ヒアルロン酸の刺すパックってどうなの?

こんにちは。RITSUKOです。

今日の話題は・・・。

貼って、ヒアルロン酸の針を刺すパックです。

ニードル系スキンケア、刺すヒアルロン酸とも言われています。テープにチクチクした針状のヒアルロン酸が付いていて、上から押し込んで刺す。一般的には皮膚の内側には入らないヒアルロン酸を、針状にして皮膚内部へむりやり押し込む、というもの。私、今日は辛口じゃないでーす。なぜなら私も開発したこがあるのです。まぁ、開発の話は置いておいて・・・。

貼って刺す、ヒアルロン酸針パックに副作用はないの?

副作用は、ヒアルロン酸の針よりもテープの方で起こると思います。敏感肌さんでは、テープかぶれのようなものが起こるリスクがあります。一晩貼り付けてください、というサイトもありますが、それは長時間過ぎます。押し込んだヒアルロン酸は10~15分で肌に溶けてなじむので15分で剥がしましょう。それ以上やっても効果は上がりません。

ヒアルロン酸針パックの効果は?効くの?

効きます。ただし場所によります。

貼るヒアルロン酸の効く場所って?

👆眼の周りのちりめんじわ。

以上です。眼の周りの皮膚は薄く、刺すヒアルロン酸が充分に行き渡る場所です。それもちりめんじわだけに効きます。シュワシュワした皮膚には効果があり、ピン!と貼った皮膚になれますよ。目尻のカラスの足跡のようなシワは表情じわなので、肌を潤しても効果はありません。目尻のシワに効くのはボトックスです。目の下のたるみに効く、なんて嘘すぎて泣きそう。目の下のたるみなんてオペ推奨レベルですよ・・・。

その他の場所にはあまり効果がないと思ってもいいでしょう。

「眉間に貼れ」というのはひどい嘘です。眉間は表情じわなので皮膚を潤しても表情シワは消えません。眉間のしわにはボトックスですね。

「ほうれい線に貼れ」もひどい嘘です。ほうれい線は頬上部からのたるみが押し寄せてできるシワなので、たるみを取らないといけません。こんな微細なヒアルロン酸で皮膚を潤してもたるみは取れません。ほうれい線のシワにはヒアルロン酸注射か糸で引き上げる治療です。(←やっぱり辛口やん・・・)

 

RITSUKOは嘘がダメなんですよ・・。効く化粧品も効かないように使われちゃったらもったいなくない?

美容皮膚科がまだ怖い、ボトックスやヒアルロン酸注射なんて怖い、という方につけ込むなんて、ダメ‼️絶対‼️

美容皮膚科に来てください。相談だけでもいいですから。

 

私は、12年前、滋賀県の研究所と「刺す美白美容液」というのを開発していました。ヒアルロン酸の針にビタミンC(APPS)を混ぜこんで、皮膚の内側にヒアルロン酸+美白美容液をダイレクトに押し込むというもの。テープタイプではなく、針でさしたあと、パキッと針を折るようにして取り外す方式でした。効果は高かったのですが、そこで開発が止まってしまったんです。

 

 

RITSUKOは化粧品開発では10年先を行ってると思います。オイル美容も15年前から提唱してましたからねっ😤😤

みなさん、RITSUKOについてきてくださいね。決して悪いようにはいたしません。

 

 

→目周りのちりめんじわにはリュクスクリームを。高額なので目回りだけに使っていただくのもいいと思います。毎日朝晩使えるし、最終的には貼るヒアルロン酸より安くつきます♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)