【UVA】紫外線対策【UVB】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【UVA】紫外線対策【UVB】

紫外線には3種類

UVA、UVB、UVCの3つです。

この中でUVCはオゾン層に吸収されて地表には届かないので、UVA、UVBについて整理していきましょう。

UVA

紫外線のうち99%がこのUVAです。今までは「SPF」重視で紫外線対策をしていたと思うのですが、それは「UVB」対策だったのです。そしてどちらが肌に悪さをするか、というと「UVA」の方なんですね。

UVAは、冬でも朝でも夕方でも曇りでも、強さはそんなに変わりません。なので対策をするには1年中、そして夕方、天候にも気を抜くことができません。

UVAは真皮という皮膚の奥深いところまで届く紫外線です。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などといった皮膚の弾力を作ってくれている繊維芽細胞を傷めつけてしまいます。弾力を失った皮膚はシワ、たるみといった老化がどんどん進んでしまうのです。また、日焼け後に皮膚を黒くさせます。「光老化」と呼ばれている「シミ、シワ、たるみ」はこのUVAの仕業なのです。

UVB

UVBは冬や朝、夕には少し減ります。しかし、曇りの日でも80%、雨の日でも20%は降り注いでいます。季節としては3月から9月までUVBの強い時期です。もっとも強いのは7月です。

UVBはUVAと異なり、表皮という皮膚の浅い部分に影響を与える紫外線です。日焼けしたときに赤くなるのがUVBの仕業で、その後メラニン色素を作り出し、色素沈着を起こし肌が黒くなります。

UVAもUVBも皮膚癌の原因になりえます。

UVAとUVBの防ぎ方

日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めを選ぶときには、UVBを防ぐSPF値と、UVAを防ぐPA値を確かめましょう。また、UVBは窓を通り抜けられませんが、UVAは窓を通り抜けて部屋の中にも入り込んできます。

生活紫外線を防ぐにはSPF30、PA+++程度で大丈夫です。汗をかいたら塗り直しましょう。

山や海に行くときには、SPF50+、PA++++などの高い値のものがオススメです。

飲む日焼け止めにはほとんど効果はありません。アメリカ皮膚科学会では、飲む日焼け止めには警告を出しています(2018年5月)。

そうそう、日焼けサロンでは「UVA」が使われているので、行かないで!!

サングラスを付けるのも有効です。紫外線の強いときに「素目」で過ごしていると、「紫外線が強いぞ、メラニンを作って皮膚を守れ」という指令が脳から出ます。サングラスで目を守ると、同時に皮膚も日焼けから守ってくれるのです。

日焼け止めの成分について

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線を跳ね返すことで日焼け止め効果を発揮します。酸化亜鉛、酸化チタンが主に使用され、この2つを合わせて使われることが多いです。まれにですが、酸化亜鉛で金属アレルギーを起こされる方がおられます。その場合、酸化チタンのみで作られている日焼け止めを使いましょう。

酸化亜鉛の特徴・・・透明感があり白浮きしにくいです。酸化亜鉛はコーティングされていることが多いですが、肌に合わない方もおられるようです。

酸化チタン・・・安全性が高く、99%でアレルギーが起こりにくいとされています。白浮きしやすいのがデメリットです。

酸化セリウム・・・肌にやさしく、安全性の高い新規成分です。まだ配合されている製品は少ないようです。

現在は紫外線散乱剤だけを使ってSPF40PA+++レベルの日焼け止めも開発可能になってきています。

紫外線吸収剤(ケミカル)

紫外線吸収剤は紫外線を熱エネルギーに変化させることで紫外線を吸収し放出します。熱エネルギーに変化する時、皮膚の水分を蒸発させてしまい、肌が荒れることがあります。また紫外線を吸収するときに、不安定な分解物質へと変化し、その物質が肌への刺激となることがあります。

紫外線吸収剤のメリットとしては白浮きがなく、塗り広げやすいという点と、紫外線カット効果が高い、という点があります。また、紫外線吸収剤でも90%以上の人でかぶれないというデータもあります。アトピーの方や子供ではノンケミカルのものを塗布するほうが安全ですが、大人の方では紫外線吸収剤をことさら避ける必要はないと考えられます。

紫外線吸収剤の成分としては主にこういったものがあります。

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン

うーん、、、、覚えられません・・・・。「紫外線吸収剤不使用」と記載のある日焼け止め以外は「紫外線吸収剤入り」だと判断するしかなさそうです。

ビタミンD不足にならないために

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えたり、骨の健康を保つのに働いています。日光に当たることで90%を体内で作ることができます。1日に必要なビタミンDを作るには1日20分程度の紫外線(UVB)に当たることが必要だと言われています。日焼けを徹底的に避けている方は、ビタミンDのサプリメントを摂るのもよいでしょう。

