ほくろ除去のあれこれ・・・

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

ほくろ除去のあれこれ、です。

顔にはほくろがないほうがすっきりして見えます。

もちろん、ほくろがキュートだったり、ほくろタトゥーもあるほどなので、除去するかどうかはご自身の決定にお任せすることになります。

気軽にとっていいほくろ

ほくろ除去の患者さんでは「ガンになったりしませんか?」「悪いほくろじゃないでしょうか」という質問をよく受けます。

最も多いのですが「幼少時からあるほくろ」です。

こちらは悪性の可能性はほぼないので、もし取ってお顔がすっきりするのであれば除去をおすすめします。

要注意の、ほくろっぽい悪性腫瘍

要注意のほくろは保険治療の形成外科での診断をおすすめします。ほくろに見える悪性腫瘍(ほくろが悪性腫瘍になることはありません。似て見えますが、まったくの別物です)

要注意の悪性腫瘍(メラノーマ)は以下のとおりです。

まず、ABCDEでチェックできます。

A Asymmetry (非対称)いびつな形

B Border (境界不明瞭) ぼやけた輪郭

C color (色が不均一) 色の濃淡がある

D Diameter (直径が大きい) 6mm以上

E Evolving (拡大している) 変化が速い

signs of malignant melanomas and moles. skin cancer. Illustartion

また、タオルで拭いただけで出血する、などもチェックしてださい。上記の様な場合、形成外科の病院に行かれることをおすすめします。

どこでほくろ除去できるの?

悪性腫瘍でないことをチェックしてから、ほくろを取るには二つの選択肢があります。

美容外科(美容皮膚科)

形成外科(保険治療)

(エステで焼く←絶対止めてください!)

では、それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

美容外科でほくろを取る

美容皮膚科では6mm以下のほくろを取るには主に「焼灼(焼き取る)」という方法をとります。

ほくろのサイズと同じ、赤茶色の、丸いちょっとした凹みができます。「掘って取る」イメージです。1ヶ月で色味はなじみ、凹みは3ヶ月、遅くて6ヶ月でなくなります。

また、ほくろの色を見てください。色が黄色っぽい茶色なら、ほくろは比較的浅い位置にあるので、1回で取り切れます。色味が黒っぽければ、ほくろは深い位置にも存在しているので、無理に掘りすぎず(凹みが残ることがあるので)途中で撤退します。2回に分けて、3ヶ月後に再度掘ります。

値段はクリニックによって違いますが1個1万円前後です。

形成外科で取る(保険治療)

まず、ほくろの種類や悪性腫瘍でないか調べたいときは形成外科へ行きましょう。ほくろの一部を病理で検査して、悪性・良性、あるいはほくろの種類を調べてもらえます。その場合、焼き取ることはせずに、メスかパンチ(穴を開ける道具)でほくろを切り取ります。そして縫って仕上げます。

また、形成外科では悪性腫瘍の疑いがなくても、「まぶたにあって視界のさまたげになる」「ひげを剃るとき邪魔になる」「服に引っかかる」という理由でも除去してもらうことができます。

値段は5000〜6000円程度です。

ほくろの取り方

美容外科(美容皮膚科)では、CO2レーザーで掘ってとります。熱で焼きながら堀り取るイメージです。

形成外科で切除するときは、紡錘形に切り取り縫うので、傷は目立ちにくいですが、ほくろより大きめの線になります。大体1.5倍くらい。

もちろん、美容外科(美容皮膚科)でも、場合によって切除するときはあります。

 

そうそう、唇のほくろは、掘らずにレーザーで取れますよ!RITSUKOも唇のほくろ、3個くらいあったのを全部取りました!

ほくろを取っちゃうと美人度がアップするので、RITSUKOは取っちゃうのをおすすめします。

国際化粧品展が終わってしばらく経ちますが、SABORUベーシックシリーズで海外向けの商談が進んでいます。クラシックシリーズは高すぎるそうです(涙)。ベーシックシリーズは、1日目に買って行かれた方が、翌日も来られてさらに買い足して行かれました!

