【口角】常に笑顔【上げる】

こんにちは、RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【口角】常に笑顔【上げる】

まずは、簡単な方法から・・・。

図を2つ載せます。

口角を上げる筋肉はどれでしょう。

1番目の図を見てみましょう。矢印に注目。口角を上げる筋肉を探します。

その後、2番目の図で筋肉の名前を確認。すると・・・。

4番の小頬骨筋、5番の大頬骨筋。

この二つの筋肉をこめかみへ向かって口角を引き上げる感じで引き上げてみましょう。ほっぺたが丸く持ち上がるように引き上げます。ついでに8番の笑筋も使っちゃいましょう。

順番にすると、8笑筋で「にっ」としてから、4小頬骨筋、5大頬骨筋で「ぐっ」と上げる感じです。「にっ」「ぐっ」ですね。

やり過ぎは禁物。1日2回、5分ずつくらいで充分です。毎日続けると、口角と頬が上がってきます。

 

何か悲しいことがあってしばらく笑わないでいると「やつれて見える」「顔が垂れたように見える」というのは、まさにこれらの筋肉を使っていないから。

楽しいから笑う、そしてさらに「笑う筋肉を鍛える」ことで口角は上がります。

口角を上げる美容医療

毎日のトレーニングをしても、口角が下がってしまう方もおられますよね。

そういう方は、最後の手段、美容医療で口角を上げることができます。

口角ボトックス

上の図で口角を引き下ろしている、9番の口角下制筋

ここにボトックスを注入することで口角が下がらなくなります。話すたびに自動的にキュッと口角が上がるようになりますよ。

残念なのは持続期間。3ヶ月ほどで効果が切れるので、ボトックスが気に入った方は定期的に注入する必要があります。

もちろん、ボトックスを打ち続けてもマイナス効果はありません。ボトックスを止めたら、以前よりたるむなんてこともありませんので、そこはご安心を。

口周りヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射によっても、口角を上げることが可能です。

口角から上唇の両端にかけて、少しめくるように注入し、口角を物理的に上げることができます。

また、9番の口角下制筋の上にうっすらとヒアルロン酸を注射することで、口角下制筋を押さえ込み、動きにくくさせるという方法もあります。さらに、しぼんでしまった口周り全体に薄くヒアルロン酸を注入してふっくらさせると、より魅力的な口元になります。

ヒアルロン酸の持続期間はボトックスより長く、半年から1年です。ヒアルロン酸には種類が多く値段も様々。持続期間の長いものほど値段は高くなります。

口周りが全体的にしぼんだ感じになっている方は、そろそろ美容医療を始めたほうがいいかもしれません。

さて、私も今から口角運動します!みなさんもご一緒に!

ヒアルロン酸注射おすすめ【5選】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

ヒアルロン酸注射おすすめ【5選】です。

ヒアルロン酸注射も打つ位置が進化しました。今までは、「ほうれい線」「マリオネットライン」などに注入することが主でしたが、今の主流は、こちら↓↓↓↓

☝️こめかみ

☝️あご

☝️額

☝️唇周り

☝️ゴルゴライン

以上です。

ヒアルロン酸注射、輪郭に入れることが増えているんです。

に入れるとフェイスラインがひっぱられて、たるみも減って見えます。(上の写真は顎下の脂肪溶解注射もしてそうだけど・・・・)老化すると、は尖りが減り、四角い顎になってくるんです。四角に変形してきたにヒアルロン酸を注入することで、輪郭のキュッとした「しまり」を作り、逆三角形のイメージにします。

 

老化していくとこめかみが痩せ、輪郭がガタガタしてきます。そうすると女性らしい卵形の輪郭が失われ、ゴツゴツしたラインになってくるんです。「頬骨が目立ってきたな・・・」と思われた方は、こめかみが凹み、頬骨の下が凹んでいませんか?そう、頬骨の下がコケていませんか?これがガタガタした輪郭の正体です。頬骨をサンドするように、こめかみとコケにヒアルロン酸を注入すると卵形の輪郭に戻れます♪コケに注入することで、なんとリフトアップ効果もあるんです。

 

は皮膚と骨だけになり、痩せこけた感じになります。ふんわりとおでこを丸くすると若々しい印象になります。シワも伸びるのでオススメです。ボトックスを打つと眉が下がってしまう方は、ヒアルロン酸注入でシワを取ることができます。

