【好転反応?】アトピー【騙されないで】

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【好転反応?】アトピー【騙されないで】

全身に症状が出るとき、女性の顔に重い症状が出るときなど、本当に辛いものです。

アトピー性皮膚炎は治る?

アトピー性皮膚炎は免疫系が関与する「皮膚の性質」とも言えるもので、「治す」というよりは「症状が出ないように抑えながら付き合う」という姿勢が大切です。ステロイド薬を使うことが多いですが、正しく使えば恐れる薬ではありません。ステロイド薬を塗りたくない、という考えがなぜか広まっているのが、RITSUKOには不思議なのですが、どうもアトピービジネスのせいではないか、と考えています。

アトピーに近寄る「アトピービジネス」

気長に治療を受け続けることが大切なので、「即効性」を求めることはしないでほしいです。怪しいアトピービジネスは「すぐに効く」や「ステロイドは悪」と言ったセリフで近づいてきます。

アトピービジネスでよく使われるセリフが「好転反応」。

「好転反応」は一般的にこういうふうに使われます。

一時的に症状が悪くなるのは効果がある証拠

アトピーの治療でこういった反応を起こすことはありません。「好転反応」の言葉を使ったのは「業者」「販売員」「〜〜〜〜アトピー協会」などではありませんか?医療機関や製薬会社以外の助言に誘われてはいけません。健康食品会社などが「好転反応」と行った言葉を使うのは「薬事法違反」に当たります。

好転反応に医学的根拠はありません。

「体内の毒素を出す」も良く使われるセリフです。高額な健康食品のセールスに捕まらないように。

アトピー治療に役立つRITSUKOの知恵

RITSUKOが難治性のアトピー患者さんとともに治療を続けてきて有効だったものを記します。

皮膚科専門医の医師のもと、適切なステロイド外用、タクロリムス外用を続けること。かゆみを抑える内服薬も必要なら先生の指示に従ってください。

日常のケアとしては、保湿を心がけること。保湿にはヒルドイドが使われることが多いですが、最近、皮膚バリアを作ってくれるセラミドがヒルドイドよりも有用というデータも見たのでセラミドを足してみてください。RITSUKOが患者さんに勧めているものを挙げます。

ロゼット AKシリーズ

近くの皮膚科で扱っていればいいのですが・・・。

γリノレン酸の内服

γリノレン酸には抗炎症作用があります。アトピーの方は、「リノール酸」から「γリノレン酸」を作ることができないため、炎症性物質を作りやすいです。イギリスではアトピーの治療薬として扱われています。

γリノレン酸の外用

皮膚に直接塗ることで、炎症作用を抑えます。

こちらは宣伝ではなく、美肌道のシークレット・オイルを使っていただきたいです。γリノレン酸をこれでもか、と詰め込んだオイルです。

卵の生の「白身」を避ける。生クリームも。

卵の白身(生の場合)には、アビジンという成分が入っており、ビオチンの吸収を阻害します。ビオチンは皮膚形成を促進する成分(ビタミンH)です。卵かけご飯が大好きな方は食べるなら、白身を抜きましょう。半熟卵、加熱した卵の場合は、ビオチン阻害作用がなくなります。加熱すればOK。

ビオチンを摂取する。

↑↑↑以前ブログに書きました。

保険の皮膚科での治療に足してもらえれば嬉しいです。もちろん、どれも100%の効果を保証するものではありません。このうちどれかが、アトピーの方の肌に合うものがあれば幸いです。アトピービジネスに騙されないで、うまく皮膚をコントロールしていきましょう!

【口角】常に笑顔【上げる】

こんにちは、RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【口角】常に笑顔【上げる】

まずは、簡単な方法から・・・。

図を2つ載せます。

口角を上げる筋肉はどれでしょう。

1番目の図を見てみましょう。矢印に注目。口角を上げる筋肉を探します。

その後、2番目の図で筋肉の名前を確認。すると・・・。

4番の小頬骨筋、5番の大頬骨筋。

この二つの筋肉をこめかみへ向かって口角を引き上げる感じで引き上げてみましょう。ほっぺたが丸く持ち上がるように引き上げます。ついでに8番の笑筋も使っちゃいましょう。

順番にすると、8笑筋で「にっ」としてから、4小頬骨筋、5大頬骨筋で「ぐっ」と上げる感じです。「にっ」「ぐっ」ですね。

やり過ぎは禁物。1日2回、5分ずつくらいで充分です。毎日続けると、口角と頬が上がってきます。

 