 

【ボトックス】シワ改善【ヒアルロン酸】

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、、

【ボトックス】シワ改善【ヒアルロン酸】

30才を超えると、今まで気づかなかったシワやたるみが鏡に映ってきちゃいます。放っておくとどんどんそのシワは増え、深くなる一方なので、ヒアルロン酸かボトックスをおすすめします。ボトックスとヒアルロン酸、どちらもシワ対策で使うお薬なのですが、それぞれの違いを知っていただきたい思います。

 

シワの種類を知ろう

無表情で鏡を見てください。そのときに映っているシワを「静止時のシワ」といい、ヒアルロン酸が向いているシワです。例えば、ほうれい線、マリオネットライン(口横から下に向かって伸びるシワ)ゴルゴライン(頬を斜めに横切るシワ)、目頭から斜めに伸びるシワ、などがあります。

次に鏡の前で、いろんな表情を作ってみましょう。そのときに映っているシワを「動作シワ」と呼びます。鏡に映るときって、いつも「シュッ」として映るじゃないですか。お化粧するときって、顔を動かさずに鏡を見ますものね。

表情としてチェックしていただきたいのは、「眉を上げる」→額にしわができていませんか?「眉をしかめる」→眉間にしわが寄りませんか?「片方ずつウィンクしてみる」→目尻にシワはできませんか?「下唇だけ上に上げてみる」→顎が梅干しになりませんか?

この「表情チェック」でシワができていれば、そろそろ「ボトックス」か「ヒアルロン酸」の開始時かもしれません。

ボトックスとヒアルロン酸の違いは?

ボトックスは打ったところの筋肉を動かないようにする薬剤です。「動作シワ」に対して注射します。注射を打ったところは「ピーン」と張ったお肌になります。注射してから3〜4日で効き始め、持続期間は3〜4ヶ月。定期的に続ける治療です。ボトックスは「1カ所いくら」で値段がつけられています。例えば「眉間3万円」など。

ヒアルロン酸は「静止時シワ」を「埋める」治療です。凹んだところを下から持ち上げて、シワを「埋め」ます。直後に効果は分かります。ヒアルロン酸の持続期間は製剤によって様々です。3〜6ヶ月持続のものもあれば、1〜1.5年持続するものもあります。持続期間が長いほど値段も高くなります。ヒアルロン酸は「1本いくら」で値段が付けられています。例えば「1本8万円」など。「ほうれい線のヒアルロン酸」と言っても、人によって深さ、長さが違うので、1本で済む方、2本必要な方と違ってきます。ボトックスと比べて、クリニックで診てもらわないと値段が読めないです。

シワ治療、実際どう注射するの?

ボトックスの場合

ボトックスは、チクチクと刺していき少量ずつ注入していきます。目尻で片側3〜5カ所くらいです。額で6〜10カ所くらいです。

ヒアルロン酸の場合

ヒアルロン酸は、シワの上をチクチクと刺していく場合と、1点だけ穴を開け、そこから先の丸い針(カニューレと言います)を使って注入していく場合があります。

ボトックスはチクチク刺していくので「鋭針」を使いますが、ヒアルロン酸の場合、カニューレを使うことが多いです。なるべく内出血を起こしたくないのと、動脈にブッ刺すリスクが少ないからです。ヒアルロン酸を動脈にブッ刺して動脈内に注入すると治りにくい弊害が起こるんです。(打った場所によっては、失明、皮膚の壊死など)それを避けるためにもカニューレを使えば安心です♪

ボトックス、ヒアルロン酸の失敗って?

