【ゼオ病み派】ゼオスキンの使い方【ゆるり派】

皆さん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

ゼオスキンの使い方です。

ここがゼオスキンの公式ページ。

ゼオスキンはドクターズコスメの名前です。ドクター・オバジが開発した「治療用化粧品」です。ハイドロキノンという美白剤と、医療用ビタミンAを使います。もちろん、↑↑この全製品を使うわけではないですよ。

ゼオスキンは、治療中「顔の皮が赤くずるむけ」になる治療。

マスクをずっと付けていなくてはいけない今、かなり流行っています。今のうちに肌をこっそりキレイにしておこう!という考え方ですね。

ビタミンAで肌の新陳代謝を超高速にしてずる剥けにして、そこへ美白剤を投入する治療です。

ゼオスキンの「効果」は、シミ消し、ちりめんジワ消し、キメ回復。

赤ちゃんみたいな皮膚になれるんです。肌のほとんどのお悩みを一掃してくれるという感じ。

ゼオスキンでの治療期間は3〜4ヶ月。

ゼオスキンは化粧品なのですが、一部薬剤を混ぜて使うため、医師の指導のもとに行われます。治療期間は3〜4ヶ月。この期間ずっと、「赤い、チリチリする、ズルズル皮剥けする」、、、というハードな治療です。その精神的つらさは「ゼオ病み」と呼ばれるほど。

ゼオスキンの王道的使い方

必ず使うもの・・・

・バランサートナー(化粧水ですが、かなりの酸性。ピーリング製剤入り。そしてアルコールも入っております。つまり、次に使うアイテムはかなり吸収されることに)

・ミラミン(ピーリング製剤入りで、他成分の吸収を高める。4%ハイドロキノン入り)ハイドロキノンは美白薬です。

・ミラミックス(4%ハイドロキノン+トレチノイン0.05%)

トレチノイン0.05%はかなり薄いですが、バランサートナーやミラミンで「かなり肌を傷めている」、あ、違った、「耕している」ので、肌に入っていきやすいです。

この他にも組み合わせるべきアイテムはあるのですが、この3品を主に使うのが激しいゼオスキン、「王道ゼオスキン」だと私は考えています。

 

 

ゼオスキン、ゆるめ治療

 

王道的使い方の他に、ゆるめに使うことも可能です。効果はほんの少し落ちるけれど、ずる剥けを避ける方法。それは、ミラミンを抜き、最後にべったりこってりの保湿クリームを使うこと。

・バランサートナー(やはりこれを使わないと、トレチノインが入っていきにくい)

・ミラミン抜きで、トナー後、即ミラミックスヘ(ミラミックスにもピーリング製剤とハイドロキノン4%入っているため、ミラミンを使わないことで、ピーリング剤とハイドロキノンのダブル使いを避ける。)

・そして主人公ミラミックスを。

・最後に、お気に入りのべっとりたっぷり保湿クリーム。できれば、グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症剤)や、セラミド入りのもの。赤み・ひりひりが減ります。

バランサートナーを使うことで、きっちりトレチノインは入っていきます。ミラミンを使わないことで、ダブルピーリング、ダブルハイドロキノンを避けます。ミラミックスはしっかり塗りましょう。←治療のキモです。そして最後にお気に入りのクリームをこってり塗ってください。

王道的使い方は「乾燥させながら剥きまくる、赤くてチリチリ」。

ゆるめの使い方は「赤み少なめで、ほわほわ剥く」。

精神を病まない程度に、ゼオスキン使ってくださいね。

 

ゆるめゼオスキンのお供に、、、、。抗炎症剤+セラミド入りのこってりクリームを。

 

ビタミンAの化粧品の効果って?

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ビタミンAの化粧品の効果

についてです。

ビタミンAはキメを整え、シワとシミを減らします。

1.ビタミンAはターンオーバーを正常化させてくれます。すなわち、新しい肌を生み出してくれます。健康な肌は28日周期で入れ替わりますが、老化すると顔の部位によってターンオーバーのリズムもまちまち。それでキメの粗い肌に見えてしまうんですよね。ビタミンAの化粧品を使うと、キメが整ってくるんです。またターンオーバーを促すということは、くすみ・シミも減ってくるんですね。

2.ビタミンAはDNAを修復してくれます。DNAを修復することで(シワの多くはUVAのせいです)シワを減らし、シワの予防にもなってくれるんです。きちんと日焼け止めを塗り、ビタミンAを補っていれば、肌のシワは確実に減ってきます。

ビタミンAの化粧品、どの成分のものを選べばいいの?

ビタミンA成分にはいくつか種類があります。化粧品裏面ラベルをチェック☝️

レチノール、酢酸レチノール・・・皮膚刺激が少し強めです。浸透度は高めです。

・パルミチン酸レチノール・・・皮膚刺激はあまりありません。浸透度は少なめです。

・トレチノイン(レチノイン酸)・・・皮膚刺激は高く、医療機関でしか処方されません。

・レチノイン酸トコフェリル・・・皮膚刺激はほとんどありません。浸透度は高めです。

上のビタミンAの種類を見ていると「レチノイン酸トコフェリル」が最も優れているように見えます。しかし、非常に高価な成分なので濃度が低いことが多いです。せっかく効果のある成分なので、「レチノイン酸トコフェリル」の濃いものを選びたいところです。

ビタミンAの化粧品は、ビタミンAが濃いほど効果がありますが・・・。

ビタミンAの化粧品では「レチノイド反応」が出ることがあります。

皮膚刺激により赤くなる反応のことです。刺激の強いビタミンAではヒリヒリすることも。刺激が強いと思ったら、手持ちのクリームと混ぜて薄めて使うとOKです。そして徐々に濃度を上げていきましょう。

 

→美肌道のリュクスクリームパーフェクトはビタミンA(レチノイン酸トコフェリル)を最高濃度で配合しています。なので高価なんです・・。スミマセン。