 

以上、紫外線対策、日焼け止めについて整理しました。お役に立てば幸いです。

【ゼオ病み派】ゼオスキンの使い方【ゆるり派】

皆さん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

ゼオスキンの使い方です。

ここがゼオスキンの公式ページ。

ゼオスキンはドクターズコスメの名前です。ドクター・オバジが開発した「治療用化粧品」です。ハイドロキノンという美白剤と、医療用ビタミンAを使います。もちろん、↑↑この全製品を使うわけではないですよ。

ゼオスキンは、治療中「顔の皮が赤くずるむけ」になる治療。

マスクをずっと付けていなくてはいけない今、かなり流行っています。今のうちに肌をこっそりキレイにしておこう!という考え方ですね。

ビタミンAで肌の新陳代謝を超高速にしてずる剥けにして、そこへ美白剤を投入する治療です。

ゼオスキンの「効果」は、シミ消し、ちりめんジワ消し、キメ回復。

赤ちゃんみたいな皮膚になれるんです。肌のほとんどのお悩みを一掃してくれるという感じ。

ゼオスキンでの治療期間は3〜4ヶ月。

ゼオスキンは化粧品なのですが、一部薬剤を混ぜて使うため、医師の指導のもとに行われます。治療期間は3〜4ヶ月。この期間ずっと、「赤い、チリチリする、ズルズル皮剥けする」、、、というハードな治療です。その精神的つらさは「ゼオ病み」と呼ばれるほど。

ゼオスキンの王道的使い方

必ず使うもの・・・

・バランサートナー(化粧水ですが、かなりの酸性。ピーリング製剤入り。そしてアルコールも入っております。つまり、次に使うアイテムはかなり吸収されることに)

・ミラミン(ピーリング製剤入りで、他成分の吸収を高める。4%ハイドロキノン入り)ハイドロキノンは美白薬です。

・ミラミックス(4%ハイドロキノン+トレチノイン0.05%)

トレチノイン0.05%はかなり薄いですが、バランサートナーやミラミンで「かなり肌を傷めている」、あ、違った、「耕している」ので、肌に入っていきやすいです。

この他にも組み合わせるべきアイテムはあるのですが、この3品を主に使うのが激しいゼオスキン、「王道ゼオスキン」だと私は考えています。

 

 

ゼオスキン、ゆるめ治療

 

王道的使い方の他に、ゆるめに使うことも可能です。効果はほんの少し落ちるけれど、ずる剥けを避ける方法。それは、ミラミンを抜き、最後にべったりこってりの保湿クリームを使うこと。

・バランサートナー(やはりこれを使わないと、トレチノインが入っていきにくい)

・ミラミン抜きで、トナー後、即ミラミックスヘ(ミラミックスにもピーリング製剤とハイドロキノン4%入っているため、ミラミンを使わないことで、ピーリング剤とハイドロキノンのダブル使いを避ける。)

・そして主人公ミラミックスを。

・最後に、お気に入りのべっとりたっぷり保湿クリーム。できれば、グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症剤)や、セラミド入りのもの。赤み・ひりひりが減ります。

バランサートナーを使うことで、きっちりトレチノインは入っていきます。ミラミンを使わないことで、ダブルピーリング、ダブルハイドロキノンを避けます。ミラミックスはしっかり塗りましょう。←治療のキモです。そして最後にお気に入りのクリームをこってり塗ってください。

王道的使い方は「乾燥させながら剥きまくる、赤くてチリチリ」。

ゆるめの使い方は「赤み少なめで、ほわほわ剥く」。

精神を病まない程度に、ゼオスキン使ってくださいね。

 

ゆるめゼオスキンのお供に、、、、。抗炎症剤+セラミド入りのこってりクリームを。

 

【肌悩み】40代【シワ】

皆さま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【肌悩み】40代【シワ】

シワには3つの種類があります。

・表情シワ・・・ボトックスが適しています。

・静止シワ・・・ヒアルロン酸が適しています。

・ちりめんジワ・・・これならホームケアで対処できる!

