肌タイプを色で診断

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

肌タイプを色から診断する。

です。

 

フィッツパトリック分類を使います。

もともとは皮膚ガンになりやすいかどうかのために作られた指標です。ハーバード大学で作られました。

肌色の明るさによる分類ですが、スキンケアにも直結してくるので自分の肌タイプを知っておきましょう♪

Ⅰ〜Ⅵまであるのですが、日本人だとⅡ、Ⅲ、Ⅳあたりが当てはまります。

 

フィッツパトリック分類

Ⅱ 容易に日焼けし赤くなる。黒くなりにくい。(色白さんや、そばかす肌さん)

Ⅲ 適度に日焼けし赤くなり、いつも黒くなる。

Ⅳ 日焼けしても赤くなりにくく、すぐ黒くなる。(RITSUKOはこれだ・・・色黒さん・・・)

 

肌タイプによる対策

Ⅱの人は日光による皮膚のダメージが大きいので、日焼けを徹底的に避けるようにしましょう。焼けても赤くなってすぐ肌色に戻るのですが、皮膚の奥まで届くUVAによってシワが目立ちやすい肌になります。年齢を重ねると、色は白くてキレイでも、皮膚全体がショワショワした感じになりやすいです。

日焼け止めは、SPF値は30程度でもOKです(黒くならないので)。UVA重視で購入することをオススメします。美容皮膚科での治療だとフォトフェイシャルが向いています。乾燥肌の方がほとんどなので、しっかり肌に油分を補ってあげてくださいね。化粧品ではビタミンA主体のものがいいでしょう。ビタミンAはシワをできにくくしてくれます。

 

Ⅲ、Ⅳの人はメラニンが作られやすく、炎症性色素沈着(肌が傷むと薄茶色になる)を起こしやすい肌です。シミができやすく、乾燥肌、混合肌、脂性肌、とさまざま。SPFは必ず高い数値のものを購入しましょう。Ⅲ、Ⅳの方はⅡの方より皮膚は少し厚いことが多いです。きちんとお手入れしていれば、皮膚のショワショワ感は起こしにくいです。化粧品はシミ対策に最適な、ビタミンC、Eの含まれているものがよいでしょう。

(*目尻、眉間などのしわは表情シワです。これらのシワは肌タイプとは関係ないです。皮膚テクスチャーのシワ感について書いています。)

皮膚の悩みが多いのはⅢ、Ⅳの肌タイプです。

Ⅱの方と比べて、肌の悩みが多いです。シミ、乾燥、混合肌、脂性肌。美容皮膚科でも、複数の治療が必要になることが多く、きれいな肌を取り戻すまで時間がかかります。

 

・乾燥肌の方・・・Ⅱの人より肌は厚めとは言え、乾燥を放置することでシワができはじめます。シートパックは止め(←最終的には皮膚を乾燥させます)、しっかりと油分を補ってください。

・混合肌の方・・・まずは乾燥対策から行いましょう。パッティング、コットン使用、マッサージ、シートパックなどはストップして肌にやさしく接しましょう。しっかりと油分を与えてあげてください。

美肌の鉄則をぜひお読みいただきたい肌タイプの方と言えます。

・脂性肌の方・・・活性酸素を抑えて皮脂の酸化をストップさせたいです。サプリメントではαリポ酸が酸化防止剤として非常に向いていると思います。化粧品は乳液程度がよいでしょう。

 

以上、肌タイプ別、お手入れ方法についてでした♪

美肌の鉄則、読んでください♪

シミにおすすめ!ハイドロキノンは皮膚科で買う!

こんにちは、RITSUKOです。

今日の話題は、、、

シミにおすすめハイドロキノンは皮膚科で買う!

です。

ハイドロキノンって?

まずはハイドロキノンの簡単な説明から😄👍

ハイドロキノンは、皮膚の中で「メラニンを作る道を断つ」働きを持っています。

(超簡単になってしまった・・・)

メラニンを作ることが出来なくなる=美白になる、という流れです。ターンオーバーで皮膚は剥がれていくのでハイドロキノンを使っていれば「メラニンのない皮膚が上に上がってくる」という訳です。

ハイドロキノンの市販品と皮膚科処方との違いは?

2001年に規制緩和されて、ハイドロキノンも市販で買えるようになりました。しかし、市販のハイドロキノンの配合は2%までと決まっています。一方で皮膚科での処方は4〜5%が一般的でしょう。(アメリカでは10%ぐらいの超高濃度のものが一般に売られていたこともありましたが、今は4%以上は医薬品となっています)

やはりシミに効かせたいのであれば、4〜5%のハイドロキノンをゲットしたいところです。市販品は何パーセントか記載のないものも多いので、効く薬剤である以上、パーセンテージもはっきりしている方がいいと考えます。

美白剤としてはトップクラス(市販の美白薬の100倍以上と言われています)なので、肌に刺激を起こすこともあります。真面目な皮膚科、美容皮膚科では、まずパッチテストを行います。腕の内側に塗って赤くならないかをテストします。肌色のままなら、処方OK!赤くなれば、ハイドロキノンが向いていない皮膚なので、トラネキサム酸のクリームなどに進路変更しましょう。

ハイドロキノンを効果的に使うコツは?

