日焼け止め(顔)おすすめ【3選】

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

顔用日焼け止めおすすめ【3選】(って少ないやん・・・)

3月から降り注ぎ始めた紫外線、最高潮になってきましたね。RITSUKOはバリ島によく行くので、日焼け止めにはうるさいです。バリ島に行くたび何種類もの日焼け止めジプシーを繰り返していました。人体実験みたいなものです・・・。

美白対策だけでなくシワ対策にも!日焼け止め【3選】

ラロッシュポゼさんのコレ!

キールズさんのコレ!

ランコムさんのコレ!

普段使いはSPF30、UVA+++くらいでOKと言われています。私はアウトドアでは、SPF50+、UVA++++を使っています。

日本製の日焼け止めは「さらさら伸びすぎる」せいで、効果が薄くなることも。なのでRITSUKOは外資系を狙っています。欧米人の肌は、日光に非常に弱いので、「欧米ブランドの日焼け止め」を信頼しているわけです。

日焼け止めを塗らないと、シミだけでなくシワ・たるみも!

Time cannot regret anyone. Wrinkled female face. Close up

紫外線の種類は2種類!UVAとUVB!(本当はUVCっていう3種類目もあるのですが、地上には到達しないので数えません)

 

みなさん、SPFとUVA、ってどちらに注目していますか?

調査によると、日焼け止めを買うとき、SPFに注目する方が55%。UVAに注意して選ぶ方は26%だそうです。

だけど実際は、地上に降りそそぐ紫外線の90%はUVAなんです。

UVB: 皮膚の表面に影響を与えます。日光にさらされると赤くなり、その後茶色に変化します。その後シミを作ります。

UVA: 皮膚の奥(真皮層)に届きます。真皮層にある新しい皮膚を産む繊維芽細胞を破壊します。繊維芽細胞はコラーゲン、エラスチンを作り出してくれる細胞です。それが壊されると、コラーゲンが分解され、再生もされず、シワを作り、弾力性のない肌になってしまうのです・・・。

UVA恐ろしや・・・。SPFだけでなく、UVA対策、しっかりしましょう!

 

美肌道では日焼け止めを作っていないので、辛口じゃないブログになりました😁

→毎日の美白対策に!保湿もしてくれる美容液です。

皮脂を抑える化粧品おすすめ!

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

皮脂を抑える化粧品について

RITSUKOと同じくらいのアンチエイジング世代には、皮脂の多い方は少ないと思います。もしかしたら、部分的脂性で困っている方もおられるかもしれません。また、お子様、甥、姪、で皮脂が多くてニキビに困っている方がおられたら是非教えてあげてください。

皮脂を出しすぎる原因はそれぞれです。ストレス、睡眠不足、偏った食事なども交感神経を活発にさせて皮脂を分泌させます。そういった環境をきちんと整えながら、スキンケアでも皮脂を抑えていきましょう。

皮脂が多い?実は少ない?本当の肌質は?

1 もともとの油性肌→顔全体がぬるぬるするほど皮脂が出る。顔全体がテカる。今までのスキンケアで乾燥したことはない。

2 自分で油性肌を作ってしまっている。→部分的にテカテカする。乾燥している部位もある。今までのスキンケアで肌荒れしたことが何度かある。

1のタイプの方で、身体が「油の酸化したような匂いが気になる方」は、αリポ酸のサプリが効くことも多いです。どちらの方も、スキンケアは同じですよ。

皮脂を抑えるスキンケアをご紹介します。

洗顔しすぎない。

洗顔しすぎると、皮膚が余計に皮脂を分泌してしまいます。その未熟な皮脂は、皮膚に炎症を起こしてしまうのです。拭き取る「すっきりシート」もストップしましょう。エタノール配合のものが多く、いったんすっきりしても結局は皮脂をよけいに分泌させてしまします。また固形石鹸で洗顔するのをやめましょう。肌がアルカリ性に傾くと雑菌が繁殖しやすくなります。キューピーベビー泡ソープがおすすめ。お肌は弱酸性に保ちましょう。

2 ビタミンCの化粧品を使う。

化粧品の裏面を見ましょう。「ビタミンC」とは書かれていないので要注意。もともとの油性肌さんには「アスコルビン酸Na」と書かれているものがおすすめ。かなり強力に皮脂を抑えてくれます。「アスコルビン酸Mg」入りもおすすめです。

