【美肌菌】を育てよう!

みなさん、こんにちは。

今日の話題は、、、、

【美肌菌を育てよう!】

皮膚上に住んでいる「美肌菌」は1000種類もあり、1cm2あたり100万個以上の菌が住んでいると言われています。

その中でも、重要な菌をピックアップして解説していきたいと思います。

美肌を作る菌のバランス

皮膚上には「美肌菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があり、3種類がバランスを保って存在しています。このバランスが整った状態が「美肌」であり、「悪玉菌」や「日和見菌」を全部なくしてしまえばいい、というものではないんです。

それぞれの菌の働きを解説

美肌菌:表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は皮脂を食べてくれます。その時に皮脂をグリセリンと脂肪酸に分解します。グリセリンは肌にうるおいを与え、脂肪酸は肌のpHを弱酸性にしてくれる上、抗菌ペプチドとして働きます。美肌菌が多いと赤みが少なく水分量の高い皮膚になります。

悪玉菌:黄色ブドウ球菌

ブドウ球菌は、数が少ないと悪影響はそこまでありません。ブドウ球菌は傷を化膿させ肌を乾燥させる菌です。肌本来の弱酸性の状態を変化させ、弱アルカリ性の環境を作ります。

日和見菌:アクネ菌

アクネ菌は、肌が健康だと美肌菌を応援し、肌のバランスが崩れると悪玉菌の働きをします。ストレスで皮脂が増えるとアクネ菌のリパーゼ(酵素)が皮脂を分解し、遊離脂肪酸を分泌します。遊離脂肪酸は肌を刺激しニキビを発生させます。

上の3つの菌のバランスが取れている状態が美肌なのです。

美肌菌を増やすには

1.乾燥を止める:表皮ブドウ球菌はうるおいのある環境下で成長します。もっとも改めなくてはいけないのは「洗いすぎ」です。

東京女子医大の出来尾医師によると、「日々のスキンケアは、朝は水洗顔、夜のみ洗顔がベスト。実際、3日間、水洗顔した人の肌を調べたところ美肌菌が増えていた」とのことです。

水洗顔だと、肌表面についた汚れ、垢、汗は落ちても常在菌はほとんど残ります。皮膚の水分を守るバリア機能も壊れません。美肌菌も悪玉菌ものこるけれど、バランスが崩れていないので、肌の調子は狂わないのです。

洗顔剤を使用すると、界面活性剤が肌の常在菌をきれいに洗い流してしまいます。朝に洗顔料を使ったあと、夜に再度洗顔すると、せっかく復活した美肌菌がまた洗い流されてしまいます。一度流された菌が素に戻るには12時間かかると言われています。

2.日焼け止めを使う:外部からの刺激を減らすことが重要です。

3.ストレスを溜めない:睡眠不足などで肌の新陳代謝が乱れると、肌の常在菌のバランスが崩れ、肌荒れを起こします。特にストレスで皮脂が増えるとアクネ菌が暴れ出します。

美肌菌を育てるのに一番大切なのは「洗いすぎないこと!」。

朝は水かぬるま湯で洗顔し(ニキビの方は油っぽいところだけアミノ酸系の洗浄料を使ってみてください)、夜1度だけ洗顔剤(あるいはW洗顔のいらないクレンジング)を使いましょう。

あなたの肌に「赤みがあってカサカサしていれば」それは、美肌菌の少ない証拠です。洗いすぎをやめて美肌菌に復活してもらいましょう!

 

 

弱酸性ですっごく潤う化粧水はこちらです。美肌菌を育てちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)