うすーくうすーく塗ること。部分使いならば、1cm大のシミなら爪楊枝の先くらいの量で充分です。塗りすぎたり、「盛ったり」すると赤くなって、皮膚を刺激してしまうことになります。すると美白剤として効かせるどころか、皮膚炎を起こすだけになってしまいます。

市販品の中では(特にネット通販系)ハイドロキノンかぶれ(赤くなる)を「好転反応です」とか言って、塗り続けるようにすすめるところもありますが、単にかぶれているだけなので塗るのをストップしましょう。

ハイドロキノンの注意点は?

皮膚科、美容皮膚科で処方してもらうハイドロキノンは防腐剤が入っていないものが多いです。なので、、、

☝️冷蔵保存。

☝️3ヶ月で使い切る。

それと、、

☝️日焼け止めを併用する。

日焼けでメラニンができるのは、皮膚を守るため。ハイドロキノンでメラニンを作らせないようにしているので、日焼け止めできっちり皮膚を守ってあげる必要があります。

ハイドロキノンの買い方は?

近所の美容皮膚科に「ハイドロキノンを買いたいのですが」と電話してみましょう。診察で皮膚の様子を見てもらってハイドロキノンが向いているか診てもらい、大丈夫なら処方されます。市販品なら「ほいっ」と買えるのでラクですが、大切な自分の肌。一度は美容皮膚科に行ってみましょう。最初は緊張しますが、ふつうのクリニックと同じです。リラックス!

 

→顔全体の美白には、世界初の仕組みをもった、やさしいビタミンCのこちらをどうぞ♪

 

肝斑って消えるの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

肝斑って消えるの?肝斑って何?

肝斑とは?

.肝斑とは女性ホルモンが活発なときにできる、うっすらしたシミのことを言います。両目の目尻付近に三日月型に出る方や、頬全体に出る方もおられます。「点々」「ポツポツ」「形が丸い」のは肝斑ではありません。日光性のシミでることが多いです。

.その他、慢性炎症(激しいお手入れ)でも肝斑様のシミができます。

多くの方は、上に書いた2種類(女性ホルモンによるもの、慢性炎症によるもの)を合併しておられます。

肝斑って自分で治せるの?

正しいお手入れで1年間、肝斑をかなり薄くできます。

お手入れの効果が出るのを急ぐ方が多いようです。

ゴマージュやスクラブ、酵素洗顔など、お手入れを行ってすぐに「つるつる」「さらさら」なお肌を手に入れたいと思って折られる方、手を挙げて🖐

皮膚のターンオーバーは4週間。何かお手入れを変えてプラスの効果が出てくるのに、最低4週間かかります。

即効性のあるお手入れは、お肌を傷めることが多いと思ってください。

トランシーノ+火傷ケアで、肝斑はかなり消えるんですよ。

トラネキサム酸の市販薬「トランシーノ」を薬局で買って、必ず1年間続けましょう。(高脂血症、ヘビースモーカー、女性ホルモン薬内服中の方は服用できません・・・)サボったらダメ‼️絶対‼️

火傷ケアはRITSUKOがいつも患者さんに言うのですが、「肝斑を火傷だと思ってお手入れしてね」という技です。

1.火傷にはスクラブしない。

2.火傷をコットンでパッティングしない。

3.火傷には酵素洗顔はしない。

4.火傷にはマッサージしない。

5.火傷には美顔器を当てない。

6.火傷には・・・・

次々と思い浮かびますね。

肝斑は、傷ついている、傷つきやすい場所なので、一切の刺激を避けましょう。火傷だと思って「びくびく」とお手入れしていると3ヶ月でかなり薄くなるのを実感していただけると思います。

そして1年経つと全体的にワントーン上がり、肝斑と正常皮膚との境目も分からなくなっていると思います。そこでトランシーノを内服する量を減らしたり、と今後の対策を考えましょう。

正しいお手入れを続けて居ると、1年後には肝斑はかなり薄くなります。

 

多くの方は、肝斑が薄くなっても、日光性のシミやADMというアザが今度は気になってきます。複数の種類のシミを持っておられる方も多いですが、クリニックでは一番最初に肝斑を治療します。

 

肝斑は自力で治せます。でも1年かかっちゃいます。

クリニックで治療すると3ヶ月くらいでキレイになれます。

あなたは自力派ですか?クリニック派ですか?

 

→肝斑対策に、隠れ炎症をケア。美肌の底力!

→肝斑対策にも。つやつや皮膚をゲット。超濃厚なターンオーバークリーム。