部分的に乾燥する油性肌さんには「APPS」(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)がおすすめ。乾燥しにくいと思います。また油性のクリームとして「VC-IP」(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)も部分使いしてはどうでしょうか。

3 抗炎症剤入りの化粧品を使う。

グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ステアリルと言った抗炎症剤が入っていると、バッチグー(死語)です‼️

 

欧米では、日光浴でニキビがよくなるといった迷信があるそうです。日焼けの炎症でニキビは悪化するよ!ダメ‼️絶対‼️

 

肌と同じ、水性+油性の「両親媒性」という性質を持っていて保湿もできる、それに加えて、抗炎症のグリチルリチン酸ジカリウム入りで、いいとこ取り!のビタミンC美容液はこちら。高額だけど元は取れます!

 

ヒアルロン酸の刺すパックってどうなの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は・・・。

貼って、ヒアルロン酸の針を刺すパックです。

ニードル系スキンケア、刺すヒアルロン酸とも言われています。テープにチクチクした針状のヒアルロン酸が付いていて、上から押し込んで刺す。一般的には皮膚の内側には入らないヒアルロン酸を、針状にして皮膚内部へむりやり押し込む、というもの。私、今日は辛口じゃないでーす。なぜなら私も開発したこがあるのです。まぁ、開発の話は置いておいて・・・。

貼って刺す、ヒアルロン酸針パックに副作用はないの?

副作用は、ヒアルロン酸の針よりもテープの方で起こると思います。敏感肌さんでは、テープかぶれのようなものが起こるリスクがあります。一晩貼り付けてください、というサイトもありますが、それは長時間過ぎます。押し込んだヒアルロン酸は10~15分で肌に溶けてなじむので15分で剥がしましょう。それ以上やっても効果は上がりません。

ヒアルロン酸針パックの効果は?効くの?

効きます。ただし場所によります。

貼るヒアルロン酸の効く場所って?

👆眼の周りのちりめんじわ。

以上です。眼の周りの皮膚は薄く、刺すヒアルロン酸が充分に行き渡る場所です。それもちりめんじわだけに効きます。シュワシュワした皮膚には効果があり、ピン!と貼った皮膚になれますよ。目尻のカラスの足跡のようなシワは表情じわなので、肌を潤しても効果はありません。目尻のシワに効くのはボトックスです。目の下のたるみに効く、なんて嘘すぎて泣きそう。目の下のたるみなんてオペ推奨レベルですよ・・・。

その他の場所にはあまり効果がないと思ってもいいでしょう。

「眉間に貼れ」というのはひどい嘘です。眉間は表情じわなので皮膚を潤しても表情シワは消えません。眉間のしわにはボトックスですね。

「ほうれい線に貼れ」もひどい嘘です。ほうれい線は頬上部からのたるみが押し寄せてできるシワなので、たるみを取らないといけません。こんな微細なヒアルロン酸で皮膚を潤してもたるみは取れません。ほうれい線のシワにはヒアルロン酸注射か糸で引き上げる治療です。(←やっぱり辛口やん・・・)

 

RITSUKOは嘘がダメなんですよ・・。効く化粧品も効かないように使われちゃったらもったいなくない?

美容皮膚科がまだ怖い、ボトックスやヒアルロン酸注射なんて怖い、という方につけ込むなんて、ダメ‼️絶対‼️

美容皮膚科に来てください。相談だけでもいいですから。

 

私は、12年前、滋賀県の研究所と「刺す美白美容液」というのを開発していました。ヒアルロン酸の針にビタミンC(APPS)を混ぜこんで、皮膚の内側にヒアルロン酸+美白美容液をダイレクトに押し込むというもの。テープタイプではなく、針でさしたあと、パキッと針を折るようにして取り外す方式でした。効果は高かったのですが、そこで開発が止まってしまったんです。

 

 

RITSUKOは化粧品開発では10年先を行ってると思います。オイル美容も15年前から提唱してましたからねっ😤😤

みなさん、RITSUKOについてきてくださいね。決して悪いようにはいたしません。

 

 

→目周りのちりめんじわにはリュクスクリームを。高額なので目回りだけに使っていただくのもいいと思います。毎日朝晩使えるし、最終的には貼るヒアルロン酸より安くつきます♪

 

