【OK?】固形石鹸洗顔【NG?】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【OK?】固形石鹸洗顔【NG?】

洗顔に固形石鹸を使うのが根強く流行っています。昔からの石鹸メーカーのものを名指しで特集されているのを目にしたりもします。

洗顔に固形石鹸を使うのは、OKかNGなのかを見ていきましょう。

固形石鹸は肌にやさしい?

固形石鹸はpH8.0~11.0のアルカリ性であることが多いです。アルカリ性の石鹸は「角質を柔らかく変化させて落としてしまう」のです。これが「つるつる」の洗い上がりの「正体」です。アルカリ性はタンパク質を溶かしてしまう性質があるのです。

「つるつる」になって「ピッ」とお肌が張ってしまう感覚は「角質が落とされすぎた」せいなんです。

また、角質の中にある天然保湿因子(NMF)は、アルカリ性であればあるぼど、流出しやすいことが分かっています。

RITSUKOは角質は育てる物だと考えています。落としすぎはいけません。角質があるからこそ、皮膚バリアが守られ、お肌は「もっちり」するんです。

固形石鹸で洗うと、石鹸カスが肌に残る?

固形石鹸で洗うと「つるつる」の後に「キュッキュッ」という感覚が来ませんか?

この「キュッキュッ」は顔に石鹸カスが付着している音なのです。石鹸カスとは水道水中のマグネシウムやカルシウムなどのミネラルと石鹸が結合したものです。

石鹸カスの残らない石鹸としては、EDTA-4Naなど、EDTA〜が配合されているものを選ぶと良いと思います。金属のキレート剤(封鎖剤)として、石鹸カスが作られるのを止めてくれます。

特に気をつける固形石鹸とは?

「純せっけん」「無添加せっけん」です。

名前はやさしそうな「純せっけん」「無添加せっけん」ですが、石鹸の中で特に洗浄力が強いのです。

石鹸の箱の裏を見てもらうと「石けん素地」のみであることが多いです。これが「キュッキュッ」の原因である石鹸カスを作ります。

石鹸を使いたい方は、EDTA〜入りで、石鹸カスの残らないものの方が肌にもやさしいでしょう(でも、固形石鹸自体、おすすめしませんよ。。。)

固形石鹸でなければ、肌にやさしい?

液体やチューブ入りの「せっけん」も存在します。

「せっけん」というと、=「固形」というイメージがあると思います。しかし、実は、チューブ入りの洗顔料や、液体タイプの洗顔料も「せっけん」であることは多いです。ドラッグストアで、ぜひ、成分表示を見てください。「石けん素地」と書いてあるか、「何らかの油脂(←これはいろいろあって判読が難しいでしょう」+「水酸化K」あるいは「水酸化Na」という表示があれば「せっけん」です。液体であろうとチューブ入りであろうと「せっけん」なんです。

固形石鹸での洗顔、結局NG。

大人の美肌にアルカリ性や石鹸カスは不要ですよね。「弱酸性」表記のある洗顔剤を選びましょう。ニキビがある方や、極端な脂性肌以外の方ですと、朝は「ぬるま湯洗顔」をおすすめします。

 

→弱酸性の特濃化粧水です。使った方からは「濃さにびっくり」「美容液並」とのお声が寄せられております♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)