【自然を壊す】スクラブ洗顔料

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【自然を壊す】スクラブ洗顔料

プラスチック製品が海を汚染するということが一般にも知られるようになりました。日本では最近、レジ袋からマイバッグへ移行するようになりましたね。

プラスチック、と聞けば、レジ袋やペットボトルが思いつきます。これらが破砕され、小さなプラスチック「マイクロプラスチック」(マイクロビーズとも呼ばれます)へと砕けていきます。

 

実はスクラブの小さな「つぶつぶ」もプラスチックであることが多いのです。

この「つぶつぶ」は「マイクロプラスチック」でできており、レジ袋やペットボトルより「困りもの」なんです。

マイクロプラスチックは特に悪者?

洗顔料などに含まれている直径5mm以下の「極小プラスチック」は排水処理施設では小さすぎるため処理できず、そのまま海へ流れ込んでしまうのです。

マイクロプラスチックは海でどうなるの?

マイクロプラスチックは化学的に汚染物質を吸収する性質があります。それを摂取した魚に汚染が濃縮され、結局はその魚を摂取する鳥、そして私たち人間にも食物連鎖で汚染が及ぶのです。

アメリカでは2015年に「マイクロビーズ除去海域法」が成立しています。日本は対応が遅れており、企業に「自主的な対応」を要請しているレベルです。

マイクロプラスチック、各メーカーの取り組み

さすが、大手化粧品会社の対応は早い!

コーセー 2014年にマイクロビーズを廃止。

花王 2016年に廃止。

マンダム 2017年に廃止。

資生堂 2018年に廃止。

ポーラ 2018年に廃止。

スクラブ、やめよう。

日本ではマイクロプラスチックに関しては「自主的な対応」を求めているだけなので、もしかするとまだ配合している会社も存在している可能性があります。

スクラブ、ゴマージュ自体、肌を傷つけるので、私は「スクラブ反対派」。その上、海洋汚染を促進してしまうなら、スクラブのいいところ、ってないです。マイクロプラスチックを廃止したメーカーでは「自然に分解される安全なマイクロビーズ」を開発して「スクラブ」自体は継続して売られていますが、もう要らんやん、スクラブ、ゴマージュ!

顔に刺激を与えないこと。

美肌への近道は「顔に何もしないこと」です。火傷に触るようなイメージで肌には「そっ」と触れてくださいね。火傷の肌にスクラブなんてありえませんよー。マッサージすること、コットン使用なども、火傷の肌には使いませんよね。そう「火傷」のイメージで肌に触りましょう。

 

【肌悩み】40代【シワ】

皆さま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【肌悩み】40代【シワ】

シワには3つの種類があります。

・表情シワ・・・ボトックスが適しています。

・静止シワ・・・ヒアルロン酸が適しています。

・ちりめんジワ・・・これならホームケアで対処できる!

表情シワと静止ジワについては、こちらのブログでもお伝えした通りです。

今日は、ちりめんじわについて対処法を考えていきましょう。

ちりめんジワとは

例えば「にーっ」と笑顔を作ったとき、ほうれい線の外側に細かい刻まれシワはできませんか?それが「ちりめんジワ」です。その他では、笑っていなくても目の下の皮膚に細かく入っているシワも「ちりめんジワ」です。それから「垂れ毛穴」もちりめんジワの仲間です。

ちりめんジワの原因は

肌に潤いが足らないために、肌が「ショワショワ状態」になっているのです。肌が傷んでいる、乾燥している証とも言えます。あるいは、日焼けでも肌は傷みます。傷んでいる肌を鏡で見るとツヤとハリをなくしている感じが見えると思います。

ちりめんジワ対策は

対策は3つ!

1.保湿をしっかりすること。

潤いのある肌には「ハリ」があります。この「ハリ」がなくなると、ほうれい線外側の細かな縦ジワ、「目の下のショワショワシワ」「垂れ毛穴」ができてしまいます。水分か油分か、どちらが向いているかと言うと「油分」です。化粧水などで水分を補うだけでは、水分は蒸発してしまいます。「セラミド」入りでかつ濃厚なテクスチャーの油分クリームなら、肌バリアを作ってくれるし、油分が水分の蒸発を止めてくれます。

2.ビタミンA入りのコスメを使うこと。

ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にしてくれるので、シワが減ります。実際、ビタミンA入りのコスメを使っていると下の写真のような(RITSUKOの目の下ですが・・・)小じわは減ります。

(自分のちりめんじわを無くしたくて開発)

 

3. 日焼け止めを必ず塗る

日焼け(特にUVA)を浴びると、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが破壊され、ちりめんジワができてしまいます。PA++++の日焼け止めを選びましょう。

 

「ショワショワシワ」をお持ちの方は、寝る前にもう1回、保湿クリームの塗り足しをおすすめします。もちろん日焼け止めを忘れずに。冬でも紫外線は降り注いでいます!

