【肌悩み】40代【まずはシミ】

みなさま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

【肌悩み】40代【まずはシミ】

40代肌悩みを各項目ごとに知恵を絞って回答します。

シミ、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワ。

実際、患者さんからもこの順番でのご相談が多いです。今日はお悩みナンバーワンの「シミ」について、です。

美容クリニックでしか対応できないシミもありますが、なるべくホームケアで戦えるよう、回答をご用意しました。

まずはシミの見分け方、対処策から見ていきましょう。(たるみ編など、続編書きます)

シミを見極める。

そばかす:幼少時に出現し、家族にもそばかすの人がいる場合が多いです。薄茶色で黄色っぽい、極小さな色素斑です。鼻を横断していることが多いです。色白さんでキメは細かく、乾燥肌になりやすいです。

 

 

肝斑:顔の両側にほぼ同じ形で現れます。肝斑は「はっきりここだ!」と分からず、周囲との境界が不明瞭です。「くりっ」としたシミではなく、うすぼんやりくすんで見えるのが肝斑の特徴。肝斑は、額の中央、フェイスライン、下まぶたに出来ることはほとんどありません。軽度な方は眼の周囲に三日月型で現れます。重度の方は額の外側、鼻下、頬上半分にできることもあります。軽症でも重症でも、下まぶたには絶対できないので(言い切った!)下まぶたと境界線があることを確かめてください。

 

 

 

日光性色素斑:「くりっ」とした形でできるシミです。大きさ、形はさまざま。

 

 

ADM:同じ大きさのつぶつぶした色素斑です。そばかす(黄色っぽい)とは違って、紫っぽい、黒っぽい色をしています。下まぶたにも現れます。

 

それぞれのシミの対処法

そばかすまず日光を徹底的に避けること。そして、薬局でハイチオールCを購入しましょう。ハイチオールCは6週間後から効果が出てくるので、途中であきらめないで飲み続けましょう!全部一発で消したいなら美容クリニックで「フォトフェイシャル」を照射するといいでしょう。フォトフェイシャルの後もハイチオールC内服を忘れずに。フォトフェイシャルを照射しても再発は多いです・・・。

 

肝斑:まずお手入れの見直しが一番です。コットン使用、パッティング、スクラブ、ゴマージュ、シートパック、マッサージ、コロコロ美顔ローラー、すべて肝斑(というかすべての女性)には厳禁です。肝斑が発症している皮膚は「ふわー」っと触ること。強いお手入れをすればするほど悪化します。そして薬局でトランシーノ(トラネキサム酸)を買いましょう。2ヶ月で効果が現れるので、止めずに飲み続けましょう(飲んだり飲まなかったり、とか、昼の分飲み忘れた、とかはダメですよ)。早く消したいのであれば、クリニックで、サリチル酸マクロゴールピーリングか、レーザートーニングを受けてもよいでしょう(レーザートーニングは最初こまめに受けなければいけないこと、値段が高いことが欠点です)。再発しやすいのでトランシーノを飲みましょう。

 

日光性色素斑:これはレーザー!レーザー照射して1週間後にはかさぶたが剥がれてピンクの肌が。レーザー照射したら徹底的に日光を避けること。レーザー照射部はやさしく扱うこと。照射ついでにハイドロキノンという美白の塗り薬を購入してもよいでしょう。照射部にハイドロキノンを塗ってあげてください。

 

ADM:これもレーザー一択!表皮のシミではなく、真皮に色素斑があるので、角質の上から何を塗っても効きません。表皮ではなく真皮を狙って、レーザー照射してもらいましょう。3〜6ヶ月おきに計3回程度照射します。再発はありません!

