肌タイプを色で診断

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

肌タイプを色から診断する。

です。

 

フィッツパトリック分類を使います。

もともとは皮膚ガンになりやすいかどうかのために作られた指標です。ハーバード大学で作られました。

肌色の明るさによる分類ですが、スキンケアにも直結してくるので自分の肌タイプを知っておきましょう♪

Ⅰ〜Ⅵまであるのですが、日本人だとⅡ、Ⅲ、Ⅳあたりが当てはまります。

 

フィッツパトリック分類

Ⅱ 容易に日焼けし赤くなる。黒くなりにくい。(色白さんや、そばかす肌さん)

Ⅲ 適度に日焼けし赤くなり、いつも黒くなる。

Ⅳ 日焼けしても赤くなりにくく、すぐ黒くなる。(RITSUKOはこれだ・・・色黒さん・・・)

 

肌タイプによる対策

Ⅱの人は日光による皮膚のダメージが大きいので、日焼けを徹底的に避けるようにしましょう。焼けても赤くなってすぐ肌色に戻るのですが、皮膚の奥まで届くUVAによってシワが目立ちやすい肌になります。年齢を重ねると、色は白くてキレイでも、皮膚全体がショワショワした感じになりやすいです。

日焼け止めは、SPF値は30程度でもOKです(黒くならないので)。UVA重視で購入することをオススメします。美容皮膚科での治療だとフォトフェイシャルが向いています。乾燥肌の方がほとんどなので、しっかり肌に油分を補ってあげてくださいね。化粧品ではビタミンA主体のものがいいでしょう。ビタミンAはシワをできにくくしてくれます。

 

Ⅲ、Ⅳの人はメラニンが作られやすく、炎症性色素沈着(肌が傷むと薄茶色になる)を起こしやすい肌です。シミができやすく、乾燥肌、混合肌、脂性肌、とさまざま。SPFは必ず高い数値のものを購入しましょう。Ⅲ、Ⅳの方はⅡの方より皮膚は少し厚いことが多いです。きちんとお手入れしていれば、皮膚のショワショワ感は起こしにくいです。化粧品はシミ対策に最適な、ビタミンC、Eの含まれているものがよいでしょう。

(*目尻、眉間などのしわは表情シワです。これらのシワは肌タイプとは関係ないです。皮膚テクスチャーのシワ感について書いています。)

皮膚の悩みが多いのはⅢ、Ⅳの肌タイプです。

Ⅱの方と比べて、肌の悩みが多いです。シミ、乾燥、混合肌、脂性肌。美容皮膚科でも、複数の治療が必要になることが多く、きれいな肌を取り戻すまで時間がかかります。

 

・乾燥肌の方・・・Ⅱの人より肌は厚めとは言え、乾燥を放置することでシワができはじめます。シートパックは止め(←最終的には皮膚を乾燥させます)、しっかりと油分を補ってください。

・混合肌の方・・・まずは乾燥対策から行いましょう。パッティング、コットン使用、マッサージ、シートパックなどはストップして肌にやさしく接しましょう。しっかりと油分を与えてあげてください。

美肌の鉄則をぜひお読みいただきたい肌タイプの方と言えます。

・脂性肌の方・・・活性酸素を抑えて皮脂の酸化をストップさせたいです。サプリメントではαリポ酸が酸化防止剤として非常に向いていると思います。化粧品は乳液程度がよいでしょう。

 

以上、肌タイプ別、お手入れ方法についてでした♪

美肌の鉄則、読んでください♪

美容液とは?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

美容液とは?

美容液とはスキンケアの中で「スペシャルケア」の位置づけです。

保湿ケアをベーシックケアとすると、それに「足して」「さらに成りたい肌へと押し上げてくれるアイテム」です。

美容液にはどんな種類があるの?

美容液には、美白用、ニキビ用、Tゾーン用、保湿強化用、などさまざま。

足したいものを足してOK!もちろん複数使いもOK!です。

複数の美容液を重ねる順番は?

一般的には「水性」に近い方から塗っていきます。色で言えば「透明なもの」→「不透明なもの」、とろみで言えば「シャバシャバ系」→「とろみ系」です。

美容液って必要なの?

実は・・・・必ず使わなければいけないものではありません。

例えば、化粧水もクリームも美白系でそろえているなら、美白美容液を抜いてもいいでしょう。夏だけ美白美容液を使ってもいいですね。保湿系でそろえているなら、乾燥している期間だけ「保湿美容液」を足してあげればいいと思います。美容液には高額なものが多いです。高額であるなら、濃度や原料も特別であってほしいですよね。

美容液は、「薬味」だと思ってください!自分で選んで入れる。入れてもいいし入れなくてもいい。たっぷりいろんな種類を入れてもいい!