表情シワと静止ジワについては、こちらのブログでもお伝えした通りです。

今日は、ちりめんじわについて対処法を考えていきましょう。

ちりめんジワとは

例えば「にーっ」と笑顔を作ったとき、ほうれい線の外側に細かい刻まれシワはできませんか?それが「ちりめんジワ」です。その他では、笑っていなくても目の下の皮膚に細かく入っているシワも「ちりめんジワ」です。それから「垂れ毛穴」もちりめんジワの仲間です。

ちりめんジワの原因は

肌に潤いが足らないために、肌が「ショワショワ状態」になっているのです。肌が傷んでいる、乾燥している証とも言えます。あるいは、日焼けでも肌は傷みます。傷んでいる肌を鏡で見るとツヤとハリをなくしている感じが見えると思います。

ちりめんジワ対策は

対策は3つ!

1.保湿をしっかりすること。

潤いのある肌には「ハリ」があります。この「ハリ」がなくなると、ほうれい線外側の細かな縦ジワ、「目の下のショワショワシワ」「垂れ毛穴」ができてしまいます。水分か油分か、どちらが向いているかと言うと「油分」です。化粧水などで水分を補うだけでは、水分は蒸発してしまいます。「セラミド」入りでかつ濃厚なテクスチャーの油分クリームなら、肌バリアを作ってくれるし、油分が水分の蒸発を止めてくれます。

2.ビタミンA入りのコスメを使うこと。

ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にしてくれるので、シワが減ります。実際、ビタミンA入りのコスメを使っていると下の写真のような(RITSUKOの目の下ですが・・・)小じわは減ります。

(自分のちりめんじわを無くしたくて開発)

 

3. 日焼け止めを必ず塗る

日焼け(特にUVA)を浴びると、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが破壊され、ちりめんジワができてしまいます。PA++++の日焼け止めを選びましょう。

 

「ショワショワシワ」をお持ちの方は、寝る前にもう1回、保湿クリームの塗り足しをおすすめします。もちろん日焼け止めを忘れずに。冬でも紫外線は降り注いでいます!

 

 

濃厚セラミド配合の他にも、ピュアフォスαで長期間保湿持続のクリームはこちら。

濃厚ビタミンAのクリームはこちら。(こちらはさらにビタミンAを増やして開発しているところです)

 

肌タイプを色で診断

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

肌タイプを色から診断する。

です。

 

フィッツパトリック分類を使います。

もともとは皮膚ガンになりやすいかどうかのために作られた指標です。ハーバード大学で作られました。

肌色の明るさによる分類ですが、スキンケアにも直結してくるので自分の肌タイプを知っておきましょう♪

Ⅰ〜Ⅵまであるのですが、日本人だとⅡ、Ⅲ、Ⅳあたりが当てはまります。

 

フィッツパトリック分類

Ⅱ 容易に日焼けし赤くなる。黒くなりにくい。(色白さんや、そばかす肌さん)

Ⅲ 適度に日焼けし赤くなり、いつも黒くなる。

Ⅳ 日焼けしても赤くなりにくく、すぐ黒くなる。(RITSUKOはこれだ・・・色黒さん・・・)

 

肌タイプによる対策

Ⅱの人は日光による皮膚のダメージが大きいので、日焼けを徹底的に避けるようにしましょう。焼けても赤くなってすぐ肌色に戻るのですが、皮膚の奥まで届くUVAによってシワが目立ちやすい肌になります。年齢を重ねると、色は白くてキレイでも、皮膚全体がショワショワした感じになりやすいです。

日焼け止めは、SPF値は30程度でもOKです(黒くならないので)。UVA重視で購入することをオススメします。美容皮膚科での治療だとフォトフェイシャルが向いています。乾燥肌の方がほとんどなので、しっかり肌に油分を補ってあげてくださいね。化粧品ではビタミンA主体のものがいいでしょう。ビタミンAはシワをできにくくしてくれます。

 

Ⅲ、Ⅳの人はメラニンが作られやすく、炎症性色素沈着(肌が傷むと薄茶色になる)を起こしやすい肌です。シミができやすく、乾燥肌、混合肌、脂性肌、とさまざま。SPFは必ず高い数値のものを購入しましょう。Ⅲ、Ⅳの方はⅡの方より皮膚は少し厚いことが多いです。きちんとお手入れしていれば、皮膚のショワショワ感は起こしにくいです。化粧品はシミ対策に最適な、ビタミンC、Eの含まれているものがよいでしょう。

(*目尻、眉間などのしわは表情シワです。これらのシワは肌タイプとは関係ないです。皮膚テクスチャーのシワ感について書いています。)

皮膚の悩みが多いのはⅢ、Ⅳの肌タイプです。

Ⅱの方と比べて、肌の悩みが多いです。シミ、乾燥、混合肌、脂性肌。美容皮膚科でも、複数の治療が必要になることが多く、きれいな肌を取り戻すまで時間がかかります。

 