 

 

濃厚セラミド配合の他にも、ピュアフォスαで長期間保湿持続のクリームはこちら。

濃厚ビタミンAのクリームはこちら。(こちらはさらにビタミンAを増やして開発しているところです)

 

【Clubhouse】クラハで語る【りつこの部屋】

皆さん、こんにちは。RITSUKOです。

今回は告知です!

Clubhouse、朽木律子で検索してください♪

美容皮膚科医として質問を受けつけております。

曜日は決まっていないのですが、時間はだいたい12:00頃から13:00頃までです。

朽木律子でフォローしていただくと、自動的に通知が行くので便利です。

リスナーとして、質問者として、ご自由に参加ください!

 

【肌悩み】40代【たるみ】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【肌悩み】40代【たるみ】

 

まずは、何がたるみの原因なのかを把握することが大切です。

たるみの原因

皮膚がゆるみ、真ん中に集まってほうれい線、マリオネットラインを形作ります。

脂肪が下垂し、皮膚の緩みと同様、真ん中に集まってほうれい線、マリオネットラインがくっきり出るようになります。ブルドッグラインの原因も脂肪の下垂です。

筋膜(皮膚と脂肪のさらに奥にあるSMAS層)という土台が崩れ、その上にある脂肪、皮膚も一緒に垂れ下がってきます。

たるみをどうやって直す?

残念ながら、たるみをホームケアで完全に治すことはできません。しかし、正しいホームケアでたるみを促進させないようはできますよ。

間違ったたるみケア

マッサージを頑張っている・・・マッサージをしている、コロコロでフェイスラインをぐりぐりやっている。これらは全部まちがいなんです。皮膚を緩ませ、脂肪を下に向かってたるませるだけなんです。ついでに言うと、こすることで皮膚表面も傷みます。

また、たるみを治す化粧品はこの世に存在しないので「ほうれい線や眼の周りのたるみに」と謳っているコスメは嘘です。

正しいたるみケア

9月のブログで書いた「表情筋上向きトレーニング」のみ。

「表情筋上向きトレーニング」

こういうふうに、各筋肉の上向き、下向きを知ったうえで顔筋運動するのはいいことだと思います。でも、上向きにすればいいからと言って、上向きにマッサージしても意味はないですよ。筋トレなのであくまで顔の筋肉自身を動かしてください。

化粧の派手さは横において(ファン・ビンビン風でお願いしまーす、と冗談で言ったらこんな顔になってしまった・・・全然違うやーん・・・)、これが2ヶ月前の輪郭。

こちらは8年前の輪郭。

 

ファン・ビンビンもどき(最近)の方が、口周りが上がっているのが分かります。キュッとした感じ。これは正しい顔筋運動で筋肉を鍛えたおかげなんです。

クリニックでできるたるみ治療

HIFU・・・熱を与える機械治療。一番奥から引き上げてくれる。筋膜を上げれば、皮膚と脂肪も一緒に上がってくれる。痩せ顔の方はこちらがGOOD.

サーマクール・・・熱を与える機械治療。真皮から脂肪層に働きかける。脂肪の多い方、皮膚の緩んでいる方におすすめ。

脂肪溶解注射・・・ブルドック型になっている方、ほうれい線やマリオネットラインに脂肪が溜まっているかたは、この脂肪を溶かすと「シュッ」とした輪郭になります。複数回の注射が必要です。

糸治療・・・最近の糸治療はカジュアルです。顔が腫れることも大きな内出血をすることもなく・・・。糸治療受けてすぐ職場に戻られる方も!糸治療では、脂肪と表皮に働きかけます。まずは脂肪に糸のトゲをひっかけて正しい位置に戻します。糸の周囲にはコラーゲンが産生されるので皮膚もツヤツヤしてきます。

 

ホームケアをしてもたるみが気になる・・・、という方、ぜひクリニックへ!今は本当にいろんな種類の治療がありますよ♪