 

応用の利くスペシャルケア、自分の肌状態や理想に向けて、自由に組み立ててみてください♪

 

 

→高濃度美白+保湿の美容液。ミルキージェルなので、化粧水の後、クリームの前につけてください♪

 

日焼け止め(顔)おすすめ【3選】

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

顔用日焼け止めおすすめ【3選】(って少ないやん・・・)

3月から降り注ぎ始めた紫外線、最高潮になってきましたね。RITSUKOはバリ島によく行くので、日焼け止めにはうるさいです。バリ島に行くたび何種類もの日焼け止めジプシーを繰り返していました。人体実験みたいなものです・・・。

美白対策だけでなくシワ対策にも!日焼け止め【3選】

ラロッシュポゼさんのコレ!

キールズさんのコレ!

ランコムさんのコレ!

普段使いはSPF30、UVA+++くらいでOKと言われています。私はアウトドアでは、SPF50+、UVA++++を使っています。

日本製の日焼け止めは「さらさら伸びすぎる」せいで、効果が薄くなることも。なのでRITSUKOは外資系を狙っています。欧米人の肌は、日光に非常に弱いので、「欧米ブランドの日焼け止め」を信頼しているわけです。

日焼け止めを塗らないと、シミだけでなくシワ・たるみも!

Time cannot regret anyone. Wrinkled female face. Close up

紫外線の種類は2種類!UVAとUVB!(本当はUVCっていう3種類目もあるのですが、地上には到達しないので数えません)

 

みなさん、SPFとUVA、ってどちらに注目していますか?

調査によると、日焼け止めを買うとき、SPFに注目する方が55%。UVAに注意して選ぶ方は26%だそうです。

だけど実際は、地上に降りそそぐ紫外線の90%はUVAなんです。

UVB: 皮膚の表面に影響を与えます。日光にさらされると赤くなり、その後茶色に変化します。その後シミを作ります。

UVA: 皮膚の奥(真皮層)に届きます。真皮層にある新しい皮膚を産む繊維芽細胞を破壊します。繊維芽細胞はコラーゲン、エラスチンを作り出してくれる細胞です。それが壊されると、コラーゲンが分解され、再生もされず、シワを作り、弾力性のない肌になってしまうのです・・・。

UVA恐ろしや・・・。SPFだけでなく、UVA対策、しっかりしましょう!

 

美肌道では日焼け止めを作っていないので、辛口じゃないブログになりました😁

→毎日の美白対策に!保湿もしてくれる美容液です。

ビタミンAの化粧品の効果って?

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ビタミンAの化粧品の効果

についてです。

ビタミンAはキメを整え、シワとシミを減らします。

1.ビタミンAはターンオーバーを正常化させてくれます。すなわち、新しい肌を生み出してくれます。健康な肌は28日周期で入れ替わりますが、老化すると顔の部位によってターンオーバーのリズムもまちまち。それでキメの粗い肌に見えてしまうんですよね。ビタミンAの化粧品を使うと、キメが整ってくるんです。またターンオーバーを促すということは、くすみ・シミも減ってくるんですね。

2.ビタミンAはDNAを修復してくれます。DNAを修復することで(シワの多くはUVAのせいです)シワを減らし、シワの予防にもなってくれるんです。きちんと日焼け止めを塗り、ビタミンAを補っていれば、肌のシワは確実に減ってきます。

ビタミンAの化粧品、どの成分のものを選べばいいの?

ビタミンA成分にはいくつか種類があります。化粧品裏面ラベルをチェック☝️

レチノール、酢酸レチノール・・・皮膚刺激が少し強めです。浸透度は高めです。

・パルミチン酸レチノール・・・皮膚刺激はあまりありません。浸透度は少なめです。

・トレチノイン(レチノイン酸)・・・皮膚刺激は高く、医療機関でしか処方されません。

・レチノイン酸トコフェリル・・・皮膚刺激はほとんどありません。浸透度は高めです。

上のビタミンAの種類を見ていると「レチノイン酸トコフェリル」が最も優れているように見えます。しかし、非常に高価な成分なので濃度が低いことが多いです。せっかく効果のある成分なので、「レチノイン酸トコフェリル」の濃いものを選びたいところです。

ビタミンAの化粧品は、ビタミンAが濃いほど効果がありますが・・・。

ビタミンAの化粧品では「レチノイド反応」が出ることがあります。

皮膚刺激により赤くなる反応のことです。刺激の強いビタミンAではヒリヒリすることも。刺激が強いと思ったら、手持ちのクリームと混ぜて薄めて使うとOKです。そして徐々に濃度を上げていきましょう。

 

→美肌道のリュクスクリームパーフェクトはビタミンA(レチノイン酸トコフェリル)を最高濃度で配合しています。なので高価なんです・・。スミマセン。