・乾燥肌の方・・・Ⅱの人より肌は厚めとは言え、乾燥を放置することでシワができはじめます。シートパックは止め(←最終的には皮膚を乾燥させます)、しっかりと油分を補ってください。

・混合肌の方・・・まずは乾燥対策から行いましょう。パッティング、コットン使用、マッサージ、シートパックなどはストップして肌にやさしく接しましょう。しっかりと油分を与えてあげてください。

美肌の鉄則をぜひお読みいただきたい肌タイプの方と言えます。

・脂性肌の方・・・活性酸素を抑えて皮脂の酸化をストップさせたいです。サプリメントではαリポ酸が酸化防止剤として非常に向いていると思います。化粧品は乳液程度がよいでしょう。

 

以上、肌タイプ別、お手入れ方法についてでした♪

美肌の鉄則、読んでください♪

美容液とは?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

美容液とは?

美容液とはスキンケアの中で「スペシャルケア」の位置づけです。

保湿ケアをベーシックケアとすると、それに「足して」「さらに成りたい肌へと押し上げてくれるアイテム」です。

美容液にはどんな種類があるの?

美容液には、美白用、ニキビ用、Tゾーン用、保湿強化用、などさまざま。

足したいものを足してOK!もちろん複数使いもOK!です。

複数の美容液を重ねる順番は?

一般的には「水性」に近い方から塗っていきます。色で言えば「透明なもの」→「不透明なもの」、とろみで言えば「シャバシャバ系」→「とろみ系」です。

美容液って必要なの?

実は・・・・必ず使わなければいけないものではありません。

例えば、化粧水もクリームも美白系でそろえているなら、美白美容液を抜いてもいいでしょう。夏だけ美白美容液を使ってもいいですね。保湿系でそろえているなら、乾燥している期間だけ「保湿美容液」を足してあげればいいと思います。美容液には高額なものが多いです。高額であるなら、濃度や原料も特別であってほしいですよね。

美容液は、「薬味」だと思ってください!自分で選んで入れる。入れてもいいし入れなくてもいい。たっぷりいろんな種類を入れてもいい!

 

応用の利くスペシャルケア、自分の肌状態や理想に向けて、自由に組み立ててみてください♪

 

 

→高濃度美白+保湿の美容液。ミルキージェルなので、化粧水の後、クリームの前につけてください♪

 

日焼け止め(顔)おすすめ【3選】

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

顔用日焼け止めおすすめ【3選】(って少ないやん・・・)

3月から降り注ぎ始めた紫外線、最高潮になってきましたね。RITSUKOはバリ島によく行くので、日焼け止めにはうるさいです。バリ島に行くたび何種類もの日焼け止めジプシーを繰り返していました。人体実験みたいなものです・・・。

美白対策だけでなくシワ対策にも!日焼け止め【3選】

ラロッシュポゼさんのコレ!

キールズさんのコレ!

ランコムさんのコレ!

普段使いはSPF30、UVA+++くらいでOKと言われています。私はアウトドアでは、SPF50+、UVA++++を使っています。

日本製の日焼け止めは「さらさら伸びすぎる」せいで、効果が薄くなることも。なのでRITSUKOは外資系を狙っています。欧米人の肌は、日光に非常に弱いので、「欧米ブランドの日焼け止め」を信頼しているわけです。

日焼け止めを塗らないと、シミだけでなくシワ・たるみも!

Time cannot regret anyone. Wrinkled female face. Close up

紫外線の種類は2種類!UVAとUVB!(本当はUVCっていう3種類目もあるのですが、地上には到達しないので数えません)

 

みなさん、SPFとUVA、ってどちらに注目していますか?

調査によると、日焼け止めを買うとき、SPFに注目する方が55%。UVAに注意して選ぶ方は26%だそうです。

だけど実際は、地上に降りそそぐ紫外線の90%はUVAなんです。

UVB: 皮膚の表面に影響を与えます。日光にさらされると赤くなり、その後茶色に変化します。その後シミを作ります。

UVA: 皮膚の奥(真皮層)に届きます。真皮層にある新しい皮膚を産む繊維芽細胞を破壊します。繊維芽細胞はコラーゲン、エラスチンを作り出してくれる細胞です。それが壊されると、コラーゲンが分解され、再生もされず、シワを作り、弾力性のない肌になってしまうのです・・・。

UVA恐ろしや・・・。SPFだけでなく、UVA対策、しっかりしましょう!

