オーガニックコスメ

こんにちは、RITSUKOです。

今日のお題、、、

オーガニックコスメとは?

一般的な認識としては「天然(植物)エキスをたっぷり配合」、あるいは「植物成分だけで作られたコスメ」と言ったところかしら。なんと70種類の植物エキス配合の化粧品も見つけました。😵😵

 

植物エキスのコスメ=エタノールたっぷり。

前回のブログでも挙げた「エタノール」です。植物エキスを抽出するとき、エタノールを使用します。植物エキスには必ずと言っていいほど、エタノールが入っています。70種類の植物エキスが入っているということは、、、え、え、エタノールの量も、、。この抽出用のエタノールは全成分に書かなくていいことになっているので、消費者にはバレない・・・。「多量の植物エキス配合」には要注意です。😤

オーガニックコスメは効くの?

うーん、、、、。

70種類植物エキス配合なら、一種類ずつの配合は微量になってしまうので効かないでしょう。

それなら、単品型「アルガンオイル」「スクワラン」等の方が効くと思います。アルガンオイルにはビタミンEたっぷりですし、スクワランにはヴィークル効果と言って、他の成分を巻き込んで肌の奥まで届けてくれる働きがあります。

オーガニックコスメは安全なの?

ラベンダーでは接触皮膚炎を起こすことがある、という論文もありますし、漆かぶれ(まさかコスメには入れないでしょうけど・・)もありますから、植物エキスが安全であるとは言い切れません。人によって合う合わないはあります。

ケミカルコスメ(一般的なコスメ)とオーガニックと、どっちがいいの?

ビタミンCをたっぷり入れたいなら、ビタミンC豊富な植物エキスを使わず、ビタミンCを直接ぶっ込んだ方が効果は高いでしょう。植物エキスは、産地や収穫年度による成分差がもあるので、ケミカル成分の方が安定して配合ができると思います。どっちがいいとか言わず、いい成分は混ぜましょうよーーー。

植物エキス+ケミカル成分の工夫

特殊な効果を持つ植物エキス(ボラージオイルもそうですね。ヨーロッパではアトピーの治療にも使っています)は使えばいいですし、そこにケミカルなビタミンEを配合するなど、「オーガニック+ケミカル」のダブル効果が高くなると考えます。

 

オーガニックコスメ、って聞こえがいいですもんね。ケミカル‼️頑張れ‼️

 

 

→アトピーにも効くオイルもボラージオイル(植物由来)+ムコール油(ケミカル)のダブル処方です。