髪にも皮膚にもいいペリセアとは?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は、、、

髪にも皮膚にもいいペリセアとは?

です。

ペリセアは植物由来の保湿剤です。

天然の脂肪酸とアミノ酸でできています。保湿効果が高く、角質同士をくっつけてくれます。ん?似たような成分があるぞ・・・。そう、セラミドです!ペリセアはセラミドよりも早く角質同士をくっつけてくれます。簡単に効果をまとめると「素早いセラミド」です。

「髪にペリセア」はすでに知られてきていますが、「皮膚にペリセア」はまだまだ知られていない様子。今回は皮膚にどのように働くのかをお伝えしたいと思います。

ペリセアは皮膚にどう働くの?

角質をひとつのレンガとします。ペリセアは、そのレンガを積み上げていくときのセメントのような働きします。角質同士がくっつくことで強力なバリアを形成します。セラミドと同様の働きと言えます。

ペリセアとセラミド、どう違うの?

ペリセアはセラミドよりも吸着が早い

1分で浸透を終え、皮膚にしっかり吸着します。

ペリセアは「両親媒性」、セラミドは難溶性。

ペリセアは水にも油にも溶けやすく、化粧水、クリームなどいろんな製品に配合することが可能です。セラミドは水にも油にも溶けにくく、製品を作るのが難しい材料です。工場さん泣かせ・・・の成分なんです。なので、セラミドのような働きをする新しい成分が次々開発されていくんですね。

ペリセアは「皮膚浅層」に効く。

セラミドはペリセアよりも奥深くまで届くと言われています。両方を配合することで「浅層」「深層」どちらにも効かせることができるんです。

ペリセア配合の化粧水を髪に使ってもOK?

ペリセアは髪にも皮膚にも両方使えます。

実は髪と角質って似てるんです。どちらも「死んだ細胞」なんですね。死んだ細胞なので、外側からケアしてあげないと、どんどん荒れていくわけです。シャンプーにペリセアが含まれていると、洗浄しながらペリセアはぐんぐん毛髪内部に入り込んで行きます。髪の毛は外から、キューティクル、コルテックス、メデュラ、で並んでいますが、一番奥の「メデュラ」まで1分で浸透完了します。

ペリセア配合のシャンプーがなくても、化粧品で簡単に代用できます。ぜひ、美肌道のペリセア化粧水をシャンプーに混ぜてみてください。あるいは、タオルドライした髪に、ペリセア化粧水をなじませドライヤーで乾かしてください。ツヤ・コシのある髪になります。クリニックスタッフもお気に入りのヘアケアです。

ペリセア、素晴らしい成分なのでぜひ覚えておいてくださいっ。

 

→ペリセアも濃度が大事。濃いペリセア化粧水はこちら。美肌道は最高濃度に挑戦するドクターズコスメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)