【太陽光】ブルーライト【肌劣化】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、【太陽光】ブルーライト【肌劣化】

ブルーライトと聞くと、室内の照明やパソコン、スマートフォンからのブルーライトを連想されるかもしれません。

これまで目の健康に影響があることは知られていましたが、最近、肌にダメージをもたらすことが明らかになってきました。

ブルーライトって肌に悪いの?

お肌に悪影響を与えるのは「太陽光に含まれるブルーライト」です。太陽光のブルーライト(HEV)は、パソコンなどから出ているブルーライトよりも、数百倍強度が高いため、肌への酸化ストレス、皮膚劣化を引き起こすことが知られています。

今回は太陽光のブルーライトについて詳しく見ていきましょう。

ブルーライトってどういう光?

UVB:280~315nm

UVA:315~380nm

ブルーライト(HEV) :400~500nm

近赤外線(NIR) :780〜1500nm

波長の近さと上の図から、UVAと似たような悪さをすることが分かります。

ブルーライトを浴びると肌はどうなるの?

ブルーライトは、UVAの少し先、真皮の中にまで届きます。真皮には、肌のハリ・弾力を担うコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作る線維芽細胞が存在します。真皮層がダメージを受けると、線維芽細胞の機能が低下し、肌の水分やハリが失われ、シワが刻まれてしまいます。

また、表皮の基底層を通り抜けるときにメラノサイトを刺激しシミを作る原因になります。シミは紫外線でできるシミよりも消えにくいとされています。

肌への酸化ストレスとしては、過酸化脂質の増加が知られており、ニキビ肌の方は特に要注意です。

ブルーライトを防御するには?

ブルーライト対応の日焼け止めを使用しましょう。

紫外線を防ぐことができるUVケア商品では、ブルーライトには対応できないため、ブルーライト対策専用の日焼け止めが必要です。

たとえば、紫外線散乱剤としては有名なのは、以下の2つです。

酸化チタン:290~350nm

酸化亜鉛:290~400nm

ブルーライトが400~500nmの波長であることを考えると、現在主流の紫外線散乱剤では対応できないことが分かります。

酸化セリウム:280~1100nm

 

「酸化セリウム」とはレアアースの一種、ミネラル原料です。ブルーライト以外でも、紫外線や近赤外線の一部まで、かなり幅広い波長の光線までブロックする性質があります。

酸化セリウム使用の日焼け止めを選び、さらにブルーライトカット率が書いてあると安心です。

また、ファンデーションに含まれている酸化鉄(顔料)も、可視光線(ブルーライトも可視光線の一つ)から肌を保護してくれる成分です。色つきの日焼け止めやファンデーションも使うようにすると、さらにブルーライトをカットすることができます。

 

現在は酸化チタンを応用してブルーライトカット剤を研究・開発している企業もあります。

紫外線のUVBをカットすることが当たり前になったかと思ったら、UVA防御が必要!ということが分かり、最近は近赤外線(NIR)、さらにブルーライト(HEV)までカットしなければいけないとは・・・。

これからも太陽光との戦いは続きそうです。

 

 

【ゼオ病み派】ゼオスキンの使い方【ゆるり派】

皆さん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

ゼオスキンの使い方です。

ここがゼオスキンの公式ページ。

ゼオスキンはドクターズコスメの名前です。ドクター・オバジが開発した「治療用化粧品」です。ハイドロキノンという美白剤と、医療用ビタミンAを使います。もちろん、↑↑この全製品を使うわけではないですよ。

ゼオスキンは、治療中「顔の皮が赤くずるむけ」になる治療。

マスクをずっと付けていなくてはいけない今、かなり流行っています。今のうちに肌をこっそりキレイにしておこう!という考え方ですね。

ビタミンAで肌の新陳代謝を超高速にしてずる剥けにして、そこへ美白剤を投入する治療です。

ゼオスキンの「効果」は、シミ消し、ちりめんジワ消し、キメ回復。

赤ちゃんみたいな皮膚になれるんです。肌のほとんどのお悩みを一掃してくれるという感じ。

ゼオスキンでの治療期間は3〜4ヶ月。

ゼオスキンは化粧品なのですが、一部薬剤を混ぜて使うため、医師の指導のもとに行われます。治療期間は3〜4ヶ月。この期間ずっと、「赤い、チリチリする、ズルズル皮剥けする」、、、というハードな治療です。その精神的つらさは「ゼオ病み」と呼ばれるほど。