 

そして、上に書いたシミが複合して現れていることも。肝斑+ADMなど。肝斑+日光性色素斑など。そういう場合は、仕方が無い・・・美容クリニックで対処してもらいましょう。

 

今日は、シミの見極め方、対処法についてまとめました。クリニックでしかできない対処法も記載してすみません。だって、ADMに○シミン塗っても効かないもん・・・・。

 

次回からは、たるみ、乾燥、肌のハリ、シワについてまとめていきます。

 

化粧品ジプシーをやめよう

皆さま、こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

化粧品ジプシーをやめよう。

アイシャドウなどの色物ではなくて、基礎化粧品のお話です。

次々に化粧品を変えることを「化粧品ジプシー」と呼びます。

化粧品にはエンターテイメントの一面もあり、CMで見たり、雑誌で新製品の特集などを読んだりするとワクワクしますよね。新しい商品が出たらつい買っちゃったりするのも分かります。基礎化粧品で今の流行りは「ヒト幹細胞」系でしょうか。ついこの前は「EGF」、一昔前なら「カタツムリエキス配合」とか。「フラーレン」という成分も一時話題になりました。

スキンケアのジプシーを続けると・・・

今の肌の調子が良いなら、他の化粧品に乗り換える必要はありません。自分に「合っている」という化粧品に出会えたら、そのまま使い続けましょう。浮気はダメですよ。新製品が出ても我慢。自分に合っている化粧品がすでに判明しているのだから…。新しい化粧品に変える必要はありません。ジプシーを続けるとせっかく安定している肌を揺らがせてしまうことになります。

選ぶべき基礎化粧品とは・・・

「自分に合った保湿力」の、化粧水とクリームです。

いろんな機能はまず横に置いて、「保湿」に的を絞って選びましょう。

朝塗って、夜までカサつかないこと。夜塗って朝まで保湿できていることより、過酷な状況(メイクしたり、冷房、暖房、外気など)を耐え抜く保湿力が大事です。クリームが朝に少しべたつくようならティッシュオフしてOK。

そこへ、オプションとして、美白美容液やシワ改善クリームを足せばよいと考えます。(オプションジプシーならOKですね。オプションとは言え、肌荒れしないか慎重にチェックしてください。)

 

あくまで基本は「保湿」。いったん見つかった「保湿シリーズ」に飽きてはいけません。

 

自分に合う保湿力化粧品を探すときにストップしてほしいことがあります。それは、コットン使用、スクラブ、ゴマージュ、マッサージ(コロコロマッサージ棒も含む)、酵素洗顔(粉タイプの洗顔料)、シートパックなどです。これらをしていると、延々と保湿をしても肌力が無くなっていく一方なので、自分に合った保湿剤探しができなくなります。これも読んでみてください♪

大切なのは継続すること

保湿クリームは少しべたつくくらいがベストです。必ず、朝塗って夜まで乾燥しないものを選ぶこと。肌に合う化粧水、クリームが見つかったら使い続けましょう。継続した安定保湿が美肌の基本です。

 

→美肌道ベーシック、もっちりします♪

【アンダーカロリー】ダイエット【マイナスカロリー】

皆さん、こんにちは。RITSUKOです。

今日は、、、

【アンダーカロリー】ダイエット【マイナスカロリー】

なるべく簡単に痩せたいですよね。カロリー計算は面倒だし・・・。

そんなズボラな方へ向けてのダイエット講座です。(RITSUKOも含む)

アンダーカロリー、マイナスカロリー

というワードがあります。このブログでは「マイナスカロリー」に統一しますね。

摂取カロリー<消費カロリーをマイナスカロリーと呼びます。食べた分、逆にカロリーが減っていくという食材です。なんとありがたい!

セロリと冷水

なんとこの二つは、マイナスカロリーの王様。

セロリ

セロリは消化するのに時間がかかるため、消費カロリーは摂取カロリーの10倍と言われています。例えば摂取カロリーが10Kcalなら消費カロリーは100Kcal。食べれば食べるほど痩せるということになります。一日の摂取目安は1〜2本です。

またセロリにはビタミンC、ビタミンE、食物繊維が豊富に含有されているので、美容にもありがたい野菜です。

冷水

冷水にはほぼカロリーはありません。

冷水を飲むと、体内が適度に冷やされます。内臓は冷えた温度を元に戻そうとします。その過程で基礎代謝が上がり、エネルギーをたくさん消費してくれます。夏にはぜひ冷水を。

