【腸活】腸内美容【美肌】

明けましておめでとうございます。RITSUKOです。

新年最初の話題は、、、

【腸活】腸内美容【美肌】

今流行っている「腸活」というワード。

実は、腸を整える=美肌作り、なんですよ。

腸活=美肌、とは。

腸内が整っていると、肌を弱酸性にコントロールしてくれます。

肌が弱酸性であることは、皮膚バリアがしっかりしている証拠。美肌にとっての「第一歩」です。

また、健康な腸ではビタミンB群が作られます。ビタミンB群は代謝に欠かせない栄養素です。

腸内環境が乱れると、ニキビ、湿疹、肌荒れにつながります。

腸活ってどうすればいいの?

腸内の善玉菌を増やすことです。

腸内には善玉菌、悪玉菌があります。その善玉菌を増やすことで腸内が整い、皮膚トラブルも減っていきます。

善玉菌↓↓↓

ビフィズス菌:アトピー性皮膚炎の人の腸内には少ないと言われています。免疫力を上げるためにも必要な善玉菌で、インフルエンザにかかりにくくなる、という報告もあります。ビタミンB群を作り、代謝を良くします。

乳酸菌:(フェーカリス菌、アシドフィルス菌、酵母菌など)ビフィズス菌をサポートし、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

悪玉菌↓↓↓

ウェルシュ菌:肉中心、野菜不足の生活を送っているとウェルシュ菌が増えてきます。また、ストレス、たばこ、睡眠不足でもウェルシュ菌は増えてしまいます。ウェルシュ菌は腸内タンパクを腐らせ、老化を促進させます。悪玉菌であるウェルシュ菌が多いと腸の動きが悪くなり、腸内有害物質が血液に吸収され、肌に届くと、肌荒れ、ニキビ、湿疹などを引き起こします。

悪玉菌が腸内に多いときは、おならや便の臭いが強くなります。また便秘にもなるので、気づきやすいです。

善玉菌を増やす食べ物

悪玉菌をやっつけ、美肌のための善玉菌を摂取しましょう。

善玉菌を含む食べ物は「発酵食品」です。

ヨーグルト、納豆、ぬか漬け、キムチ、味噌、チーズ。

これらには、乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌、麹菌といった善玉菌が多く含まれています。

「発酵食品」と一緒に摂取するとよい食品は「食物繊維を多く含むもの」です。例えば、野菜全般、海藻、きのこ、果物です。「食物繊維」は善玉菌が増えるのを助けてくれるので、ぜひ一緒に摂取しましょう。

「腸活」のやりかた

2週間ほど同じ菌をとり続けるとよい、と言われています。

なので、納豆派の方は2週間納豆を食べ続ける(ちょっとしんどいかな?)。一番簡単なのはヨーグルトでしょうか。ヨーグルトなら飲むタイプでもOKです。ヨーグルトの1日摂取量の目安は200gなので、量的にも苦しまずにラクラク腸活できるのではないでしょうか。そして同時に食物繊維も摂りましょう!

腸を整えて美肌へ!お正月で腸内環境は乱れがちに。

RITSUKOは、2週間ヨーグルト生活始めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)