ゼオスキンの王道的使い方

必ず使うもの・・・

・バランサートナー(化粧水ですが、かなりの酸性。ピーリング製剤入り。そしてアルコールも入っております。つまり、次に使うアイテムはかなり吸収されることに)

・ミラミン(ピーリング製剤入りで、他成分の吸収を高める。4%ハイドロキノン入り)ハイドロキノンは美白薬です。

・ミラミックス(4%ハイドロキノン+トレチノイン0.05%)

トレチノイン0.05%はかなり薄いですが、バランサートナーやミラミンで「かなり肌を傷めている」、あ、違った、「耕している」ので、肌に入っていきやすいです。

この他にも組み合わせるべきアイテムはあるのですが、この3品を主に使うのが激しいゼオスキン、「王道ゼオスキン」だと私は考えています。

 

 

ゼオスキン、ゆるめ治療

 

王道的使い方の他に、ゆるめに使うことも可能です。効果はほんの少し落ちるけれど、ずる剥けを避ける方法。それは、ミラミンを抜き、最後にべったりこってりの保湿クリームを使うこと。

・バランサートナー(やはりこれを使わないと、トレチノインが入っていきにくい)

・ミラミン抜きで、トナー後、即ミラミックスヘ(ミラミックスにもピーリング製剤とハイドロキノン4%入っているため、ミラミンを使わないことで、ピーリング剤とハイドロキノンのダブル使いを避ける。)

・そして主人公ミラミックスを。

・最後に、お気に入りのべっとりたっぷり保湿クリーム。できれば、グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症剤)や、セラミド入りのもの。赤み・ひりひりが減ります。

バランサートナーを使うことで、きっちりトレチノインは入っていきます。ミラミンを使わないことで、ダブルピーリング、ダブルハイドロキノンを避けます。ミラミックスはしっかり塗りましょう。←治療のキモです。そして最後にお気に入りのクリームをこってり塗ってください。

王道的使い方は「乾燥させながら剥きまくる、赤くてチリチリ」。

ゆるめの使い方は「赤み少なめで、ほわほわ剥く」。

精神を病まない程度に、ゼオスキン使ってくださいね。

 

ゆるめゼオスキンのお供に、、、、。抗炎症剤+セラミド入りのこってりクリームを。

 

ビタミンAの化粧品の効果って?

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ビタミンAの化粧品の効果

についてです。

ビタミンAはキメを整え、シワとシミを減らします。

1.ビタミンAはターンオーバーを正常化させてくれます。すなわち、新しい肌を生み出してくれます。健康な肌は28日周期で入れ替わりますが、老化すると顔の部位によってターンオーバーのリズムもまちまち。それでキメの粗い肌に見えてしまうんですよね。ビタミンAの化粧品を使うと、キメが整ってくるんです。またターンオーバーを促すということは、くすみ・シミも減ってくるんですね。

2.ビタミンAはDNAを修復してくれます。DNAを修復することで(シワの多くはUVAのせいです)シワを減らし、シワの予防にもなってくれるんです。きちんと日焼け止めを塗り、ビタミンAを補っていれば、肌のシワは確実に減ってきます。

ビタミンAの化粧品、どの成分のものを選べばいいの?

ビタミンA成分にはいくつか種類があります。化粧品裏面ラベルをチェック☝️

レチノール、酢酸レチノール・・・皮膚刺激が少し強めです。浸透度は高めです。

・パルミチン酸レチノール・・・皮膚刺激はあまりありません。浸透度は少なめです。

・トレチノイン(レチノイン酸)・・・皮膚刺激は高く、医療機関でしか処方されません。

・レチノイン酸トコフェリル・・・皮膚刺激はほとんどありません。浸透度は高めです。

上のビタミンAの種類を見ていると「レチノイン酸トコフェリル」が最も優れているように見えます。しかし、非常に高価な成分なので濃度が低いことが多いです。せっかく効果のある成分なので、「レチノイン酸トコフェリル」の濃いものを選びたいところです。

ビタミンAの化粧品は、ビタミンAが濃いほど効果がありますが・・・。

ビタミンAの化粧品では「レチノイド反応」が出ることがあります。

皮膚刺激により赤くなる反応のことです。刺激の強いビタミンAではヒリヒリすることも。刺激が強いと思ったら、手持ちのクリームと混ぜて薄めて使うとOKです。そして徐々に濃度を上げていきましょう。

 

→美肌道のリュクスクリームパーフェクトはビタミンA(レチノイン酸トコフェリル)を最高濃度で配合しています。なので高価なんです・・。スミマセン。