何か悲しいことがあってしばらく笑わないでいると「やつれて見える」「顔が垂れたように見える」というのは、まさにこれらの筋肉を使っていないから。

楽しいから笑う、そしてさらに「笑う筋肉を鍛える」ことで口角は上がります。

口角を上げる美容医療

毎日のトレーニングをしても、口角が下がってしまう方もおられますよね。

そういう方は、最後の手段、美容医療で口角を上げることができます。

口角ボトックス

上の図で口角を引き下ろしている、9番の口角下制筋

ここにボトックスを注入することで口角が下がらなくなります。話すたびに自動的にキュッと口角が上がるようになりますよ。

残念なのは持続期間。3ヶ月ほどで効果が切れるので、ボトックスが気に入った方は定期的に注入する必要があります。

もちろん、ボトックスを打ち続けてもマイナス効果はありません。ボトックスを止めたら、以前よりたるむなんてこともありませんので、そこはご安心を。

口周りヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射によっても、口角を上げることが可能です。

口角から上唇の両端にかけて、少しめくるように注入し、口角を物理的に上げることができます。

また、9番の口角下制筋の上にうっすらとヒアルロン酸を注射することで、口角下制筋を押さえ込み、動きにくくさせるという方法もあります。さらに、しぼんでしまった口周り全体に薄くヒアルロン酸を注入してふっくらさせると、より魅力的な口元になります。

ヒアルロン酸の持続期間はボトックスより長く、半年から1年です。ヒアルロン酸には種類が多く値段も様々。持続期間の長いものほど値段は高くなります。

口周りが全体的にしぼんだ感じになっている方は、そろそろ美容医療を始めたほうがいいかもしれません。

さて、私も今から口角運動します!みなさんもご一緒に!

【必要】40代【油分】

今日の話題は、、、

【必要】40代【油分】

 

40代になると、肌がうるおい不足のサインを出してきます。

肌荒れ、カサカサする、チリチリ痒い、キメが粗い・・・・。

これらは水分不足だと思って、化粧水を今までよりも多く使っている方が多いと思います。さて、乾燥の正体は「水分」でしょうか。

乾燥するのは油分不足なんです。

実は乾燥を引き起こすのは「水分不足」ではなく「油分不足」なのです。

水分はすぐに蒸発するので、それを閉じ込めるクリームが必要になります。40代を超えたら、なるべく「こってりめ」のクリームを選びましょう。油性の美容成分が入っていることも重要ですが、まずは「保湿」。最低限必要なのはセラミド。セラミドが入っていて、こってりしていれば、まず合格!です。お風呂上がりに塗って、寝る前にもう一度塗りましょう。「スリーピングパック」として働きます。

クリーム選びのコツ

先ほども書いたように「こってりめ」を選ぶのがコツ。夜塗って朝に乾燥しないことよりも、「朝塗って夜まで乾かない」のを選びましょう。朝〜夜はメイク、外気、エアコン、で、寝ているときよりも過酷な環境です。その過酷な環境から守ってくれるかどうかを見極めてください。

じゃあ、水分はどうするの?

水分は皮膚からすぐに蒸発します。化粧水選びとして、「角質層にしみこむ系」と「皮膚表面に膜を張る系」のどちらかを選ぶとしたら・・・。「皮膚表面に膜を張る系」をおすすめします。もちろん、角質内部に栄養(アミノ酸など)を与えるのも大切です。でも、どちらかを選ぶなら、ヒアルロン酸、リピジュア、コラーゲン、などの「皮膚表面に膜を張る系」をおすすめします。(ヒアルロン酸、リピジュア、コラーゲンは皮膚に浸透しません。皮膚の表面で水分を保持してくれる役割を持っています)。とにかく皮膚を「乾かさない」のが大切なんです。

シートパックは不要です

シートパックは、結局、肌の水分をシート側に奪われしまうので、行わない方がいいでしょう。クリニックにくる患者さんの肌を見て「シートパックしていませんか」とすぐに分かるときがあります。ショワショワとして皮膚に元気がないように見えるのです。

乳液は必要?

乳液は「水分+油分」で出来ています。化粧水で水分を、クリームでたっぷり油分を与えていれば、乳液は不要です。

化粧水とクリームの塗り方

まずは化粧水。

化粧水を片手に10円玉〜500円玉大を載せます。それを両手にさっと取り、顔に乗せていきます。「スタンプ塗り」でOK。入れ込むように両手で数分間押さえ込んでも意味はありません。何度も何度も重ね塗りしても無意味です。何度も化粧水が入っていくのだとしたら「浮腫む」はずだと思いませんか?「お風呂から出てきたら全身浮腫んでいる」ということはないように、皮膚の水分含有量には限界があるのです。

 

そしてクリーム。

 

化粧水を塗り終わったら、まだお肌がしっとりしているうちにクリームを重ねましょう。(美容液を使っている方はクリームの前にどうぞ♪)

クリームの塗り方も「スタンプ塗り」。両手にとって手のひらに広げたら、「両頬」「額+顎」にスタンプのように「置いて」行きましょう。ぐりぐり塗り込む必要はありません。「ぐりぐり塗り」は皮膚を傷ませ、たるみを呼び込んでしまいます。

こってりめクリーム、朝のメイク前にはティッシュで軽くおさえて上げるとお化粧乗りに影響が出ないです。

水分重視の美容法が多いですが、クリーム重視で行きましょう。寝る前に「スリーピングパック」としてクリームを塗る方がシートパックより断然おすすめです。(ただ、枕にはタオルを巻いてください・・・)

 

アミノ酸、ヒアルロン酸、リピジュア、そして保湿の切り札「ペリセア」入りの化粧水はこちら♪

2年間かかった開発で、乾燥から肌をがっちり守り、花粉皮膚炎を起こりにくくするクリームはこちら♪

どちらも自信作です!