ヒアルロン酸注射、輪郭以外の部位ではどこに入れるでしょうか。

唇周りは、痩せていくと鼻下が伸び、上唇の2つの山が不明瞭になります。上下の唇も内側に巻き込んでいき、薄くなってきます。昔の流行のような唇お化けにはならず、若いときの印象になるよう、口角を上げるように注射します。

 

そして、ゴルゴラインに注入することで、頬が下向きに落ちていくのを補います。

以前のようにヒアルロン酸をほうれい線に注射することは少なくなってきました。

顔の中央に押し寄せてきた「たるみ」をヒアルロン酸で持ち上げるのには限界があるからです。ゴルゴラインに注射することで上向きに頬が上がり、ほうれい線も薄くなることが多いです。ほうれい線は若い人にもあるので、「消す」のではなく「薄くする」のが、今の注射方法です。

 

美容皮膚科の知識はどんどんアップデートしています。勉強会大好き♪

 

→化粧品も常にアップデートをしております。

ヒアルロン酸の刺すパックってどうなの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は・・・。

貼って、ヒアルロン酸の針を刺すパックです。

ニードル系スキンケア、刺すヒアルロン酸とも言われています。テープにチクチクした針状のヒアルロン酸が付いていて、上から押し込んで刺す。一般的には皮膚の内側には入らないヒアルロン酸を、針状にして皮膚内部へむりやり押し込む、というもの。私、今日は辛口じゃないでーす。なぜなら私も開発したこがあるのです。まぁ、開発の話は置いておいて・・・。

貼って刺す、ヒアルロン酸針パックに副作用はないの?

副作用は、ヒアルロン酸の針よりもテープの方で起こると思います。敏感肌さんでは、テープかぶれのようなものが起こるリスクがあります。一晩貼り付けてください、というサイトもありますが、それは長時間過ぎます。押し込んだヒアルロン酸は10~15分で肌に溶けてなじむので15分で剥がしましょう。それ以上やっても効果は上がりません。

ヒアルロン酸針パックの効果は?効くの?

効きます。ただし場所によります。

貼るヒアルロン酸の効く場所って?

👆眼の周りのちりめんじわ。

以上です。眼の周りの皮膚は薄く、刺すヒアルロン酸が充分に行き渡る場所です。それもちりめんじわだけに効きます。シュワシュワした皮膚には効果があり、ピン!と貼った皮膚になれますよ。目尻のカラスの足跡のようなシワは表情じわなので、肌を潤しても効果はありません。目尻のシワに効くのはボトックスです。目の下のたるみに効く、なんて嘘すぎて泣きそう。目の下のたるみなんてオペ推奨レベルですよ・・・。

その他の場所にはあまり効果がないと思ってもいいでしょう。

「眉間に貼れ」というのはひどい嘘です。眉間は表情じわなので皮膚を潤しても表情シワは消えません。眉間のしわにはボトックスですね。

「ほうれい線に貼れ」もひどい嘘です。ほうれい線は頬上部からのたるみが押し寄せてできるシワなので、たるみを取らないといけません。こんな微細なヒアルロン酸で皮膚を潤してもたるみは取れません。ほうれい線のシワにはヒアルロン酸注射か糸で引き上げる治療です。(←やっぱり辛口やん・・・)

 

RITSUKOは嘘がダメなんですよ・・。効く化粧品も効かないように使われちゃったらもったいなくない?

美容皮膚科がまだ怖い、ボトックスやヒアルロン酸注射なんて怖い、という方につけ込むなんて、ダメ‼️絶対‼️

美容皮膚科に来てください。相談だけでもいいですから。

 

私は、12年前、滋賀県の研究所と「刺す美白美容液」というのを開発していました。ヒアルロン酸の針にビタミンC(APPS)を混ぜこんで、皮膚の内側にヒアルロン酸+美白美容液をダイレクトに押し込むというもの。テープタイプではなく、針でさしたあと、パキッと針を折るようにして取り外す方式でした。効果は高かったのですが、そこで開発が止まってしまったんです。

 

 

RITSUKOは化粧品開発では10年先を行ってると思います。オイル美容も15年前から提唱してましたからねっ😤😤

みなさん、RITSUKOについてきてくださいね。決して悪いようにはいたしません。

 

 

→目周りのちりめんじわにはリュクスクリームを。高額なので目回りだけに使っていただくのもいいと思います。毎日朝晩使えるし、最終的には貼るヒアルロン酸より安くつきます♪