アラフォーからの魅力

みなさま、こんにちは。
マッド皮膚科医RITSUKOです。

アラフォー(一桁全部切り捨てバージョン)からの魅力。

それは、皮膚、髪、歯です。

私は皮膚科医なので、皮膚バージョンをお伝えします。

シミ、しわ、たるみ・・・。

この中で患者さんが一番にご相談されるのが、たるみ。

RITSUKOが一番に治して差し上げたいのがシミです。

まずシミをとって、肌を均一にすることから始めます。
それからしわ、たるみ治療に入っていきます。

シミを取るとかなり表情が変わります。
ファンデを厚塗りしなくても、若々しい色味が回復します。
肝斑や日光性色素斑を除去すると、コンシーラーも不要ですもんね。

そしてシミになりにくいお手入れ方法を確認します。
シミになりにくいお手入れ方って、簡単な割に、しわ、たるみにも効くんですよ。

以下に心当たりがある人、手を挙げて👍

日焼け、マッサージ、ダブル洗顔(ゴシゴシ)、スクラブ、ゴマージュ。
酵素洗顔。ゴシゴシ系は全部ダメ😣

それらは、角質層を傷め、傷んだ肌を紫外線に狙い撃ちされて、
どんどんシミを作り出します。

すでにやり過ぎていて、はっきり地図みたいなシミができている方は、
美容皮膚科へGO❗
はっきりしたシミにはレーザーしか方法はないのです。

そうならないためにも❗ゴシゴシ系、角質を奪う方法はやめて😭
角質は刺激への大切な防御であり、素肌を綺麗に見せる第一の方法。

お手入れ方法を変えると、小じわも明らかに減っていきます。
(美肌道では、リュクスクリームと肌のおまもりですね)
(垂れた毛穴は、ホイップクリームで改善します)
乾燥での小じわは保湿と新陳代謝で明らかに消えていきます。

それからがたるみ治療です。

たるみ治療も、お家である程度までは可能です。
Y字型ローラー、顔筋運動、をすぐにやめてみて😣😣😣❗😣😣❗😭😭

次回は、たるみについてじっくり書きますね。

 

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ

 

アラフォーからの美しさ

本日は、アラフォーからの美しさについて、です❤

私の友人で、女からみてもほれぼれする人💕が数名いて、
その人を想定して書いております。
(決して自分ではないところが悲しい💦とほほ)

1。物腰の優雅さ、柔らかさ

年齢を経ないと出ない優雅さ😌というものがあります。
若いときには自然に「きびきびきゃぴきゃぴ」動いてしまいますが、
そうした魅力とは別に、ゆっくりした(トロいのとは違います)
上品な動きにはオーラが出ます。

2。余裕
自分の芯を持った女性(仕事、趣味、思想でもなんでも)は
  緊張感があってきれいです。
その緊張感が大人の女性の「余裕感」を生みます👏

3。美肌
これ、けっこう重要だと思います👂
若い女性のぴちぴちした肌はうらやましいですが、
きちんとケアされた肌、
上質のコスメを使ったメイクは大人の魅力を上げてくれますし、
決して若い女性に負けませんよ。
パン!と張った肌でなくても、ふんわりした肌は大人の特権です❗

4。美しさとかわいらしさ
相手を威圧するような「デキる感」ではなく、
何でも包み込むような寛容さが大人の魅力ではないかと思います。
また、そういう包容力をもった笑顔は、
圧倒される美しさではなく、
かわいらしさ
を生みます。
若くてかわいいのは当たり前。

大人の女性が「かわいい」というのがミソでございます。


5。自分に似合う服と小物を研究する。

アラフォーでもまだまだ若いときの体型を保っておられる方も
多いですが、
実は少しずつ体型は確実に変化😔しています。
若い女性の着るブランド服が「まだ着られる」としても、
  動いたときにできる布のシワの形は、
明らかに美しくない年齢を感じさせます。

特に、背中を曲げたときに横に走る服のシワは悲しいです。
自分の体が美しく見える、自分専用の服を見つけましょう。
また、小物もセンスの見せどころ。
よくある、ブランドではなく(これは威圧感になってしまいます)、
どこのものかわからないけど目を引くものを
ちょこちょこっと身につけるのがおすすめです。
ゴテゴテはだめ~😅

以上が、私の友人女性の姿です。
いつ見てもホレボレします❤

次回は、私がお手伝いできる「大人の美肌作り」について
ご紹介します。

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