用しています。

みんな肌キレイ‼️ イエーイ💪

 

→SABORUはこちらから詳細をどうぞ♪

 

アトピーにおすすめのオイル

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

アトピーさんにおすすめのオイルって?

アトピー酸にオススメのオイルはずばり、ガンマリノレン酸(γリノレン酸)含有のオイルです。

 

ガンマリノレン酸含有のオイルって言っても、含有量はいろいろ。

1.月見草油(プリムローズ油) 8%

2.ボラージ油(ルリジサ種子油) 22%

3.ムコール油(ムコールシルシネロイデス油)24%

4.モルティエレラ油 (製造中止)

やはり濃厚な方が効果があります。

ガンマリノレン酸の働き・効果って?

ガンマリノレン酸は皮膚の細胞膜を強化します。

ガンマリノレン酸は、肌の細胞膜を作っている脂質です。細胞膜はちょっと傷むだけで皮膚機能が下がるのです。ガンマリノレン酸で細胞膜を強化すると、弾力のある肌へと回復します。

ガンマリノレン酸は、傷んだ細胞膜を強化するので、ニキビ肌、アンチエイジング肌にも向いているんですよ。

ガンマリノレン酸は塗るだけ?

ガンマリノレン酸はサプリとして飲んでも効きます。アトピー肌さんでは「リノール酸→ガンマリノレン酸」の変換ができないので、ガンマリノレン酸を直接摂取するのがOK‼️「ガンマリノレン酸 サプリ」で検索してもいっぱい出てきます。

 

塗るガンマリノレン酸は、超高濃度のシークレットオイルファーストをどうぞ。アンチエイジングにもぴったりで、もちもちの肌を作ります。他とは濃度が違います💪

アラフォーから美肌になれるスキンケア

こんにちは。RITSUKOです。

今日のお題は、、、

アラフォーから美肌になるスキンケアを紹介します。

アラフォーになると、お子さんの手が離れてゆったり自分の時間を過ごせるようになりますね。お仕事をお持ちの方も、金銭的に余裕が生まれて美顔器を買っちゃったり。美容に本気になるのがアラフォー世代です。今まで放ったらかしにしていたスキンケアを頑張りたい!と思い始める時期です。

アラフォーの平均的スキンケアは?

ローションパック、マッサージ、美顔器、Y字型ローラー。お風呂あがりや家事の合間についついやりがち。

・・・・でも全部不要なんです・・・。

アラフォー肌に不必要なスキンケア、すぐやめましょう!

ローションパック、、、不要です。ローションパックは長くやり過ぎると逆に肌から水分がシートの方へ移っていきます。コットンと肌にローションを垂らすと、どっちが吸い込むでしょうか?コットンですよね。肌からはツツツーっと滑り落ちると思います。0.02mmの薄さの角質に水分はそれほど必要ありません。さささっと塗り広げておしまい。「水分信仰」の方は要注意です。クリニックにも乾燥肌でシュワシュワ肌の方がよく来られます。聞いてみると「ローションパック」をされています。サラサラ化粧水は「さささ」っとすませるのでOK。とろとろ化粧水は少し待ち時間がいるかもしれません。アラフォーさんにはとろとろ化粧水のほうが向いていると言えます。肌に水分を与えるだけでなく、肌表面に膜を張ってくれるからです。

マッサージ、、、不要です。マッサージはやればやるほどたるみます。上下に脂肪をズリ落としているようなものです。皮膚をこすることで皮膚表面も傷めます。ダメ‼️絶対‼️

美顔器はイオン導入、エレクトロポレーションならやってもOKですよ👏イオン導入にはビタミンC、ビタミンEの美容液、エレクトロポレーションならどんな成分でもOKです。注意するのはアルコール(エタノール)や防腐剤がなるべく入っていないものを選ぶこと。週1回ならOKかな、と思います。直接機械で肌をくるくるマッサージすると肌が傷むので、顔型のシートに染みこませて、シートの上からくるくるしましょう。

Y字ローラーはフェイスラインをたるませます。マッサージの原理と同じで、せっかく上方にある脂肪を下にずり下げるのはもったいない。

アラフォー美肌に必要なのは、「手抜き」と「油分」。

ついつい「水分補給」に走りがちですが、水分を失う原因は「塗った水分の蒸発」です。化粧水は軽く済ませ、その水分を覆う「油性クリーム」をすぐ塗りましょう。クリームの成分は、「セラミド」入りのものを選ぶこと。「スフレのような使い心地」、など、テクスチャーにこだわらないで。がっつり油分を補えるものにしましょう。寝る前にもう一度クリームを「追い足して」もOK。枕にタオル巻いてくださいね。かなり肌が変わりますよ😄😄

以上、アラフォー美肌のスキンケア方法でした♪

 

→ガッツリ塗りならエッセンシャルクリーム。翌朝が違う!化粧が崩れない!なぜ!?←自分で作っておいて・・・・成分ピュアフォスαのおかげです。