両方とも「針を刺す」治療であるため、内出血は起こりえます。内出血は「失敗」には入りません。偶然起こるものなので、そこはご了承ください。

ボトックスの場合

「効いていない」場合は、足して打ってもらうことになります。料金が発生するかどうかはクリニック次第です。「効き過ぎた(特に額)」場合は、待つしかありません。ボトックスの効果は3〜4ヶ月なので、1ヶ月半経てば違和感は薄くなると思います。額のボトックスで失敗が起こってしまうと、眉が下がって顔つきが変わってしまいます。

ヒアルロン酸の場合

目の下にヒアルロン酸を打つと、2〜3日浮腫むことがありますが、これは待っていただくとおさまります。顎のヒアルロン酸は「ずんずん」傷む感覚が3〜6日あるかも知れませんが、これもおさまります。明らかに「入れすぎ」「膨らみすぎ」の場合は「ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解注射)」で溶かすことができます。溶かす場合には、料金が発生するときと発生しない場合があります。それと、さきほども書いた「動脈塞栓(動脈内にヒアルロン酸を注入してしまうこと)」です。これは術者の技術やカニューレ使用で避けることが出来ます。

 

生RITSUKOがいろいろ話しているよ!

 

怖い!と思わずに1歩踏み出していただければ、と思います。キレイになるのは、「自信」「元気」「笑顔」になるためです♪

 

お肌の方はこちらにお任せください。老け肌にしない超濃厚化粧品です。限界ギリギリの濃度を実現!

 

 

秋の肌荒れと花粉症

みなさん、こんにちは。RITSUKOです。

私は秋に肌荒れがひどく;;;

顔中の皮膚がヘロヘロした薄い皮むけができてしまいます。

今日は、、、、

秋の肌荒れと花粉症

についてです。

秋の肌荒れ、それは花粉症かも。

花粉症は春のスギ花粉の他に、秋のブタクサ、イネでも起こります。夏まで調子よかったお肌が、この時期になってカサカサ、チリチリ痒い方は花粉症のせいかも。

花粉が体内に入り、一定量を超えると身体の免疫が過剰に反応するんです。その時にヒスタミンという化学物質が出るのですが、このヒスタミンが目や鼻、皮膚にさまざまな症状を起こすのです。なのでアレルギーを軽くする薬には「抗ヒスタミン薬」って書いてあるんです。

秋の花粉症、、、肌荒れだけなのに?

目や鼻にはまったく症状を起こさずに、皮膚にだけ症状を起こす「花粉皮膚炎」という症状が20年ほど前に報告されています。症状としては、

乾燥が激しくなる。

頬にブツブツができる。

まぶた、目回りが赤くなる。

顔全体がチリチリと痒い。

健康な皮膚は角質によって守られているのですが、乾燥による肌バリアの低下があると角質のすきまから花粉が入り、アレルギーが起こりやすくなります。なので特にアトピーさんや乾燥肌さんは、秋に入って、上のような症状が出ていないかチェックしてみてください。

秋の肌荒れ、花粉皮膚炎を治すには

アレルギーの薬を内服する。症状がひどければ皮膚科へ。ホームケアとしては、、、

肌のバリア機能を高める。

角質を大切にすることが重要です。カサカサを除去しようとして、スクラブなどをしてはいけません!避けるべきホームケアは、

スクラブ

ゴマージュ

ホームピーリング

コットンの使用

(シートパック)

すべて角質を傷つけてしまうケアなんです。シートパックは角質を傷つけませんが、水分を奪うことが多いのでおすすめしません。

とにかく保湿して乾燥を止めてしまいましょう。肌のバリア機能を高めるには、角質をガッチリと結びつけてくれるセラミドや、ペリセア入りの化粧水やクリームがおすすめです。角質と角質のすきまを閉じることで異物の侵入をさけることができるのです。

また、炎症を抑えてくれる、グリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸ステアリルを含んだ化粧品もおすすめです。

秋の肌荒れの原因を避ける。

ブタクサ、イネに近寄らないことです。

ブタクサ↓↓↓

イネ↓↓↓

公園、道路、河川敷にはブタクサ、イネが多く生えています。スギ花粉にくらべると、背丈が低い植物なので広範囲には飛散しにくいので、それらの場所を避けるだけでじゅうぶんです。

 

ペリセア入りの化粧水セラミド、ピュアフォスα (角質と角質を強力にくっつけます)のクリームはこちら。RITSUKO自身、花粉皮膚炎の時期に開発した商品です。その花粉皮膚炎が止まるのを確かめるのに2年を費やしました・・・。エッセンシャルクリームは、花粉、PM2.5を弾いてくれるクリームです♪