ただし、真冬などは常温のお水でOKです。冷た過ぎると内臓に負担をかけすぎて、基礎代謝が逆に低下してしまいます。

食事でカロリー消費させる

炭水化物、脂質、タンパク質の消費率は以下のようになっています。

炭水化物:6%

脂質:4%

タンパク質 : 30%

タンパク質は一番消費されやすく、身体に残りづらいのでダイエットに向いています。

なので、おやつには「あんパン」よりも「唐揚げ」の方が太りにくいということになります。

筋肉をつけよう

筋肉がきちんとあれば、それだけで代謝が上がるので、筋肉を鍛えてあげましょう。(面倒くさがらず・・・面倒くさいけど・・・)

極端はダメ

ここまで読んで、「セロリ+冷水」だけ摂取して痩せようと考えた方はおられませんよね。何事も極端はダメですよ。

 

健康なダイエットは1ヶ月1〜2kgが目安です。

 

【腸活】腸内美容【美肌】

明けましておめでとうございます。RITSUKOです。

新年最初の話題は、、、

【腸活】腸内美容【美肌】

今流行っている「腸活」というワード。

実は、腸を整える=美肌作り、なんですよ。

腸活=美肌、とは。

腸内が整っていると、肌を弱酸性にコントロールしてくれます。

肌が弱酸性であることは、皮膚バリアがしっかりしている証拠。美肌にとっての「第一歩」です。

また、健康な腸ではビタミンB群が作られます。ビタミンB群は代謝に欠かせない栄養素です。

腸内環境が乱れると、ニキビ、湿疹、肌荒れにつながります。

腸活ってどうすればいいの?

腸内の善玉菌を増やすことです。

腸内には善玉菌、悪玉菌があります。その善玉菌を増やすことで腸内が整い、皮膚トラブルも減っていきます。

善玉菌↓↓↓

ビフィズス菌:アトピー性皮膚炎の人の腸内には少ないと言われています。免疫力を上げるためにも必要な善玉菌で、インフルエンザにかかりにくくなる、という報告もあります。ビタミンB群を作り、代謝を良くします。

乳酸菌:(フェーカリス菌、アシドフィルス菌、酵母菌など)ビフィズス菌をサポートし、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

悪玉菌↓↓↓

ウェルシュ菌:肉中心、野菜不足の生活を送っているとウェルシュ菌が増えてきます。また、ストレス、たばこ、睡眠不足でもウェルシュ菌は増えてしまいます。ウェルシュ菌は腸内タンパクを腐らせ、老化を促進させます。悪玉菌であるウェルシュ菌が多いと腸の動きが悪くなり、腸内有害物質が血液に吸収され、肌に届くと、肌荒れ、ニキビ、湿疹などを引き起こします。

悪玉菌が腸内に多いときは、おならや便の臭いが強くなります。また便秘にもなるので、気づきやすいです。

善玉菌を増やす食べ物

悪玉菌をやっつけ、美肌のための善玉菌を摂取しましょう。

善玉菌を含む食べ物は「発酵食品」です。

ヨーグルト、納豆、ぬか漬け、キムチ、味噌、チーズ。

これらには、乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌、麹菌といった善玉菌が多く含まれています。

「発酵食品」と一緒に摂取するとよい食品は「食物繊維を多く含むもの」です。例えば、野菜全般、海藻、きのこ、果物です。「食物繊維」は善玉菌が増えるのを助けてくれるので、ぜひ一緒に摂取しましょう。

「腸活」のやりかた

2週間ほど同じ菌をとり続けるとよい、と言われています。

なので、納豆派の方は2週間納豆を食べ続ける(ちょっとしんどいかな?)。一番簡単なのはヨーグルトでしょうか。ヨーグルトなら飲むタイプでもOKです。ヨーグルトの1日摂取量の目安は200gなので、量的にも苦しまずにラクラク腸活できるのではないでしょうか。そして同時に食物繊維も摂りましょう!

腸を整えて美肌へ!お正月で腸内環境は乱れがちに。

RITSUKOは、2週間ヨーグルト生活始めます!