 

美肌道では日焼け止めを作っていないので、辛口じゃないブログになりました😁

→毎日の美白対策に!保湿もしてくれる美容液です。

ビタミンAの化粧品の効果って?

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ビタミンAの化粧品の効果

についてです。

ビタミンAはキメを整え、シワとシミを減らします。

1.ビタミンAはターンオーバーを正常化させてくれます。すなわち、新しい肌を生み出してくれます。健康な肌は28日周期で入れ替わりますが、老化すると顔の部位によってターンオーバーのリズムもまちまち。それでキメの粗い肌に見えてしまうんですよね。ビタミンAの化粧品を使うと、キメが整ってくるんです。またターンオーバーを促すということは、くすみ・シミも減ってくるんですね。

2.ビタミンAはDNAを修復してくれます。DNAを修復することで(シワの多くはUVAのせいです)シワを減らし、シワの予防にもなってくれるんです。きちんと日焼け止めを塗り、ビタミンAを補っていれば、肌のシワは確実に減ってきます。

ビタミンAの化粧品、どの成分のものを選べばいいの?

ビタミンA成分にはいくつか種類があります。化粧品裏面ラベルをチェック☝️

レチノール、酢酸レチノール・・・皮膚刺激が少し強めです。浸透度は高めです。

・パルミチン酸レチノール・・・皮膚刺激はあまりありません。浸透度は少なめです。

・トレチノイン(レチノイン酸)・・・皮膚刺激は高く、医療機関でしか処方されません。

・レチノイン酸トコフェリル・・・皮膚刺激はほとんどありません。浸透度は高めです。

上のビタミンAの種類を見ていると「レチノイン酸トコフェリル」が最も優れているように見えます。しかし、非常に高価な成分なので濃度が低いことが多いです。せっかく効果のある成分なので、「レチノイン酸トコフェリル」の濃いものを選びたいところです。

ビタミンAの化粧品は、ビタミンAが濃いほど効果がありますが・・・。

ビタミンAの化粧品では「レチノイド反応」が出ることがあります。

皮膚刺激により赤くなる反応のことです。刺激の強いビタミンAではヒリヒリすることも。刺激が強いと思ったら、手持ちのクリームと混ぜて薄めて使うとOKです。そして徐々に濃度を上げていきましょう。

 

→美肌道のリュクスクリームパーフェクトはビタミンA(レチノイン酸トコフェリル)を最高濃度で配合しています。なので高価なんです・・。スミマセン。

 

アラフォーからの魅力

みなさま、こんにちは。
マッド皮膚科医RITSUKOです。

アラフォー(一桁全部切り捨てバージョン)からの魅力。

それは、皮膚、髪、歯です。

私は皮膚科医なので、皮膚バージョンをお伝えします。

シミ、しわ、たるみ・・・。

この中で患者さんが一番にご相談されるのが、たるみ。

RITSUKOが一番に治して差し上げたいのがシミです。

まずシミをとって、肌を均一にすることから始めます。
それからしわ、たるみ治療に入っていきます。

シミを取るとかなり表情が変わります。
ファンデを厚塗りしなくても、若々しい色味が回復します。
肝斑や日光性色素斑を除去すると、コンシーラーも不要ですもんね。

そしてシミになりにくいお手入れ方法を確認します。
シミになりにくいお手入れ方って、簡単な割に、しわ、たるみにも効くんですよ。

以下に心当たりがある人、手を挙げて👍

日焼け、マッサージ、ダブル洗顔(ゴシゴシ)、スクラブ、ゴマージュ。
酵素洗顔。ゴシゴシ系は全部ダメ😣

それらは、角質層を傷め、傷んだ肌を紫外線に狙い撃ちされて、
どんどんシミを作り出します。

すでにやり過ぎていて、はっきり地図みたいなシミができている方は、
美容皮膚科へGO❗
はっきりしたシミにはレーザーしか方法はないのです。

そうならないためにも❗ゴシゴシ系、角質を奪う方法はやめて😭
角質は刺激への大切な防御であり、素肌を綺麗に見せる第一の方法。

お手入れ方法を変えると、小じわも明らかに減っていきます。
(美肌道では、リュクスクリームと肌のおまもりですね)
(垂れた毛穴は、ホイップクリームで改善します)
乾燥での小じわは保湿と新陳代謝で明らかに消えていきます。

それからがたるみ治療です。

たるみ治療も、お家である程度までは可能です。
Y字型ローラー、顔筋運動、をすぐにやめてみて😣😣😣❗😣😣❗😭😭

次回は、たるみについてじっくり書きますね。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